188件中 21 - 30件表示
  • 高橋憲一

    高橋憲一から見た仙台89ERS仙台89ERS

    高橋 憲一(たかはし けんいち、1980年12月22日 - )は、秋田県南秋田郡昭和町(現:潟上市)出身のバスケットボール選手である。2003年からJBLの日立電線に所属し、新人王、最多アシストのタイトルを獲得、2005年にはベストファイブにも選ばれた。2006年にはbjリーグの仙台89ERSと契約しプロ選手に転身し、bjリーグ 2009-10シーズンにはフリースロー成功率1位のタイトルを獲得した。秋田ノーザンハピネッツに所属していた2016-17シーズンを最後に現役を退き、秋田ノーザンハピネッツの「アンバサダー」に就任した。選手時代の身長は181cm、体重76kgで、ポジションはポイントガード、シューティングガード。高橋憲一 フレッシュアイペディアより)

  • ウェンデル・ホワイト

    ウェンデル・ホワイトから見た仙台89ERS仙台89ERS

    2009年、bjリーグの浜松・東三河フェニックスに加入し、2009-2010シーズンのMVPを受賞、浜松のリーグ優勝にも貢献した。以後京都ハンナリーズ、大分ヒートデビルズ、浜松への復帰を経て、2013年より仙台89ERSに加入。2015-2016シーズンには2度目のシーズンMVPに選ばれた。ウェンデル・ホワイト フレッシュアイペディアより)

  • 菊池真人

    菊池真人から見た仙台89ERS仙台89ERS

    2013年7月、仙台89ERSのトライアウトに合格して入団。以後bjリーグ・仙台の主力選手として活躍した。菊池真人 フレッシュアイペディアより)

  • デービット・ホルトン

    デービット・ホルトンから見た仙台89ERS仙台89ERS

    デービット・ホルトン(David Halton)は起業家であり、スポーツ栄養サプリメント会社、株式会社ボディプラスインターナショナルとHALEO, Incの創設者。株式会社ボディプラスインターナショナルはbjリーグプロバスケットボールチーム、仙台89ERSのスポンサー。ホルトンは東京の代官山にあるジムHALEO代官山および米国カリフォルニア州サンディエゴ市のHALEO, Inc.のオーナーでもある。デービット・ホルトン フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉ブロンコス

    埼玉ブロンコスから見た仙台89ERS仙台89ERS

    初のプレーオフ進出を目指すべく始動した2008-09シーズン、bjリーグ創設時のチームで唯一開幕戦未勝利だったブロンコスは富山グラウジーズに勝利すると、北向、庄司、清水ら日本人選手の活躍で破竹の勢いで開幕5連勝と波に乗り、プレーオフ進出の悲願が叶うかに見えた。しかし、新規参入の浜松・東三河フェニックスに連勝を止められると、そこからあっけなく5連敗、そして相性の悪い仙台89ERSや東京アパッチ相手に歯が立たないどころか、開幕戦で連勝した富山グラウジーズにも連敗を喫するなど歯車がかみ合わず、結局新潟アルビレックスBBとの4位争いに敗れ、創設から4年連続でプレーオフ進出を逃す結果となった。埼玉ブロンコス フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロバスケットボールリーグ

    日本プロバスケットボールリーグから見た仙台89ERS仙台89ERS

    11月24日 - 「bjリーグ」結成を発表。初年度参加チームは新潟・さいたまの他、仙台89ERS、東京アパッチ、大阪ディノニクス、大分ヒートデビルズと発表される。日本プロバスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 片岡大晴

    片岡大晴から見た仙台89ERS仙台89ERS

    2015年、レバンガ北海道を退団。同年より片岡の地元に位置する仙台89ERSに移籍。しかしB1リーグ 2017-18ではB2リーグ降格。2017年シーズンオフ、仙台を退団し、4年ぶり京都ハンナリーズに復帰する。片岡大晴 フレッシュアイペディアより)

  • 東京アパッチ

    東京アパッチから見た仙台89ERS仙台89ERS

    リーグ初年度の2005-06シーズン序盤は失点が多く苦しんだものの、その後徐々に勝ち星を重ね、レギュラーシーズンの最終結果は20勝20敗で3位だった。個人タイトルは、レギュラーシーズンでハンフリーが平均得点でリーグ首位、ピペンは3位。その他ハンフリーはスティールとスリーポイントシュート成功数で、ピペンは出場時間でリーグ上位に入った。青木康平はフリースロー成功率でリーグ首位。ピペンはベスト5に選ばれた。プレイオフでは、初戦で新潟アルビレックスに敗れ、3位決定戦では仙台89ERSを下し3位の成績だった。東京アパッチ フレッシュアイペディアより)

  • 後藤敏博

    後藤敏博から見た仙台89ERS仙台89ERS

    2000年からは指導者に転身し、2012年にはWJBL・トヨタ自動車アンテロープスのヘッドコーチに就任、このシーズンのオールジャパンで優勝した。ほか、JBLスーパーリーグ・福岡レッドファルコンズ、Bリーグ・仙台89ERSのヘッドコーチを務めた。後藤敏博 フレッシュアイペディアより)

  • 福島ファイヤーボンズ

    福島ファイヤーボンズから見た仙台89ERS仙台89ERS

    開幕戦は、アウェーの横浜文化体育館で横浜との対戦となり、延長の末、88-96で敗れ、初戦を白星で飾ることはできなかった。その後、二戦目で勝利し、新加入のジョセフ・テイラーを含め、チーム全体で破竹の勢いを維持しながら、アウェーで仙台に敗れるまで、5連勝を記録した。2015年の最終戦では、アウェーで大阪と68-65で決め、年内最後のゲームを勝利で飾った。この時点で通算成績は14勝10敗で、東地区12チーム中5位をキープし、上位を狙える位置にいた。その後、接戦を繰り返すも、「我慢のディフェンス」で厳しい戦いを乗り越え、最終的には通算成績は30勝22敗で、順位はプレーオフ圏内で東地区12チーム中6位の成績で終えた。福島ファイヤーボンズ フレッシュアイペディアより)

188件中 21 - 30件表示

「仙台89ERS」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]