67件中 31 - 40件表示
  • 1990年以後の企業の買収・合併の実績

    1990年以後の企業の買収・合併の実績から見たBNPパリバBNPパリバ

    2002年、ユナイテッド・カリフォルニア銀行をBNPパリバに売却。1990年以後の企業の買収・合併の実績 フレッシュアイペディアより)

  • 京都市電

    京都市電から見たBNPパリバBNPパリバ

    6月28日 京都市がフランス共和国のユニオン・パリジェンヌ銀行(現在のBNPパリバ銀行)などから総額4,500万フランス・フランの借款を得る。京都市電 フレッシュアイペディアより)

  • BNPパリバ証券

    BNPパリバ証券から見たBNPパリバBNPパリバ

    BNPパリバ証券 フレッシュアイペディアより)

  • サブプライムローン

    サブプライムローンから見たBNPパリバBNPパリバ

    ベアー・スターンズやBNPパリバ等のヘッジファンドのニュースにしても、本質的には一部の金融機関が一部の金融取引でのアウトライヤーイベントの発生によって想定外の損失を被った、ということでしかない。ただし、2007年7月から同年8月にかけて、サブプライム問題を材料に世界中で株価の急落や信用市場の混乱、果ては連邦準備制度理事会による公定歩合の緊急引き下げといった事態にまで発展した最大の要因は、幾層もの証券化を通じて住宅ローン債権の本来のリスク特性が見えなくなっていた中で、市場参加者の多くがパニック的に極端なリスク回避行動に出たことにあると言える(2008年現在進行中の事象であり、解釈には注意が必要)。そもそもサブプライムローン証券市場自体が新興市場でありマーケットに厚みがないため、本来あるべき価格よりも当初は高価格で取引されていたが、その後買い手が引っ込んでしまい値段がつかない程暴落したというサブプライムローン証券市場の流動性の低さにも原因がある。サブプライムローン証券に手を出していた米国金融機関は時価会計が徹底していたため見かけ上の財務体質が悪化して株が叩き売られてしまった。サブプライムローン フレッシュアイペディアより)

  • ルーヴシエンヌ

    ルーヴシエンヌから見たBNPパリバBNPパリバ

    ヴォワザン城 - 一時期ルイーズ・エリザベート・ド・ブルボン=コンデが所有。現在はBNPパリバが所有し、研修センターとなっている。ルーヴシエンヌ フレッシュアイペディアより)

  • 東海銀行

    東海銀行から見たBNPパリバBNPパリバ

    1974年3月 - 初の現地法人加州東海銀行を設立。東海銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 世界金融危機 (2007年-)

    世界金融危機 (2007年-)から見たBNPパリバBNPパリバ

    8月9日 - 仏BNPパリバ傘下のファンドが資産凍結。サブプライムローン問題がクローズアップされる。世界金融危機 (2007年-) フレッシュアイペディアより)

  • ナチス・ドイツによるフランス占領

    ナチス・ドイツによるフランス占領から見たBNPパリバBNPパリバ

    一方でドイツの権威を背景としたドイツ企業によるフランス企業の吸収が進んだ。中でもフランス染料企業はIG・ファルベンが51%を出資する「フランカラー」社に統合され、事実上IG・ファルベンの支配下となった。また通常の取引でもドイツ軍の圧力を背景に、フランス側には不利益が押しつけられた。たとえばフランス通貨フランとドイツ通貨のマルクの為替レートは12フラン=1マルクが相場であったが、一方的に20フラン=1マルクと公定された。また1940年11月にヴィシー政府との間で結ばれた相殺協定は、物資の輸出入に当たって支払いを即時に行わず、両国間の輸出入額を均衡させるという名目であったが、フランス側はその支払代金を受け取ることができず、事実上ドイツ側の輸入代金踏み倒しに利用された。いっぽうでユダヤ系企業の資産没収により、やパリバ、国立商工銀行などの銀行業界は資産を倍増させている。ナチス・ドイツによるフランス占領 フレッシュアイペディアより)

  • ディレクシブ

    ディレクシブから見たBNPパリバBNPパリバ

    2005年、平成電電の大株主でBNPパリバプライベートバンクの顧問でもあった投資家の秋山新率いる「アキヤマホールディングス」傘下で、モンテカルロに設立登記された投資会社「ディレクシブホールディングス」の出資により、東京を拠点に発足した。ディレクシブ フレッシュアイペディアより)

  • スコシアバンク

    スコシアバンクから見たBNPパリバBNPパリバ

    スコシアバンクはグローバルATMアライアンスに参加しており、他の提携銀行とはATMカードまたはチェックカードを手数料なしで利用することができる。グローバルATMアライアンスに参加している銀行はバークレイズ(イギリス)、バンク・オブ・アメリカ(アメリカ)、BNPパリバ(フランス)、中国建設銀行(中国)、ドイツ銀行(ドイツ)、サンタンデール・セルフィン銀行(メキシコ)、ウエストパック銀行(オーストラリア・ニュージーランド)である。スコシアバンク フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示

「仏BNPパリバ」のニューストピックワード