66件中 21 - 30件表示
  • 2006年の政治

    2006年の政治から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    沖縄県知事選挙。自民・公明が推薦した仲井眞弘多が当選。民主・社民・共産・国民新・日本が推薦した糸数慶子は敗れる。2006年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年沖縄県議会議員選挙

    2016年沖縄県議会議員選挙から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    5月5日時点で、定数48に対し与党系36・野党系22・中立系12の計70人が出馬を予定しており、いわゆる「オール沖縄」勢力と呼ばれる与党(現有24議席)が引き続き安定多数を確保できるか、野党(現有14議席)や中立(現有8議席)が議席を増やし与党過半数割れとなるか、が最大の焦点となった。2014年沖縄県知事選挙で知事が仲井眞弘多から翁長雄志に交代してから初めての県議選であり、翁長県政の普天間基地移設問題への対応や地域経済振興策などに評価が下されるものと見られた。国政レベルでは、同年7月10日投開票予定の第24回参議院議員通常選挙の前哨戦としても注目された。2016年沖縄県議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄戦における集団自決

    沖縄戦における集団自決から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    県民大会では、仲井眞弘多知事が職員に参加を促したほか、県教育長も県立学校長らに呼び掛け、那覇市は公費(約40万円)で参加者の送迎バス10台を借り切った。このような官民一体となった一様な空気には、懸念する声も出た。沖縄戦における集団自決 フレッシュアイペディアより)

  • 山中貞則

    山中貞則から見た仲井真弘多仲井眞弘多

    2014年4月、鹿児島県曽於市末吉町の旧山中邸に山中貞則顕彰館が開館。式典には仲井真弘多沖縄県知事も出席した。山中は沖縄名誉県民第一号でもある。山中貞則 フレッシュアイペディアより)

  • 方言ニュース (ラジオ沖縄)

    方言ニュース (ラジオ沖縄)から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    仲井眞元楷(なかいま げんかい、仲井眞弘多の父):1973年7月?1982年1月、那覇方言方言ニュース (ラジオ沖縄) フレッシュアイペディアより)

  • 久間章生

    久間章生から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    11月19日投開票された沖縄県知事選では、与党推薦の仲井眞弘多が米軍普天間基地の県内移設に反対する糸数慶子を破り当選した。共同通信によると、久間は11月23日、長崎市内で開かれた自民党議員らの会合で、もしも糸数が当選していた場合、「法律を作ってでも、一方的に県知事の(公有水面の)使用権限を国に移してでも、やらなければいけないと考えていた。もし負けたら、力尽くでもこっちはやるんだという腹を持っていた」と述べた。基地移設には埋め立てが必要で、そのためには公有水面埋立法に基づき知事の許可が必要である。移設反対派が勝った場合、強硬手段によって(『読売新聞』11月24日号によると、特別措置法を制定し、知事の許認可権を政府に移す予定であった)ことを進める方針だったのである。久間章生 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦博史

    三浦博史から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    保守を自認しており、顧客は保守系の候補者が多い。東京都知事選挙の石原慎太郎、舛添要一、神奈川県知事選挙の黒岩祐治、千葉県知事選挙の森田健作、新潟県知事選挙の泉田裕彦、山口県知事選挙の山本繁太郎、沖縄県知事選挙の仲井眞弘多他、数多くの首長、衆参国会議員等のプランナーを務め、勝率は9割という。三浦は『週刊ポスト』の取材に対し、「勝率9割というのは、落ちそうな人からは仕事を受けないということもある。米で勝率1位の選挙プロ、トム・ヒュージャーに『どうしたらあなたのようになれますか』と聞いたら、『簡単だ。運がよくて、勝てそうな人しかクライアントにしないこと』と。それに従っているだけです」と答えた。三浦博史 フレッシュアイペディアより)

  • 第15ヘリコプター隊

    第15ヘリコプター隊から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    2007年(平成19年)3月30日:鹿児島県徳之島に緊急患者輸送に向かった第101飛行隊所属のヘリコプター(CH-47JA)が徳之島の天城岳山中に墜落。殉職した4隊員の葬送式は、4月15日に行われ、内閣総理大臣(安倍晋三)、防衛相(久間章生)、沖縄県知事(仲井眞弘多)、鹿児島県知事(伊藤祐一郎)、那覇市長(翁長雄志)、徳之島町長、民主党代表(小沢一郎)、沖縄県離島振興協議会会長(仲村三雄)、統合幕僚長(齋藤隆)、陸上幕僚長(折木良一)、官房長、人事教育局長、西部方面総監(輪倉昇)、佐世保地方総監(赤星慶治)、南西航空混成団司令(山川龍夫)らが参列した。第15ヘリコプター隊 フレッシュアイペディアより)

  • 設計

    設計から見た仲井眞弘多仲井眞弘多

    仲井眞弘多-もとは自動車設計士を目指していた設計 フレッシュアイペディアより)

  • キャンプ・シュワブ

    キャンプ・シュワブから見た仲井真弘多仲井眞弘多

    普天間基地移設に関する事業で、自衛隊の艦艇が派遣されるのは異例であり、ぶんごは12.7mm重機関銃や76mm砲などの武装を備えているため、反対派は「活動そのものを威圧するもの」、「旧日本軍を思い出させる。」として批判している。仲井真弘多沖縄県知事も『(掃海母艦を出すのは)銃剣を突きつけているような連想をさせ、強烈な誤解を生む。防衛省のやり方はデリカシーに欠ける』と抗議を行った。掃海母艦の派遣決定以降、インターネット上でも反対派の活動がより活発になった。結局、「ぶんご」は、調査に隊員を派遣したものの、調査海域に姿を見せなかった。キャンプ・シュワブ フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示

「仲井真弘多」のニューストピックワード