133件中 31 - 40件表示
  • カストディアン

    カストディアンから見たパリバBNPパリバ

    日本では、信託銀行や都市銀行がカストディ業務を手がけている。いわゆるグローバル・カストディアンにはステート・ストリート、バンカメ、パリバ、ドイツ銀行、HSBC、ゴールドマン・サックス、UBS、ソシエテ・ジェネラル、モルガン・スタンレーなどがある。また、国際証券集中保管機関としてユーロクリアとクリアストリームがある。ここに挙がっていない具体例は英語版を参照されたい。カストディアン フレッシュアイペディアより)

  • カバードワラント

    カバードワラントから見たBNPパリバBNPパリバ

    日本においては、1999年より各社が参入し、以前はクレディ・リヨネ証券、大和証券、シティ証券、BNPパリバ証券、ドレスナー証券、リーマン・ブラザーズ証券もカバードワラントを発行していたが、近年は他企業が撤退したためゴールドマン・サックス証券が市場を独占し「eワラント」とその姉妹商品であるニアピンeワラントとトラッカーeワラントの3種を発行していた。2011年8月にゴールドマン・サックス証券からeワラント証券にeワラント事業が譲渡され、eワラント証券がeワラントの発行を行っている。2013年にはレバレッジ・トラッカー(プラス5倍とマイナス3倍の2種がある。経済性はレバレッジETFとほとんど同じだが、レバETFのような相場の振幅による目減りがない一方、自動ロスカットと1年程度の満期がある点が異なる)が追加され、2016年4月時点で4種類の店頭カバードワラントが販売されている。すべてマーケットメイクで流動性が提供される方式である。カバードワラント フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災復興構想会議

    東日本大震災復興構想会議から見たBNPパリバBNPパリバ

    河野龍太郎(BNPパリバ証券経済調査本部長・チーフエコノミスト)東日本大震災復興構想会議 フレッシュアイペディアより)

  • スエズ運河会社

    スエズ運河会社から見たパリバBNPパリバ

    1966年まではイギリス王室の持株比率が4割近くを占め、イギリスの役員も3人派遣されていた。しかしポンタ=ムッソン(現サンゴバン)と資本提携するようになってから、王室の持株比率が大きく低下した。1971年から1982年までを72%支配したが、インドシナ銀行までも吸収したときパリバをしのぐスケールとなった。1970年代、モルガン・グレンフェル(現ドイツ銀行)系のINA Corporation と共同でBlyth, Eastman Dillon & Co.(現UBS)へ出資をしており、そのブライス・イースタン・ディロンはインドスエズ銀行の1976年に発行した社債をINA と共同管理していた。スエズ運河会社 フレッシュアイペディアより)

  • 私設取引システム

    私設取引システムから見たBNPパリバBNPパリバ

    2010年10月時点の参加証券会社はカブドットコム証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、クレディ・スイス証券、UBS証券、BNPパリバ証券、シティグループ証券、モルガン・スタンレーMUFG証券、メリルリンチ日本証券、インスティネット証券、JPモルガン証券。2011年10月31日をもって終了した。私設取引システム フレッシュアイペディアより)

  • BNPパリバ・マスターズ

    BNPパリバ・マスターズから見たBNPパリバBNPパリバ

    BNPパリバ・マスターズ(BNP Paribas Masters)は、毎年10月末から11月初頭にフランス・パリで開かれる男子テニスのトーナメントである。会場はベルシー・アリーナ。サーフェス(表面)は、室内ハードコート。フランスの大手銀行・BNPパリバがスポンサーを務めている。開催国名に因むパリ・マスターズ(Paris Masters)の名称でも知られている。BNPパリバ・マスターズ フレッシュアイペディアより)

  • サブプライムローン

    サブプライムローンから見たBNPパリバBNPパリバ

    ベアー・スターンズやBNPパリバ等のヘッジファンドのニュースにしても、本質的には一部の金融機関が一部の金融取引でのアウトライヤーイベントの発生によって想定外の損失を被った、ということでしかない。ただし、2007年7月から同年8月にかけて、サブプライム問題を材料に世界中で株価の急落や信用市場の混乱、果ては連邦準備制度理事会による公定歩合の緊急引き下げといった事態にまで発展した最大の要因は、幾層もの証券化を通じて住宅ローン債権の本来のリスク特性が見えなくなっていた中で、市場参加者の多くがパニック的に極端なリスク回避行動に出たことにあると言える(2008年現在進行中の事象であり、解釈には注意が必要)。そもそもサブプライムローン証券市場自体が新興市場でありマーケットに厚みがないため、本来あるべき価格よりも当初は高価格で取引されていたが、その後買い手が引っ込んでしまい値段がつかない程暴落したというサブプライムローン証券市場の流動性の低さにも原因がある。サブプライムローン証券に手を出していた米国金融機関は時価会計が徹底していたため見かけ上の財務体質が悪化して株が叩き売られてしまった。サブプライムローン フレッシュアイペディアより)

  • カーディフ生命保険

    カーディフ生命保険から見たBNPパリバBNPパリバ

    カーディフ生命保険会社(カーディフ・アシュアランス・ヴィ)は、ヨーロッパ有数の金融グループ、BNPパリバの保険事業部門であるBNPパリバ・カーディフに属する生命保険会社。カーディフ生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • カーディフ損害保険

    カーディフ損害保険から見たBNPパリバBNPパリバ

    カーディフ損害保険会社(カーディフ・アシュアランス・リスク・ディヴェール)は、ヨーロッパ有数の金融グループ、BNPパリバの保険事業部門であるBNPパリバ・カーディフに属する損害保険会社。カーディフ損害保険 フレッシュアイペディアより)

  • 松田哲 (ディーラー)

    松田哲 (ディーラー)から見たBNPパリバBNPパリバ

    早稲田大学法学部を卒業後、三菱信託銀行に入社。本店国際資金為替部にて、外国為替、国際資金業務に携わる。その後、ファースト・インターステート銀行、パリバ銀行、クレディ・スイス銀行、オーストラリア・コモンウェルス銀行にてチーフ・ディーラーとして活躍。松田哲 (ディーラー) フレッシュアイペディアより)

133件中 31 - 40件表示

「仏BNPパリバ」のニューストピックワード