132件中 81 - 90件表示
  • 西和彦

    西和彦から見たル・モンドル・モンド

    カンヌ国際映画祭において、フランス『ル・モンド』紙の主催する『映画の未来』でプレゼンテーションした。西和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国地検による産経新聞支局長名誉毀損起訴事件

    韓国地検による産経新聞支局長名誉毀損起訴事件から見たル・モンドル・モンド

    フランスの日刊紙『ル・モンド』は、加藤前支局長の起訴やインターネット上の名誉毀損に対する監視の強化など、表現の自由に関する韓国の言論の現状に懸念を示した。韓国地検による産経新聞支局長名誉毀損起訴事件 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川 (淀川水系)

    鴨川 (淀川水系)から見たル・モンドル・モンド

    1996年、京都を訪問したフランスのシラク大統領(元パリ市長)は桝本頼兼市長との会談で、セーヌ川のポンデザール(芸術橋)を模した橋を鴨川に架けることを提案した。これは、2年後の1998年が「日本におけるフランス年」にあたることと、京都市とパリ市の友情盟約締結40周年にあたることから、その記念事業としての構想であったが、この計画が公表されると「新たな名所になる」と歓迎する意見がある一方で、「フランス風のデザイン」が景観を損ねるとの批判も起こり、世論を二分した。1997年に行なわれた都市計画案の公告・縦覧では計画に賛成する意見書が反対を上回ったものの、これに対しても計画に反対する市民団体から「意見書の内容を充分に検討することなく数のみを比較している」と、計画決定の拙速さが批判の対象となった。またフランスのル・モンド紙が計画を批判する記事を掲載するなど、京都市外をも巻き込んだ論争となり、結局、1998年に市は芸術橋計画を白紙撤回した。鴨川 (淀川水系) フレッシュアイペディアより)

  • 発明村のロッテ

    発明村のロッテから見たル・モンドル・モンド

    ル・モンド』紙は、フランス語吹き替え版の放映に際し、「普通のでき」と批評した。同紙は、「作画は少し時代遅れ、脚本は比較的奇妙奇天烈。吹き替え音声は良好。凝ったアニメを見慣れている人は説教くささに物足りなさを感じるだろう。見どころは華やかな色使いと繊細なキャラクターの心理描写。低年齢のお子さんたちを楽しませることだろう。」などと評した。発明村のロッテ フレッシュアイペディアより)

  • Everett Kennedy Brown

    Everett Kennedy Brownから見たル・モンドル・モンド

    Everett Kennedy Brown was born in 1959 in Washington, D.C.. Graduated from Antioch College with major in Foreign Civilizations and Literatures 1982. Traveled to Asia and lived in various countries. 1988-Settled in Japan. Everett now lives in and take care of a Buddhist temple in Kyoto, called Geshinji. The temple has a more than 1,000 year tradition and is now owned by the estate of Hashimoto Kansetsu, one of the great early 20th century painters. He uses the temple as his center for promoting Japanese culture with his partner, Junko Sophie Okimoto. A photographer working in Japan for the past 28 years, his work has appeared in most major global media, including National Geographic, Geo, Time, Newsweek, Le Monde, Der Spiegel, New York Times. He has been fortunate to travel extensively throughout the Japanese archipelago, with many opportunities to meet uniquely remarkable people and hear their stories. Somehow, doors have opened allowing me to view things rarely accessible to the public eye. In recent years, he has often been asked to share his stories and perspectives on Japan. He is invited to give lectures, appears on television, writes essays and books in Japanese and even offer advice on national government policy. On one government panel he summarized his experience of Japan by saying, “Japan. Endless discovery” and to his amazement these words were adopted by the Japanese Government as a national slogan. His readings deeply influence the vision that permeates his photography. It’s been his experience that ancient currents of Japanese culture are still accessible if we open our minds by acquiring the knowledge and developing the skills needed to attune ourselves to these energies. This belief is deeply shared and nurtured by such cultural leaders and friends as Matsuoka Seigo, Kawase Toshiro, Tezuka Yuji and Raku Kichizaemon. For him, life in Japan is a long and ever-deepening love affair with place and culture. Through his imagery, honoring the use of Japanese classical techniques and traditional materials, he wish to share his vision of the deep currents of Japanese culture that he encounters in his journeys. He is available to lead private cultural and photographic tours of Japan, which can be arranged through Inside Japan Tours.Everett Kennedy Brown フレッシュアイペディアより)

  • アルカテル・ルーセント

    アルカテル・ルーセントから見たル・モンドル・モンド

    ル・モンドアーカイブによると、2012年10月に1430人のフランス従業員を解雇した。リストラの背景として、2003年から2013年まで毎年8億ユーロの損失を出していたとみられている。29000の特許を保持するためにゴールドマン・サックスとクレディ・スイスから20億ユーロの融資を受けなければならなかった。保持される特許は50億ユーロと見積もられ、売却の可能性は政府を脅かしていた。アルカテル・ルーセント フレッシュアイペディアより)

  • 12月19日

    12月19日から見たル・モンドル・モンド

    1944年 - フランスの夕刊紙『ル・モンド』が創刊。12月19日 フレッシュアイペディアより)

  • カフェ・プロコップ

    カフェ・プロコップから見たル・モンドル・モンド

    革命期には、フリジア帽が自由の象徴となり、ル・プロコップに最初に飾られた。コルドリエ・クラブ、ロベスピエール、ジョルジュ・ダントンそしてジャン=ポール・マラーはこのカフェを会合の場所として使っていた。復古王政後の有名な客はアレクサンダー・フォン・フンボルトであった。彼は、1820年代に午前11時から正午まで毎日ここで昼食を取った。ル・プロコップは文芸上の名声を保ち続けていた。アルフレッド・ド・ミュッセ、ジョルジュ・サンド、ギュスターヴ・プランシュ(Gustave Planche)や哲学者ピエール・ルルー、ル・モンド紙の編集者M・コキーユ(M. Coquille)、アナトール・フランスらは皆、常連であった。第二帝政下では日刊紙Le Courrier français、La Réformeのオギュスト・ジャン=マリー・ヴェルモレル(August Jean-Marie Vermorel)やレオン・ガンベタ らが社会改革の計画を議論していた。カフェ・プロコップ フレッシュアイペディアより)

  • ル・モンド20世紀の100冊

    ル・モンド20世紀の100冊から見たル・モンドル・モンド

    ル・モンド20世紀の100冊(ル・モンド20せいきのひゃくさつ、)は、1999年にフランスの小売業者フナック及びパリの新聞社ル・モンドが実施した世論調査によるブック・ランキングである。ル・モンド20世紀の100冊 フレッシュアイペディアより)

  • 岡原功祐

    岡原功祐から見たLe Mondeル・モンド

    TIME, Wall Street Journal, New York Times, Le Monde, International Herald Tribune, Courrier International, L'Espresso,L'Illustré, Russian Reporter, Businssweek, PHOTO, POLKA Magazine, foto 8, Photo District News, Enjeux Les Echos, Ventiquattro, Top Girl, Vision Magazine, 風の旅人, Newsweek日本版, クーリエ・ジャポン, コヨーテ, アエラ , 月刊プレイボーイ, PDFx12, 国際協力機構, 週刊朝日, フォトグラフィカ, 中央公論, Monthly JICA, アサヒカメラ, カメラマガジン岡原功祐 フレッシュアイペディアより)

132件中 81 - 90件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード