132件中 71 - 80件表示
  • 隅田川浪五郎

    隅田川浪五郎から見たル・モンドル・モンド

    紙で作った蝶を扇子で仰ぎ、自由に舞い遊ばせる奇術「胡蝶の舞」を得意としていた。1867年1月9日、サンフランシスコのアカデミー・オブ・ミュージックにて「Butterfly Trick(胡蝶の舞のこと)」を演じたことが記録に残っている。また、ル・モンド紙の1867年11月23日号にイラスト入りで紹介されるなど、パリでも賞賛された。隅田川浪五郎 フレッシュアイペディアより)

  • せんだいメディアテーク

    せんだいメディアテークから見たル・モンドル・モンド

    なお、smtは建築物としても評価が高い。伊東豊雄の代表作となっているこの建築は、6枚の床(プレート)と、揺れる海草のような形状の13本のチューブと呼ばれる鉄骨独立シャフトのみの単純な構造によって、地下2階、地上7階の空間のすべてが作られている。これは、「柱」によって建てられる旧来の日本家屋と建築思想が同じであるが、梁はない。工事は三次元曲面の加工技術を持つ気仙沼市の高橋工業が担当した。また、全面がガラス張りであり、支柱のスケルトン構造が外から直接見ることができ、一方、中からもケヤキ並木の定禅寺通を見渡せ、中と外との一体感がある。このような構造とデザインの優秀さのため、建築関係者をはじめとして、世界各国からカメラ片手に訪れる人を建物周辺で見ることが出来る。フランスのル・モンド紙において「伊東豊雄のsmtで有名な仙台」と記述された例もあり、海外ではsmtが仙台の顔の1つともなっている。せんだいメディアテーク フレッシュアイペディアより)

  • 13区 (パリ)

    13区 (パリ)から見たル・モンドル・モンド

    14区内の中心ダンフェール=ロシュロー広場界隈から伸びるサン=ジャック大通りと接続し、13区内の中心イタリー広場とを東西に繋ぐ通り。ル・モンド本社屋が通り沿いにある。名称はルイ・オーギュスト・ブランキから。13区 (パリ) フレッシュアイペディアより)

  • ジュリエッタ (映画)

    ジュリエッタ (映画)から見たル・モンドル・モンド

    第69回カンヌ国際映画祭では熱烈な反応を受け、フランスの批評家からも極めて肯定的な批評がなされた。『ル・モンド』紙は「とても純粋な悲しみを持つ美しい映画」とした。『』紙は罪悪感という主題を歓迎し、本作を「美しく、強烈な映画」とした。『』はアルモドバルが本作とともに彼の仕事の頂点に戻ったとし、「この作品は常に瀬戸際にあり、決して自己の感情に圧倒されず、意図的な冷たさを持ち、禁欲的ですらある」とした。『リベラシオン』紙は肯定的な評価を与えたが、この作品が「滑らかすぎ」て物語のドラマ性が「感情的な魅力のすべての力を真に表現する」のを妨げているとした。一方で、『リュマニテ』紙は強く否定的であり、「この作品は物語的すぎ、とても息が詰まる」とした。ジュリエッタ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • カールハインツ・シュトックハウゼン

    カールハインツ・シュトックハウゼンから見たル・モンドル・モンド

    ピエール・ブーレーズはル・モンド紙上でシュトックハウゼンについて「とてもユートピア的であると同時にとても実際的な人間であり、きわめて大胆なプロジェクトを現実化できる人間」「新しいものの発見者であったが、それと同じくらい音楽を書く術を心得た人間でもあった」と評している。カールハインツ・シュトックハウゼン フレッシュアイペディアより)

  • ヌーヴォー・ロマン

    ヌーヴォー・ロマンから見たル・モンドル・モンド

    ヌーヴォー・ロマン(仏:Nouveau roman、「新しい小説」の意)は、第二次世界大戦後のフランスで発表された前衛的な小説作品群を形容した呼称で、アンチ・ロマン(Anti Roman、「反小説」の意)と呼ばれることもある。1957年5月22日、ル・モンド誌上の論評においてエミール・アンリオが用いた造語。ヌーヴォー・ロマン フレッシュアイペディアより)

  • ホロコースト否認

    ホロコースト否認から見たル・モンドル・モンド

    1978年3月18日には、リチャード・ヴァーラルの著書『本当に600万人も死んだのか?』のフランス語訳を刊行した国民戦線のフランソワ・デュプラ(Francois Duprat)がユダヤ人組織に殺害され、妻も腕と足を失った。同1978年、ソルボンヌ大学で文書鑑定を専門としていたが『ル・モンド』紙に「ガス室」の存在に疑問を投じる記事を発表しフォーリソン事件が起きた。フォリソンは「ガス室」を欺瞞 (fraud) と呼び、「この欺瞞の犠牲者は、(ドイツの)支配者たちを除くドイツ人と、全てのパレスチナ人だ」と述べ、この問題がパレスチナ問題と密接に関係することを指摘した。その後、1989年9月16日、ユダヤ系団体のSons of Jewish Memory(ユダヤの記憶の子供)から襲撃され、顎と顔を砕かれ重傷を負った。Sons of Jewish Memoryの犯行声明文には「ホロコースト否定派をぶるぶる震えさせろ」とあった。ホロコースト否認 フレッシュアイペディアより)

  • 石井洋二郎

    石井洋二郎から見たル・モンドル・モンド

    『メディアのフランス語入門 ル・モンドからインターネットまで』(白水社 2005年)石井洋二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 網野善彦

    網野善彦から見たル・モンドル・モンド

    2004年(平成16年)、東京都内の病院にて死去。享年76。死去時には、ル・モンド誌にも記事が掲載された。遺骸は本人の遺志によって献体された。網野善彦 フレッシュアイペディアより)

  • 黒色すみれ

    黒色すみれから見たル・モンドル・モンド

    この様子はLe Monde(ル・モンド)や地元新聞Le Berryなどの複数のメディアにも取り上げられた。黒色すみれ フレッシュアイペディアより)

132件中 71 - 80件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード