前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示
  • バンク・オブ・ザ・ウェスト

    バンク・オブ・ザ・ウェストから見たBNPパリバBNPパリバ

    バンク・オブ・ザ・ウェスト()はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く金融サービス持ち株会社で、主にアメリカ合衆国西部と中西部に600支店の銀行支店を展開している。ヨーロッパの大手金融機関であるBNPパリバの米国子会社である。バンク・オブ・ザ・ウェスト フレッシュアイペディアより)

  • ソシエテ・ジェネラル

    ソシエテ・ジェネラルから見たBNPパリバBNPパリバ

    ソシエテ・ジェネラル()は、フランスでBNPパリバに続くメガバンク。世界約80カ国以上で個人と企業の双方を顧客とし、プライベートバンキングを営み投資信託取引も担う。ゴールド・フィックス(Gold fixing)加盟行。ソジェン・ベルジック(Société Générale de Belgique)とは異なる。ソシエテ・ジェネラル フレッシュアイペディアより)

  • フランス

    フランスから見たBNPパリバBNPパリバ

    19世紀および20世紀初頭、世界第2位の植民地帝国を有した。第一次世界大戦において、フランスは三国協商の参加国としてドイツ帝国等の中央同盟国と戦った。第二次世界大戦では連合国に属したが、1940年にナチス・ドイツにより占領された。1944年の解放後、第四共和政が設立された。翌年フランス国立行政学院が設立され、出身者が会計検査院、財務監督官、国務院(内閣法制局兼最高行政裁判所)等で活躍するようになった。検査院出身者らが支配する官僚制は民衆からエナ帝国と呼ばれた。アルジェリア戦争を経てシャルル・ド・ゴールが第五共和政を樹立した。1950年代には原子力産業へ積極的に進出した。技術は軍事利用もされている。原子力部門における主要な会社には、パリバ系のINDATOMや、ロスチャイルド・パリ連合銀行系のCOFINATOME、パリ連合銀行・アルストム・シュナイダーエレクトリック・トムソン=ヒューストン(現ゼネラル・エレクトリック)他多数合弁のFramatome(現アレヴァ)などがある。1960年代にアフリカの植民地を次々に独立させながら、CFAフラン圏を中心に金融・エネルギー面での利権を守った。一方アドルフ・ティエールのときに流入したモルガン資本の電気に強い系譜(ゼネラル・エレクトリックなど)が呼び水となって(ヤング案)、1960年代から1970年代にかけてフランスへ外資の波が押し寄せた(詳細)。オイルショック以降、フランスの政治はコアビタシオンでねじれるようになり、ドゴールのときのように再びソ連と西ドイツを相手として頻繁に交渉した。フランス フレッシュアイペディアより)

  • 石油食料交換プログラム

    石油食料交換プログラムから見たBNPパリバBNPパリバ

    このプログラムではエスクローシステムが採用されていた。イラクから輸出された石油に対する支払いは、イラク政府へではなく、買い手から2001年までBNPパリバ銀行に保有されたエスクロー口座へと支払われた。この金はその後クウェート・連合軍・国連活動への戦争賠償金へ充当された。残った大部分の金は、イラク政府が規制に合致した物資を買うために使うことができた。石油食料交換プログラム フレッシュアイペディアより)

  • 国立労働銀行

    国立労働銀行から見たBNPパリバBNPパリバ

    国立労働銀行 ( (BNL), バンカ・ナツィオナーレ・デル・ラヴォーロ) は、イタリアの6大銀行の1つ。かつては国立 () とある名前どおり国営であった。国のコンツェルンに属する企業へ構造的に融資を続けた。1998年に民営化されたが、BNPパリバの傘下となった2006年現在も行名は変わっていない。国立労働銀行 フレッシュアイペディアより)

  • サンゴバン

    サンゴバンから見たパリバBNPパリバ

    1665年、ルイ14世の治世に国策会社としてパリで創業、創業当初は鏡を製造していた。スペイン継承戦争のときにスイス銀行による救済を受けたが、ロレーヌ地域圏の経済史に刻まれることになった。フランス革命によるユダヤ人解放により、ストラスブール資本の流入が必至となった。20世紀初頭には国際金融市場の発展にともない、海外へ積極的に進出した。その目的で、1904年に結成された7カ国間の板ガラスカルテルに加入していた。戦間期の潮流にあっては自動車の窓ガラスを製造した。第二次世界大戦中は参戦国がウランを求め、鉱業目的の地質調査が地の果てまで及んだ。結果として戦後はウランと貴金属を主眼に鉱業が躍進をとげ、同時にガラスの原料となる非金属も生産量を著しく増やした。国際金融市場が情報革命を本格化させる1968年、ライバル企業のBSN からパリバやラザードなどを後ろ盾に敵対的買収を仕掛けられた。ポンタ=ムッソンとの合併により買収を免れ(ポンタ=ムッソンを参照のこと)、やがて光ファイバーの時代がやってきて脚光を浴びた。サンゴバン フレッシュアイペディアより)

  • 1990年以後の企業の買収・合併の実績

    1990年以後の企業の買収・合併の実績から見たユナイテッド・カリフォルニア銀行BNPパリバ

    2002年、ユナイテッド・カリフォルニア銀行をUFJ銀行から買収。1990年以後の企業の買収・合併の実績 フレッシュアイペディアより)

  • 河野龍太郎 (経済学者)

    河野龍太郎 (経済学者)から見たBNPパリバ証券BNPパリバ

    河野 龍太郎(こうの りゅうたろう、1964年(昭和39年) - )は、日本の経済学者。専門は日本経済論、経済政策論。BNPパリバ証券経済調査本部長・チーフエコノミスト。愛媛県出身。河野龍太郎 (経済学者) フレッシュアイペディアより)

  • 新韓銀行

    新韓銀行から見たBNPパリバBNPパリバ

    1982年に在日韓国人の資本によって設立された。2003年9月に政府の管理下にあった老舗の朝興銀行を買収し、グループ合計での預金高は国内第2位になった。銀行の全株式を新韓金融持株会社が保有し、韓国証券取引所(証券コード:55550)とニューヨーク証券取引所(証券コード:SHG)に株式を上場している。傘下には済州特別自治道を地盤とする地方銀行の済州銀行、証券会社(新韓金融投資、2009年グットモーニング新韓証券から変更)、クレジットカード、投資顧問等の子会社を有する。韓国で最も成長著しい金融機関の一つ。韓国外14ヶ国48個(6支店、10現地法人、34現地法人子支店、2代表事務所)の海外営業所を有する。フランスのBNPパリバと資本提携を結んでいる。韓国での分類は「市中銀行」で銀行コードは26である。新韓銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見たBNPパリバBNPパリバ

    2003年に東京都知事石原慎太郎の選挙公約(中小企業対策)に基づき、ほぼその即断で、既存のBNPパリバ信託銀行を公有化する手法で発足したことから、一部では石原銀行とまで評される。「銀行」の名称が末尾に付かない唯一の銀行である。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示

「仏BNPパリバ」のニューストピックワード