43件中 21 - 30件表示
  • 玄葉光一郎

    玄葉光一郎から見た仲井真弘多仲井眞弘多

    2011年(平成23年)11月24日、日米両政府は、「公務中に犯罪を犯した軍属」に対する裁判権の行使について新たな枠組みに合意した。日米地位協定の下、これまでは米軍人・軍属の公務中の犯罪について米側が第一次裁判権を持っており、事実上、米軍属による公務中の犯罪は懲戒処分しか科されない状態が続き問題になっていた。この合意により、米側が刑事裁判にかけない場合、被害者が死亡した事案などについて、日本側が裁判権を行使することへの同意を要請することができ、これに対して米側が好意的考慮を払うこととなり、実際に、2011年(平成23年)1月12日の沖縄市での米軍属による交通死亡事故について、日本側が裁判権を行使した。また、米軍人・軍属が公の催事での飲酒後に自動車を運転することが公務として取り扱われ得る余地があったが、2011年(平成23年)12月16日、日米両政府は、1956年(昭和31年)の日米合同委員会合意を改正し、公の催事での飲酒の場合も含め、飲酒後の自動車運転による通勤は、いかなる場合であっても、日米地位協定の刑事裁判権に関する規定における公務として取り扱わないことで合意した。こうした具体的な改善に対し、仲井真弘多沖縄県知事は一定の評価をしている。玄葉光一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 自由連合 (政党)

    自由連合 (政党)から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    しかし、2006年11月2日に毅は離党し、引退していた父虎雄が代表に復帰。党所属の現職国会議員がいなくなり、政党助成法上の政党要件を喪失。同日告示の沖縄県知事選挙では、虎雄の自由連合は野党系の糸数慶子を推薦し、毅は与党系の仲井眞弘多を支援する分裂選挙となり、仲井眞が当選した。同年12月20日、毅は自民に入党した。自由連合 (政党) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年沖縄県知事選挙

    2010年沖縄県知事選挙から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    現職(1期目)で再選を目指す仲井眞弘多に対し、伊波洋一、金城竜郎の新人2名が立候補。事実上、仲井眞と伊波の一騎打ちという構図となった。結果は仲井眞が再選を果たした。2010年沖縄県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ウィルコム沖縄

    ウィルコム沖縄から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    前身会社から引き継いで名誉顧問に小禄邦男(琉球放送代表取締役会長・沖縄セルラー電話取締役)、仲井眞弘多(当時・沖縄電力代表取締役会長・元アステル沖縄代表取締役会長(非常勤)・沖縄セルラー電話監査役)、取締役会長にウィルコム本体の会長(後に取締役相談役)の木下龍一が兼任したほか、代表取締役社長には仲里朝勝(トラステッドテクノロジー(株)技術顧問)がNTT勤務時代にPHS事業立ち上げに参画した経験などから抜擢された。2005年2月現在、社員人数は元アステル沖縄の従業員18人と、親会社ウィルコムからの出向社員3人合わせて21人となっている。なお、仲井眞は、沖縄県知事に就任した関係などで名誉顧問から退任し、現在は小禄邦男のみが引き続き名誉顧問となっている。ウィルコム沖縄 フレッシュアイペディアより)

  • 島尻安伊子

    島尻安伊子から見た仲井真弘多仲井眞弘多

    仲井真弘多 - 沖縄県知事。第22回参議院議員通常選挙では島尻の選挙対策本部長を務めた。島尻安伊子 フレッシュアイペディアより)

  • 島尻安伊子

    島尻安伊子から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    2010年6月の第22回参議院議員通常選挙では、選挙対策本部長に沖縄県知事の仲井眞弘多を据え、沖縄県選挙区から自民党公認で出馬する。民主党は、普天間基地移設問題の迷走により鳩山由紀夫首相が辞任に追い込まれたばかりで候補者を擁立できず、社民党、共産党がそれぞれ無所属の候補者を推薦したが、島尻が再選を果たした。選挙戦において島尻は、沖縄の経済振興策を自身の公約の中心に据え、鳩山内閣による普天間基地移設に関する日米合意(鳩山内閣は5月、旧来の日米合意を事実上継承する共同声明を、県外・国外移設を主張する福島瑞穂大臣を罷免して閣議決定した)に対し、沖縄の頭越しに日米間で協議が進められたことを非難した。また辺野古への移転を推進する立場から一転して、普天間基地の県外移設が沖縄県民の総意であると主張。さらに、消費税増税についても、所属政党の公約であるにもかかわらず、反対した。なお、この選挙の時に、同年4月に結成されたたちあがれ日本から推薦の話があったが、推薦願いを出していないこと、一致しない政策があることを理由として断った。島尻安伊子 フレッシュアイペディアより)

  • 設計

    設計から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    仲井眞弘多-もとは自動車設計士を目指していた設計 フレッシュアイペディアより)

  • 方言ニュース (ラジオ沖縄)

    方言ニュース (ラジオ沖縄)から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    仲井眞元楷(なかいま げんかい、仲井眞弘多の父):1973年7月?1982年1月、那覇方言方言ニュース (ラジオ沖縄) フレッシュアイペディアより)

  • 岸田文雄

    岸田文雄から見た仲井真弘多仲井眞弘多

    2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙で次点候補の4倍の得票を獲得する圧勝で7選すると、12月26日に発足した第2次安倍内閣では外務大臣として入閣した。安倍とは当選同期で安倍幹事長代理時代に党改革で議論を交わした仲とされる。沖縄担当相を務めるなど沖縄問題に精通し、仲井真弘多知事との親交も深いことが理由とされる一方、中国要人との太いパイプを持つ古賀誠を後見人に持ち、対話を重視するスタイルの岸田の起用が中国など関係諸国へのメッセージであるとの報道もある。岸田文雄 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間基地移設問題

    普天間基地移設問題から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    2006年11月の県知事選挙では、仲井眞弘多が、普天間基地の危険性早期除去を主眼とし、「現行案のままでは賛成できない」という公約を明らかにして当選した。普天間基地移設問題 フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示

「仲井真弘多」のニューストピックワード