133件中 11 - 20件表示
  • カナダ

    カナダから見たBNPパリバBNPパリバ

    1950年12月、イギリス供給省が20年間のアルミニウム供給契約をアルキャンと結んだ。1952年にはロスチャイルドの主導でブリンコ(BRINCO)という自然開発計画がスタートしている。1951年12月から1955年11月までの期間、SGウォーバーグ(BNPパリバと密接に関係。スイス銀行コーポレイションを経て現UBS)、N・M・ロスチャイルド&サンズ、サミュエル・モンタギュー、ロバート・ベンソン(Robert Benson)、ハンブローズ(現ソシエテ・ジェネラル)などが次々とカナダへ投資子会社を設立した。1952年からリオ・ティントは進出の勢いを加速させ、1956年スエズ危機をめぐりアメリカへカナダが接近すると、翌年にインペリアル・ケミカル・インダストリーズと製紙会社のボウォーター(Bowater)のイギリス系商社が一斉にカナダへ大規模投資をくりだした。そしてカナダ横断パイプラインが敷設されだした(詳細)。建材を提供したラファージュは、1956年カナダのセメント業界で75%ものシェアを獲得したが、同年マルセル・デモン(Marcel Demonque)の発案でバンクーバーに容量2万トンの工場を建設し、翌々年から稼動させた。カナダ フレッシュアイペディアより)

  • ダノン

    ダノンから見たパリバBNPパリバ

    1958年、アントワーヌ(Antoine Riboud)がリヨンで一世紀近く続いていた大叔父のガラス工場を相続した(Souchon-Neuvesel)。1966年、ノール県の板ガラス会社(Glaces de Boussois)と合併しBSNとなった。1968年、パリバ・ラザード・ABNアムロから支援を受けてサンゴバンにレバレッジド・バイアウトを仕掛けた。ウォールストリート・ジャーナルが「勇者ダビデ(BSN)が巨人ゴリアテ(サンゴバン)に挑む」と書きたてた買収運動であったが、テロリストがアントワーヌのアパートを爆破する事件と、サンゴバン株主の必死な救援とにより、サンゴバンが防衛に成功した。以降BSN は急に水と醸造へ進出した。1970年エビアンとクローネンブルグとヨーロッパビール(Société européenne de brasserie)を買収したのである。1973年BSNはダノンと出会った。GD(Gervais Danone)と合併したのである。一連の経営拡大はキャッシュより証券を利用して行われたので、BSN はオイルショックを耐える力をセーブできた。1973年にはスペインのエバンザ(Ebamsa)を傘下においた。1978-79年にスペインとベルギーの醸造業へ資本参加したが、敷居は高かった。フランス政府の「同伴」で、予めBSN はジェームズ・ゴールドスミス(ジミー)のジェネラル・オクシデンタル(Générale Occidentale)と株式交換し、フランスの食品製造4社を吸収していた。ダノン フレッシュアイペディアより)

  • HSBCホールディングス

    HSBCホールディングスから見たパリバBNPパリバ

    2010年5月 - 米国株式市場が1962年以来最悪の相場となり、新興国市場にも影響した。7月7日、フィナンシャル・タイムズがBIS gold swap confuses as price rebounds という記事で、欧州の金融機関が346トンの金を担保に国際決済銀行からキャッシュを得ていたことを報道した。23日、「金価格は操作されている - 秘密の中央銀行」という記事が出た。25日、ロンドン貴金属市場協会が、会員銀行の金取引データを協会創設当初からの全部について非公開にした。29日、またフィナンシャル・タイムズがBIS gold swaps mystery is unravelled という記事で、国際決済銀行からキャッシュを得ていた金融機関にHSBCやソシエテ・ジェネラル、さらにパリバがあったことと、引き出しがBIS側の要請であったことを明らかにした。HSBCホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • アーバンコーポレイション

    アーバンコーポレイションから見たBNPパリバBNPパリバ

    2007年下期から全国銀行協会による「銀行取引約定書に盛り込む場合の暴力団排除条項」や建築偽装に伴う建築基準法改正の影響によって不動産市況が冷え込む中で資金繰りが急速に悪化。金融機関6社に融資の見返で担保提供していた房園保有のアーバンコーポ株の担保権が実行されたことが2008年7月に発表されたことでアーバンコーポの動向に注目が集まった。7月中にフランスの金融大手BNPパリバを引受先とした転換社債型新株予約権付社債 (CB) を発行したが、アーバンコーポの株価に連動してCBによる調達額が変動する契約を結んでいたこともあって、当初見込の300億円を大幅に下回る92億円しか調達出来なかった。アーバンコーポレイション フレッシュアイペディアより)

  • ロスチャイルド家

    ロスチャイルド家から見たパリバBNPパリバ

    ロンドン家とパリ家は現在まで残っている。両家は日露戦争のころ日本政府へ巨額を貸し付けた歴史をもつが、それでさえ普仏戦争の賠償シンジケートに比べると彼らの仕事では小さい方である。とはいえ、ロンドン家のシンジケートは関東大震災後の復興融資を通して日本経済に深く浸透した。また、両家はそれぞれイングランド銀行とフランス銀行に対して一定の影響力をもった。加えて、ロンドン家はベンジャミン・ディズレーリ内閣のときにスエズ運河買収のため400万ポンドを年利3.5%満期36年で貸しつけたり、国家事業であるケーブル・アンド・ワイヤレスの経営に助言したりした。パリ家は総合水道会社(現ヴィヴェンディ、ヴェオリア・エンバイロメント)を設立し5千株を引受けて大株主となったり、ソシエテ・ジェネラルをつくって横須賀造船所と露清銀行へ資金を提供したり、地中海クラブを所有したりして、1961-62年にフランス国内全民間資産の6.0%を保有するに至った。パリバが7.7%、ラザードが5.5%、ユニオン・パリジェンヌが4.1%、商工信用銀行(スエズ運河会社も参照されたい)が3.7%、ヴァンデル家(Groupe Lorrain)が3.5%、フランス商業信用銀行(現HSBCホールディングス)が2.7%、200家族のシュネーデルが2.1%、インドシナ銀行が2.0%、クレディ・デュ・ノル(現ソシエテ・ジェネラル)が1.8%であった。縁戚のはユニボール・ロダムコを設立した。ロスチャイルド家 フレッシュアイペディアより)

  • Paribas

    Paribasから見たBNPパリバBNPパリバ

    Paribas フレッシュアイペディアより)

  • BNPパリパ

    BNPパリパから見たBNPパリバBNPパリバ

    BNPパリパ フレッシュアイペディアより)

  • パリバ

    パリバから見たBNPパリバBNPパリバ

    パリバ フレッシュアイペディアより)

  • パリ国立銀行

    パリ国立銀行から見たBNPパリバBNPパリバ

    パリ国立銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド・カリフォルニア銀行

    ユナイテッド・カリフォルニア銀行から見たBNPパリバBNPパリバ

    ユナイテッド・カリフォルニア銀行 フレッシュアイペディアより)

133件中 11 - 20件表示

「仏BNPパリバ」のニューストピックワード