前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示
  • 仙台市

    仙台市から見た仙台89ERS仙台89ERS

    2005年には「東北楽天ゴールデンイーグルス」がプロ野球に新規参入し、他のプロ野球チームを持つ都市との間に交流が始まる一方で、東北地方全体からの誘客力も上昇した。さらに、2005年には新しく設立されたプロバスケットボールの「仙台89ERS」を加えて、プロスポーツチームを三つ(「みちのくプロレス」とその女子部とも言える「仙台ガールズプロレスリング」を含めると五つ)持ち、年中、イベントが開かれるようになった。仙台市 フレッシュアイペディアより)

  • 東京アパッチ

    東京アパッチから見た仙台89ERS仙台89ERS

    リーグ初年度の2005-06シーズン序盤は失点が多く苦しんだものの、その後徐々に勝ち星を重ね、レギュラーシーズンの最終結果は20勝20敗で3位だった。個人タイトルは、レギュラーシーズンでハンフリーが平均得点でリーグ首位、ピペンは3位。その他ハンフリーはスティールとスリーポイントシュート成功数で、ピペンは出場時間でリーグ上位に入った。青木康平はフリースロー成功率でリーグ首位。ピペンはベスト5に選ばれた。プレイオフでは、初戦で新潟アルビレックスに敗れ、3位決定戦では仙台89ERSを下し3位の成績だった。東京アパッチ フレッシュアイペディアより)

  • 秋田ノーザンハピネッツ

    秋田ノーザンハピネッツから見た仙台89ERS仙台89ERS

    秋田ノーザンハピネッツ(あきたノーザンハピネッツ)は、秋田県を本拠地として2010年より日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)に所属するプロバスケットボールチームである。運営母体は秋田プロバスケットボールクラブ株式会社。秋田県初のプロスポーツチームであり、東北からのbjリーグ参戦は仙台89ERSに次いで2チーム目である。秋田ノーザンハピネッツ フレッシュアイペディアより)

  • 新潟アルビレックスBB

    新潟アルビレックスBBから見た仙台89ERS仙台89ERS

    カンファレンスセミファイナルではホームである仙台89ERSを破り、3シーズンぶりにファイナル4に進出。ファイナル4では、カンファレンスファイナルの浜松戦と3位決定戦の琉球ゴールデンキングス戦に敗れ、4位でシーズンを終えた。新潟アルビレックスBB フレッシュアイペディアより)

  • 野上淳史

    野上淳史から見た仙台89ERS仙台89ERS

    野上 淳史(のがみ あつし、男性、1986年10月25日 - )は、青森県出身のプロバスケットボール選手である。ポジションはガード。184cm、72kg。bjリーグ、仙台89ERS所属。野上淳史 フレッシュアイペディアより)

  • bjリーグ 2006-07

    bjリーグ 2006-07から見た仙台89ERS仙台89ERS

    東ブロック…仙台・新潟・富山・埼玉bjリーグ 2006-07 フレッシュアイペディアより)

  • 新井靖明

    新井靖明から見た仙台89ERS仙台89ERS

    2009年6月、埼玉ブロンコスに育成選手として入団。2012年、仙台89ERSに移籍。新井靖明 フレッシュアイペディアより)

  • Brave (ナオト・インティライミの曲)

    Brave (ナオト・インティライミの曲)から見た仙台89ERS仙台89ERS

    楽曲は商業的にも成功を収め、日本のRIAJ有料音楽配信チャートで最高位5位、日本レコード協会からはゴールド・シングルの認定を受けている。付随する楽曲のミュージック・ビデオは森諭が監督を務めた。ビデオは大阪市長居陸上競技場で撮影され、無観客状態にある競技場内の複数箇所にて彼が楽曲を歌う内容となっている。加えて「Brave」は、インティライミのコンサート・ツアー「TOUR 2011 ADVENTURE 〜時はナオト大公開時代〜」のほか、プロバスケットボールチーム仙台89ERSの2011年のホーム開幕戦ハーフタイム・ショーでもライブ・パフォーマンスされている。Brave (ナオト・インティライミの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 富山グラウジーズ

    富山グラウジーズから見た仙台89ERS仙台89ERS

    アトラスの撤退により、大幅な経費削減を余儀なくされたグラウジーズは、日本人選手中心のチーム編成でシーズンに臨んだが、競り負ける試合が多く、(コミッショナーの河内敏光は「接戦になると常に負けを意識してしまうから富山グラウジーズは接戦に負ける。」とコメントしている)結果、イースタンカンファレンス首位から22ゲーム差でダントツの最下位となり、仙台89ERS、新潟アルビレックスBBの同一カンファレンス上位チームには全敗、さらにはライジング福岡、琉球ゴールデンキングスといった新規参入チームにも全敗し、bjリーグ初年度の埼玉ブロンコスの勝率までも下回る屈辱的なシーズンとなった。それでも大阪エヴェッサ、東京アパッチにアウェーで勝利し、前年2位の高松ファイブアローズからも勝利を挙げた。富山グラウジーズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉ブロンコス

    埼玉ブロンコスから見た仙台89ERS仙台89ERS

    初のプレーオフ進出を目指すべく始動した2008-09シーズン、bjリーグ創設時のチームで唯一開幕戦未勝利だったブロンコスは富山グラウジーズに勝利すると、北向、庄司、清水ら日本人選手の活躍で破竹の勢いで開幕5連勝と波に乗り、プレーオフ進出の悲願が叶うかに見えた。しかし、新規参入の浜松・東三河フェニックスに連勝を止められると、そこからあっけなく5連敗、そして相性の悪い仙台89ERSや東京アパッチ相手に歯が立たないどころか、開幕戦で連勝した富山グラウジーズにも連敗を喫するなど歯車がかみ合わず、結局新潟アルビレックスBBとの4位争いに敗れ、創設から4年連続でプレーオフ進出を逃す結果となった。埼玉ブロンコス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示

「仙台89ERS」のニューストピックワード