前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • V-22 (航空機)

    V-22 (航空機)から見た仲井真弘多仲井眞弘多

    その後、鳩山由紀夫内閣下で普天間基地移設問題が混乱し、2014年までの普天間飛行場移設が困難となったため、2011年6月6日、米国防総省は2012年後半に、MV-22を沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場に配備すると正式に発表した。それを受けて2011年6月13日、北澤俊美防衛大臣は、沖縄県庁で仲井真弘多知事と会談し、米軍普天間飛行場へのMV-22配備を説明した。2012年7月23日にはMV-22が岩国飛行場に搬入され、9月21日、日本国内初の試験飛行が山口県沖や福岡県沖で行われた。10月1日に、6機、2日には3機が普天間飛行場に移され、4日午前に訓練飛行が行われた。これに対し仲井真弘多沖縄県知事は、「これだけ県民が反対しているものを使い出すのは、非常にむちゃな話だ。」と批判した。V-22 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 上与那原寛和

    上与那原寛和から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    北京オリンピックでは200m、400m、800m、マラソンに出場しており、200m、400mで6位、800mでは自己ベストを5秒記録する走りだったものの4位でメダルには届かなかった(この種目の金メダリストは伊藤智也、銀メダリストは高田稔浩でともに日本の選手であった)。しかし最後の種目となったマラソンでは40キロ過ぎよりスパートをかけて1時間40分10秒の世界記録を3分半ほど更新する記録であったが、オーストリアのトーマス・ガイアシュペヘラーにわずか3秒及ばずに銀メダルを獲得した。帰国後には仲井眞弘多沖縄県知事より県民栄誉賞を授与された。沖縄県民名誉賞が授与されたのは1999年に沖縄尚学高等学校が第71回選抜高等学校野球大会で沖縄県勢初となる優勝を果たして送られて以来の2度目であった。上与那原寛和 フレッシュアイペディアより)

  • なかいま弘多

    なかいま弘多から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    なかいま弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井真弘多

    仲井真弘多から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    仲井真弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 豊見城ハーリー

    豊見城ハーリーから見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    ちなみに、第6代目沖縄県知事仲井眞弘多の祖先は、久米(閩人36姓)である。豊見城ハーリー フレッシュアイペディアより)

  • 2008年沖縄県議会議員選挙

    2008年沖縄県議会議員選挙から見た仲井真弘多仲井眞弘多

    県議会議員の任期(4年)が満了したことに伴って実施された選挙である。無投票当選となった2選挙区3議席を除いた12選挙区45議席を71名の候補が争う構図となったが、2006年の県知事選挙で選出された仲井真弘多知事の県政に対する評価が最大の争点となった。また名護市辺野古への在日米軍普天間基地の移設問題や、後期高齢者医療制度への評価、雇用対策や経済振興策も重要な争点となった。選挙の結果、仲井真知事を支える与党(自民・公明)が議席を減らし、反対に野党(社民・共産・社大)及び中間派が議席を増やす結果となった。2008年沖縄県議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年沖縄県議会議員選挙

    2012年沖縄県議会議員選挙から見た仲井真弘多仲井眞弘多

    県議会議員の任期満了に伴って実施された選挙である。前回選挙で過半数を割り込んだ仲井真弘多沖縄県知事の与党が安定多数を奪回できるか、過半数を採った野党及び中立系が過半数を維持できるかが焦点とされた。消費税増税問題やアメリカ軍普天間基地の返還・移設問題、経済振興の在り方が争点とされた。14選挙区に63名が立候補を届け出、うち3選挙区(南城市、糸満市、宮古島市)では立候補者が定員と同数に留まり、5名(自民2、共産1、結の会1、無所属1)が無投票当選となった 。新党改革が沖縄県議会議員選挙で初めて19名の候補者を推薦した他、国民新党は今回が初挑戦であった。本県議選では沖縄県議選史上初めて候補者の経歴や政策を掲載した選挙公報が導入され、約53万7千部が作成された。2012年沖縄県議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 第15飛行隊 (陸上自衛隊)

    第15飛行隊 (陸上自衛隊)から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    2007年(平成19年)3月30日:鹿児島県徳之島に緊急患者輸送に向かった第101飛行隊所属のヘリコプター(CH-47JA)が徳之島の天城岳山中に墜落。殉職した4隊員の葬送式は、4月15日に行われ、内閣総理大臣(安倍晋三)、防衛相(久間章生)、沖縄県知事(仲井眞弘多)、鹿児島県知事(伊藤祐一郎)、那覇市長(翁長雄志)、徳之島町長、民主党代表(小沢一郎)、沖縄県離島振興協議会会長(仲村三雄)、統合幕僚長(齋藤隆)、陸上幕僚長(折木良一)、官房長、人事教育局長、西部方面総監(輪倉昇)、佐世保地方総監(赤星慶治)、南西航空混成団司令(山川龍夫)らが参列した。第15飛行隊 (陸上自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • アステル沖縄

    アステル沖縄から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    なお、アステル沖縄の会長であった仲井眞弘多はアステル時代の経験を買われ、事業引継ぎ会社ウィルコム沖縄の名誉顧問に就任した。アステル沖縄 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄総合事務局

    沖縄総合事務局から見た仲井真弘多仲井眞弘多

    仲井真弘多(元通商産業部長・現沖縄県知事)沖縄総合事務局 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示

「仲井真弘多」のニューストピックワード