105件中 21 - 30件表示
  • 仙台89ERS

    仙台89ERSから見たディリオン・スニード

    河内HCが続投。志村ら5名の日本人選手とホワイト、ハミルトン両外国人選手が残留。ケジュアン・ジョンソン、レジー・オコーサらが加入した。だが、オコーサがリーグ指定のメディカルチェックを通過できなかったため契約合意に至らず、代わりにディリオン・スニードが入団したが、開幕直前に椎間板ヘルニアを発症し契約解除された。仙台89ERS フレッシュアイペディアより)

  • 仙台89ERS

    仙台89ERSから見たジェラル・デービス

    開幕戦から3カードは外国人不足を否めず全て1勝1敗の成績だったが、新潟からエイドリアン・モスを獲得すると、上昇の兆しをみせた。しかし、ハミルトンが怪我の影響により契約を解除。再び勝ち星を伸ばせなくなった。その後ジェラル・デービスが加入し、リーグ戦中盤から終盤にかけて、チーム新記録となる11連勝・同ホーム10連勝を達成するなど好調を維持。過去最高勝率となる.712、東地区3位という成績で、3季ぶりにプレーオフ進出。ジョンソンが得点、スティールで二冠を取り、さらにベスト5とチーム初のシーズンMVPを受賞した。しかしプレーオフでは、6位の青森に連敗しシーズンを終えた。仙台89ERS フレッシュアイペディアより)

  • 仙台89ERS

    仙台89ERSから見たパトリック・ワーティー

    少数精鋭を打ち出し、ボビー・セントプルーやパトリック・ワーティーらが活躍。日本人選手の底上げも成功し、激戦の東地区を1位で通過する。プレーオフは初戦で東京Aに敗れるも3位決定戦で福岡に勝利。プレーオフ初勝利を挙げた。仙台89ERS フレッシュアイペディアより)

  • 仙台89ERS

    仙台89ERSから見たPES

    2012-13シーズン PES(RIP SLYME)「素敵なこと」仙台89ERS フレッシュアイペディアより)

  • 仙台89ERS

    仙台89ERSから見た嶋田基志

    1年での昇格に向け、ヘッドコーチには元wjblトヨタヘッドコーチの後藤敏博が就任。新加入選手には、富山から嶋田基志、東京エクセレンスから泉秀岳、鹿児島レブナイズから藤田浩司、香川から溝口秀人が加入。外国籍は元三遠のオルー・アシャオル、愛媛オレンジバイキングスのクレイグ・ウィリアムズJr、ポルトガルからアンジェロ・チョルを獲得。仙台89ERS フレッシュアイペディアより)

  • 仙台89ERS

    仙台89ERSから見た熊谷宜之

    選手は、田中、坂井、高岡(この年より仙台アシスタントコーチに就任)以外は残留。日本人は、前三菱電機(現 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)の坂本ジェイ、熊谷宜之,香川ファイブアローズから楯昌宗、石川海斗(2015-16シーズンは岩手在籍。16-17シーズン契約締結した香川からのレンタル移籍)が新入団。外国籍は熊本ヴォルターズのセンター、チリジ ネパウエ、米ボナベンチャー大卒のルーキー、ディオン ライトが加入した。しかし、他のチームと比較し、低身長なおかつタレント不在のチーム編成が今後の戦いに響くことになる。仙台89ERS フレッシュアイペディアより)

  • 仙台89ERS

    仙台89ERSから見たオルー・アシャオル

    1年での昇格に向け、ヘッドコーチには元wjblトヨタヘッドコーチの後藤敏博が就任。新加入選手には、富山から嶋田基志、東京エクセレンスから泉秀岳、鹿児島レブナイズから藤田浩司、香川から溝口秀人が加入。外国籍は元三遠のオルー・アシャオル、愛媛オレンジバイキングスのクレイグ・ウィリアムズJr、ポルトガルからアンジェロ・チョルを獲得。仙台89ERS フレッシュアイペディアより)

  • 仙台89ERS

    仙台89ERSから見た坂本ジェイ

    選手は、田中、坂井、高岡(この年より仙台アシスタントコーチに就任)以外は残留。日本人は、前三菱電機(現 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)の坂本ジェイ、熊谷宜之,香川ファイブアローズから楯昌宗、石川海斗(2015-16シーズンは岩手在籍。16-17シーズン契約締結した香川からのレンタル移籍)が新入団。外国籍は熊本ヴォルターズのセンター、チリジ ネパウエ、米ボナベンチャー大卒のルーキー、ディオン ライトが加入した。しかし、他のチームと比較し、低身長なおかつタレント不在のチーム編成が今後の戦いに響くことになる。仙台89ERS フレッシュアイペディアより)

  • 仙台89ERS

    仙台89ERSから見た溝口秀人

    1年での昇格に向け、ヘッドコーチには元wjblトヨタヘッドコーチの後藤敏博が就任。新加入選手には、富山から嶋田基志、東京エクセレンスから泉秀岳、鹿児島レブナイズから藤田浩司、香川から溝口秀人が加入。外国籍は元三遠のオルー・アシャオル、愛媛オレンジバイキングスのクレイグ・ウィリアムズJr、ポルトガルからアンジェロ・チョルを獲得。仙台89ERS フレッシュアイペディアより)

  • 仙台89ERS

    仙台89ERSから見たエイドリアン・モス

    開幕戦から3カードは外国人不足を否めず全て1勝1敗の成績だったが、新潟からエイドリアン・モスを獲得すると、上昇の兆しをみせた。しかし、ハミルトンが怪我の影響により契約を解除。再び勝ち星を伸ばせなくなった。その後ジェラル・デービスが加入し、リーグ戦中盤から終盤にかけて、チーム新記録となる11連勝・同ホーム10連勝を達成するなど好調を維持。過去最高勝率となる.712、東地区3位という成績で、3季ぶりにプレーオフ進出。ジョンソンが得点、スティールで二冠を取り、さらにベスト5とチーム初のシーズンMVPを受賞した。しかしプレーオフでは、6位の青森に連敗しシーズンを終えた。仙台89ERS フレッシュアイペディアより)

105件中 21 - 30件表示

「仙台89ERS」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]