43件中 11 - 20件表示
  • 外為どっとコム

    外為どっとコムから見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    沖縄県に2支店を持つ同社が沖縄の未来を考えるシンポジウムを提供。講演者には仲井眞弘多沖縄県知事、竹中平蔵慶應義塾大学教授を招聘。外為どっとコム フレッシュアイペディアより)

  • 糸数慶子

    糸数慶子から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    2006年11月に、社大党・民主党・日本共産党・社民党・国民新党・新党日本・自由連合の野党勢力の推薦を受け(保守系地域政党のそうぞうは「支持」)、沖縄県知事選挙に立候補。新党大地も推薦・支持は見送ったが、鈴木宗男代表が糸数支援に駆けつけ、国政全野党が共闘した希少な例となった。しかし11月19日に投開票された結果、自民党・公明党が推薦した仲井眞弘多候補に3万7318票差(獲得投票数30万9,985票)で敗れた。糸数慶子 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の政治

    2006年の政治から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    沖縄県知事選挙。自民・公明が推薦した仲井眞弘多が当選。民主・社民・共産・国民新・日本が推薦した糸数慶子は敗れる。2006年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 政党そうぞう

    政党そうぞうから見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    沖縄県議会では、2008年6月8日の県議選直前まで民主党と統一会派「維新の会」を結成していた。県議選に際しては仲井眞弘多知事の政治姿勢に対して「中立」を宣言、那覇市で現職の當間盛夫を公認し2004年よりも得票を伸ばして当選。他の選挙区では主に民主党や沖縄社会大衆党と共同で野党系無所属候補を推薦し2名が当選、与野党逆転に一定の貢献を果たした。しかし、改選前の定数1から定数4へ勢力を拡大した民主党と統一会派結成について折り合いが付かず、推薦した無所属議員2名と新会派「改革の会」を結成。統一会派の扱いに関しては県議会招集後に改めて民主党と協議することとなった。政党そうぞう フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本

    2010年の日本から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    沖縄県知事選挙で仲井眞弘多が再選。2010年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄戦における集団自決

    沖縄戦における集団自決から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    県民大会では、仲井眞弘多知事が職員に参加を促したほか、県教育長も県立学校長らに呼び掛け、また那覇市は公費(約40万円)で参加者の送迎バス10台を借り切った。このような官民一体となった一様な空気には、懸念する声も出た。沖縄戦における集団自決 フレッシュアイペディアより)

  • 八重山教科書問題

    八重山教科書問題から見た仲井真弘多仲井眞弘多

    仲井真弘多沖縄県知事は27日、県庁で報道各社のインタビューに応じ、八重山教科書問題をめぐり竹富町が東京書籍版公民教科書の無償化を文科省に求めていることについて「無償は当然だ」と述べた。同問題の具体的な対応について、知事が踏み込んだ発言をするのは初めて。解決に向けては「文科省を含めて良い結論が出るように徹底して議論を重ねるしかない」との見解を示した。教科書問題の背景について「意見が違ったときにどう処理するかがきちっと決まっていないところに端を発しているような気がする」と述べ、教科書採択に関する制度に課題があるとの認識を示した。石垣市、与那国町を含め3市町教委の意見の相違については「ここまできたら徹底して統一的な見解が出るまで議論するしかない」とした。続けて「ただ、無償というのは当然のことだと思う」と繰り返し述べ、3市町への教科書無償給与を確保した上で議論する必要性を語った。八重山教科書問題 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県立那覇高等学校

    沖縄県立那覇高等学校から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    仲井眞弘多(S32卒) - 沖縄県知事 ※S2卒の仲井眞元楷は父沖縄県立那覇高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 屋良朝助

    屋良朝助から見た仲井真弘多仲井眞弘多

    2006年、 沖縄県知事選挙には屋良が出馬したが、得票数6,220票、得票率0.93%で落選した。これは保守(自由民主党・公明党)推薦の仲井真弘多と革新(民主党・日本共産党・社会民主党・沖縄社会大衆党)の糸数慶子の一騎打ちに埋没したとも、琉球独立論が沖縄県民の大多数から現実性がないと判断されたとも評価された。屋良朝助 フレッシュアイペディアより)

  • キャンプ・シュワブ

    キャンプ・シュワブから見た仲井真弘多仲井眞弘多

    普天間基地移設に関する事業で、自衛隊の艦艇が派遣されるのは異例であり、ぶんごは12.7mm重機関銃や76mm砲などの武装を備えているため、反対派は「活動そのものを威圧するもの」、「旧日本軍を思い出させる。」として批判している。仲井真弘多沖縄県知事も『(掃海母艦を出すのは)銃剣を突きつけているような連想をさせ、強烈な誤解を生む。防衛省のやり方はデリカシーに欠ける』と抗議を行った。掃海母艦の派遣決定以降、インターネット上でも反対派の活動がより活発になった。結局、「ぶんご」は、調査に隊員を派遣したものの、調査海域に姿を見せなかったキャンプ・シュワブ フレッシュアイペディアより)

43件中 11 - 20件表示

「仲井真弘多」のニューストピックワード