85件中 71 - 80件表示
  • アレクサンドル・ソルジェニーツィン

    アレクサンドル・ソルジェニーツィンから見たル・モンドルモンド

    1973年3月、ロシア正教会のピーメン総主教に公開状を送り、無神論者に支配された正教会の体質を批判した。8月中旬には「ル・モンド」紙、「AP通信」記者との会見で「私が急死したと聞いたら、国家保安委員会の仕業だ」と衝撃的な発言を行う。アレクサンドル・ソルジェニーツィン フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄分割民営化

    国鉄分割民営化から見たル・モンドルモンド

    日本国外では、ル・モンド紙が人活センターを問題にしたことがある。ただ、日本の国鉄民営化に関しては「成功」と認識している場合が多いといわれている。特にヨーロッパ諸国では、日本同様、国有鉄道の運営の抜本的改革が必要とされていたが、1988年のスウェーデンを皮切りに、日本の事例も参考にしながら、ドイツやオランダ、イギリスなどの国が、鉄道民営化を果たしている。また、フランスのように国有のままで残っている鉄道事業者についても、民間の経営手法を取り入れるなどの変化が見られる。国鉄分割民営化 フレッシュアイペディアより)

  • 市川海老蔵 (11代目)

    市川海老蔵 (11代目)から見たルモンドルモンド

    2004年10月 フランス・パリのシャイヨー宮劇場で「市川新之助十一代目市川海老蔵襲名披露フランス公演」。同国政財界のトップも観劇し、『ルモンド』紙が一面全面を使って「17世紀末以来の日本の伝統的演劇の中で名をとどろかせてきた一族の出身」「26歳のスター」「若く美男で特に『必殺の視線』を持っている」となどと報じ、現地でも大きな話題を呼ぶ。市川海老蔵 (11代目) フレッシュアイペディアより)

  • 柳美里

    柳美里から見たル・モンドルモンド

    1997年、『家族シネマ』で第116回芥川龍之介賞を受賞。在日韓国人による芥川賞受賞は、韓国メディアを賑わせた。後に柳が帰国した際、空港には数百人の韓国人が出迎えた。この年2月に『家族シネマ』と『水辺のゆりかご』の出版を記念し、東京と横浜の4書店でサイン会が行われる予定だったが、「独立義勇軍」「新右翼」を名乗る男性から「サイン会を中止しろ。もし中止しなければ客に危害を加える」との脅迫電話が書店にかかり、二度目の電話で「爆弾を仕掛ける」とエスカレートしたため、出版社、書店、所轄の警察署が協議して急遽中止の決定がなされる。その後、記者会見を開き、版元である講談社と角川書店の話し合いの結果、次善の策として中止から4ヵ月後の6月11日に日本出版クラブ会館にて厳戒態勢の下、サイン会を開く。これは日韓両国の新聞テレビで扱われたほか、『ル・モンド』『ニューヨーク・タイムズ』『BBCワールド』などでも表現の自由が侵害されていると報じられている。またこの問題は新しい歴史教科書をつくる会の小林よしのり(ただし最初に騒動にふれた時は柳に同情的だった)、西尾幹二、藤岡信勝らとの論争に発展した。柳美里 フレッシュアイペディアより)

  • ヤンスク・カヒッゼ

    ヤンスク・カヒッゼから見たル・モンドルモンド

    トビリシに生まれ、合唱指揮者を目指しトビリシ音楽院に入学するが、その後オーケストラの指揮者に志望を変更。モスクワでマルケヴィチの指導を受ける。1957年に声楽アンサンブル「Shvidkaca」を創設し、第6回モスクワ世界青年音楽祭とブリュッセルの国際コンクールに優勝、グルジア国立合唱団の音楽監督となる。1962年にはトビリシ国立歌劇場の指揮者に就任。1973年からトビリシ交響楽団の芸術監督を長くつとめ、また1998年からトビリシ国立歌劇場の芸術監督、首席指揮者を兼任した。1990年にはフランスに進出し、パリ管弦楽団を指揮したベルリオーズの「ファウストの劫罰」は高い評価を受ける。その後もイギリスでロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、アメリカでボストン交響楽団、ワシントン・ナショナル交響楽団を指揮するなど、各国で成功を収めた。1986年にレニングラード・フィルハーモニー交響楽団と来日している。晩年にはシュトゥットガルト放送交響楽団にもリムスキー=コルサコフで客演している。2002年に喉頭がんで逝去。息子のヴァクタン(ヴァフタング)・カヒッゼも指揮者である。グルジアを代表する指揮者であり、1965年にはソ連人民芸術家の称号を受ける。フランスのル・モンド紙は「スラヴのカラヤン」と評した。同郷のギヤ・カンチェリとの親交が深く、七つの交響曲すべてを録音し、数多くの初演を任されている。ヤンスク・カヒッゼ フレッシュアイペディアより)

