109件中 11 - 20件表示
  • BNPパリバ

    BNPパリバから見たクレディ・アグリコル

    BNPパリバ(ビー・エヌ・ピー・パリバ、)、または、BNPパリバ銀行(ビー・エヌ・ピー・パリバぎんこう)は、2014年現在、欧州銀行同盟において総資産が首位のメガバンクである。2位のクレディ・アグリコル、3位のドイツ銀行、4位のソシエテ・ジェネラルを総資産で上回る。本社はパリ9区イタリアン大通り16番地 (16 Boulevard des Italiens)。BNPパリバ フレッシュアイペディアより)

  • BNPパリバ

    BNPパリバから見た国立労働銀行

    2006年に国立労働銀行を買収した。BNPパリバ フレッシュアイペディアより)

  • BNPパリバ

    BNPパリバから見たフランス銀行

    現会長はジャン・レミエールで、社長はジャン=ローラン・ボナフェ。BNPパリバは2015年、フランス銀行総裁フランソワ・ビルロワドガローを輩出した。BNPパリバ フレッシュアイペディアより)

  • BNPパリバ

    BNPパリバから見たヴァレリー・ジスカール・デスタン

    パリ国立銀行は、1848年設立のパリ割引銀行(1889年からパリ国民割引銀行; CNEP)と1913年創業のが1966年に合併して誕生した。両行とも、1945年にフランス共和国政府によって国有化され、一時民営化された。1982年に国有化されるが1992年に再び民営化が行われた。国有化はいずれの時期も取締役会に政府枠ができる程度のものであった。パリ国立銀行の初代会長はHenry Bizot であった。1979年、会長にジャック・カルヴェットが就任した。ジャックはヴァレリー・ジスカール・デスタン政権の1959年から1974年までのメンバーとして働いた。1980年代、BNPがパレスチナテロ組織の資金洗浄の拠点となったことがCIA 関係者に暴露されていた。また、イラク石油食糧交換プログラム事件でも当局の調査対象になった。1997年には複数の銀行が保有していた北朝鮮向け融資債権をまとめて証券化し、金利のないゼロクーポン債として発行している。総額は7億7700万ドイツマルクであった。BNPパリバ フレッシュアイペディアより)

  • BNPパリバ

    BNPパリバから見たゴールドシュミット・ファミリー

    オランダ貯蓄信用銀行は1863年にアムステルダムで創業した。1870年までにパリを最初としてブリュッセル・アントワープ・ジュネーブに支店を開設していた。この銀行にはÉdouard HentschやAlphonse Pinardのような投資家と、ビショフスハイム家・ゴールドシュミット家・バンベルグ家の閨閥に関係しプライベート・バンキングをあつかう銀行が参加した。BNPパリバ フレッシュアイペディアより)

  • BNPパリバ

    BNPパリバから見た松尾邦弘

    2002年に三菱電機のEB債償還期限間際に売り浴びせ償還価格以下に株価を下落させた。この行為について、自社の既に退職した元トレーダーが自主的に行ったことと主張し責任を逃れようとしたが営業停止処分になっている。BNPパリバ証券が設置した外部検討委員会(委員長: 松尾邦弘元検事総長)の調査報告書では、一連の取引が極めて違法性が高いものであり「インサイダー取引に該当する可能性がある」と指摘されたほか、アーバンコーポレイションがスワップ契約を開示しなかったのはパリバが非開示を働きかけたためと十分推測できると指摘された。また調査報告書では経営陣も含めた関係者の処分を行なうよう求められている。BNPパリバ フレッシュアイペディアより)

  • BNPパリバ

    BNPパリバから見たポール・アードマン

    米国のバンク・オブ・ザ・ウェスト(Bank of the West)は旧BNPの子会社であった。2001年に三和銀行から United California Bank を買収し、一気に米国40大銀行の一つとなった。UCBのバーゼル支店は、1970年の初めに純資産の20倍に及ぶ取引をしていると報道された。これは、代取のポール・アードマンがシカゴ穀物取引所で先物取引を行っていたものであり、2億スイスフランほどの損失を出した。1971年9月、同行は倒産した。BNPパリバ フレッシュアイペディアより)

  • BNPパリバ

    BNPパリバから見たピエール・モロワ

    1982年に社会党政権のピエール・モロワ内閣によって一旦国有化されたが、1988年に保守政権のジャック・シラク内閣によって民営化された。このときMichel François-Poncet が会長であった。数年後、André Lévy-Lang との二頭制となった。BNPパリバ フレッシュアイペディアより)

  • BNPパリバ

    BNPパリバから見た第一次世界大戦

    第一次世界大戦中、本国の戦時国債を引き受けたり、フランス財務省の口座開設をスペイン・オランダ・スイス・スウェーデン各国で斡旋したり、の兵器産業Compagnie Nationale de Matières Colorantes et Manufactures de Produits Chimiques du Nord(現・リオ・ティント・アルキャン)を金融面で支えたりした。1919年から1937年までHorace Finaly が総支配人を務めた。前段で述べた1900年前後とさほど変わらない拡大経営が続いた。1923・1932・1933年の三度、パリバが主幹事としてベルギーとチェコスロバキアの国債を発行した。オーストリア・ポーランド・ルーマニアの発行ではシ団へ参加したが、ルーマニアに限っては1928年と1931年にパリバが主幹事となった。Compagnie générale du Maroc のような植民地会社もつくってブロック経済に貢献した。Compagnie Française des Pétroles(現・トタル)やElectrabel(現・エンジー)や通信の(旧アヴァス通信社。1998年、粉飾決算のあったCendant を10億ドルで買収し、同年ヴィヴェンディ・ユニバーサル・パブリッシングとなった。センダントは現ヴィヴェンディ・ユニバーサルゲームズ)の金融にも関わった。BNPパリバ フレッシュアイペディアより)

  • BNPパリバ

    BNPパリバから見たオイルショック

    1960-1970年代、アングロアメリカンと関係を深め、バンカメとアメリバをつくり、SGウォーバーグと合弁で保険業も始めた。SGウォーバーグとは合衆国へ投資銀行もつくったが、そのWarburg Paribas Becker は1984年にパリバの参加によりメリルリンチが買収した。1969年からJacques de Fouchier が会長となった。パリバは1964年にしてモスクワ支店を出していたが、1970年代に世界中の支店網を活用した国際決済システムを構築した。また、オイルショックのあと石油取引で名を馳せた。コンパニ・バンケルと関係を深めてゆき、1978年からパリバがコンパニ・バンケルの45%を支配するようになった。そしてすぐPierre Moussa が会長となり、1981年まで務めた。翌年からJean-Yves Haberer が引き継いだ。この1970-1980年代、アセットマネジメント部門が成長したが、伝統的なジュネーブのそれだけでなく、当時はルクセンブルク・パリ・ニューヨーク・東京でも収益を上げるようになっていた。BNPパリバ フレッシュアイペディアより)

109件中 11 - 20件表示

「仏BNPパリバ」のニューストピックワード

  • U−19スコットランド代表DFアーロン・ヒッキー

  • アイルランド代表DFシェーン・ダフィ

  • U−17スコットランド代表FWバリー・ヘプバーン