  • ヌーヴェルヴァーグ

    ヌーヴェルヴァーグから見たルモンドルモンド

    しかし実際には、ヌーヴォー・ロマンという運動自体があったわけではなく、その呼称すら1957年5月22日『ルモンド』での論評に初めて現れたものであり、『レクスプレス』誌の引用で『シネマ58』1957年2月号に現れた「ヌーヴェルヴァーグ」という呼称の方が早い。『勝手にしやがれ』に代表されるアンチクライマックス的説話論自体は、文学の影響というよりも、むしろバザンが熱烈に擁護した『無防備都市』(1945年)や『ドイツ零年』(1948年)のロッセリーニや、『カイエ』の若者たちを魅了した『拳銃魔』(1950年)のジョセフ・H・リュイス、『夜の人々』(1949) のニコラス・レイ、『暗黒街の弾痕』のフリッツ・ラングらのアメリカの低予算Bムービーのほうにダイレクトな影響関係がある。文学ではトリュフォーは『大人は判ってくれない』にあるようにむしろバルザック、アストリュックは『女の一生』つまりはモーパッサンが原作、と非常に古風である。哲学や文学領域の新傾向とヌーヴェルヴァーグとは、一方的な影響関係にあるというよりも、異分野で同時多発的に起きたものであり、だからこそ、デュラスらは彼ら映画人と対等に共同戦線を張ったのである。ヌーヴェルヴァーグ フレッシュアイペディアより)

  • カイエ・デュ・シネマ

    カイエ・デュ・シネマから見たル・モンドルモンド

    現在は、ジャン=ミシェル・フロドンをディレクターとして、エマニュエル・ビュルドーが編集長を務める。ローラン・ラボリウェブ編集長による同誌公式サイトでは、日本語を含む各国語で記事の翻訳紹介も行っている。2003年(平成15年)、ル・モンド傘下となるが、2009年(平成21年)、英国のファイドン・プレス(:en:Phaidon Press)に売却された。カイエ・デュ・シネマ フレッシュアイペディアより)

  • ガーディアン

    ガーディアンから見たルモンドルモンド

    タイムズとインデペンデントがタブロイドサイズで発行したが、2005年9月12日からガーディアンもベルリンまたはミディと呼ばれるサイズに紙面を変更した。このサイズはタブロイド紙よりやや大きいサイズ (470×315 mm)で、ルモンドなどヨーロッパの多くの新聞が採用している。ガーディアン フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・オランド

    フランソワ・オランドから見たル・モンドルモンド

    2007年、事実上の妻であるセゴレーヌ・ロワイヤルが大統領選に敗北してまもなくフランス高級紙「ル・モンド」の記者2人による著作「運命の女」が出版された。これは、それまでオシドリ夫婦と見られたオランドとロワイヤルが10年以上前から「仮面夫婦」の状態であることを暴露したものである。同書の中には1995年にロワイヤルが大統領選出馬を考えていたが、オランドが反対したことや、オランドの浮気などの様々な面で対立や軋轢が両者の間にあったことを、綿密な調査のもと書いている。オランドとロワイヤルはこの本の内容を否定したが、フランス国内では15万部が売れるベストセラーになった。フランソワ・オランド フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・シアド・バーレ

    モハメド・シアド・バーレから見たルモンドルモンド

    La Somalie, cinquante ans de violences et de guerre - ルモンドモハメド・シアド・バーレ フレッシュアイペディアより)

85件中 71 - 80件表示