61件中 11 - 20件表示
  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見た辺野古

    仲井眞は県内保守派に基盤を置くが、沖縄特有の問題(基地問題や歴史問題など)については前任者の稲嶺惠一同様、政府とは一線を画して地元の立場を強く主張し、譲れないものは譲れないという姿勢を見せている。『産經新聞』や『日本経済新聞』が選挙後の社説で、仲井眞の当選を喜ぶとともに仲井眞に在日米軍基地問題で政府に従うよう釘を刺したが、仲井眞は辺野古基地問題に関して、「(掃海母艦を出すのは)銃剣を突きつけているような連想をさせ、強烈な誤解を生む。防衛省のやり方はデリカシーに欠ける」と発言し、政府の強硬策を牽制した。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見た脳梗塞

    2007年6月23日、県知事として「沖縄全戦没者追悼式」に出席したが、翌24日、軽い脳梗塞で緊急入院した。入院及び自宅静養で2週間程度公務を休む必要があると診断されたが、既に追悼式の段階で体調の不良を訴えていたといわれ、追悼式には医師の立会いのもとで出席した。7月9日に公務復帰。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見た那覇市

    1945年(昭和20年)に空襲を逃れて家族で大分県南海部郡明治村(現在の佐伯市)に疎開。翌1946年(昭和21年)、両親の出身地である沖縄県那覇市に移住。那覇市立開南小学校、那覇市立上山中学校、那覇高等学校を卒業。成績がトップクラスで特に理数系が得意であった仲井眞は、自動車設計士を目指す。そこで東京大学工学部進学時に国費・自費沖縄学生制度を使い上京した。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見たみんなの党

    2010年11月、自民党沖縄県連からの支援及び推薦と公明党・みんなの党の推薦を受け沖縄県知事選挙に出馬、335,708票(得票率52.0%)を獲得し、共産党・社民党・国民新党・新党日本・沖縄社会大衆党推薦の新人、伊波洋一前宜野湾市長、幸福実現党の新人、金城竜郎を破り再選を果たした。しかし、県外への移設論に傾いた米軍普天間基地移設問題は、選挙戦の最中に朝鮮半島で武力衝突があったこともあり、実現できるかどうか流動的な情勢となっている。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見た幸福実現党

    2010年11月、自民党沖縄県連からの支援及び推薦と公明党・みんなの党の推薦を受け沖縄県知事選挙に出馬、335,708票(得票率52.0%)を獲得し、共産党・社民党・国民新党・新党日本・沖縄社会大衆党推薦の新人、伊波洋一前宜野湾市長、幸福実現党の新人、金城竜郎を破り再選を果たした。しかし、県外への移設論に傾いた米軍普天間基地移設問題は、選挙戦の最中に朝鮮半島で武力衝突があったこともあり、実現できるかどうか流動的な情勢となっている。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見た通商産業省

    1961年(昭和36年)に東京大学工学部機械工学科卒業後、当時の通商産業省に技官として入省。沖縄開発庁沖縄総合事務局通商産業部長、通産省機械情報産業局通商課長、工業技術院総務部技術審議官などを歴任。官僚時代にイタリアに留学経験があるほか、ニューヨークに3年勤務した。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見た2010年沖縄県知事選挙

    2010年11月、自民党沖縄県連からの支援及び推薦と公明党・みんなの党の推薦を受け沖縄県知事選挙に出馬、335,708票(得票率52.0%)を獲得し、共産党・社民党・国民新党・新党日本・沖縄社会大衆党推薦の新人、伊波洋一前宜野湾市長、幸福実現党の新人、金城竜郎を破り再選を果たした。しかし、県外への移設論に傾いた米軍普天間基地移設問題は、選挙戦の最中に朝鮮半島で武力衝突があったこともあり、実現できるかどうか流動的な情勢となっている。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見た文部科学省

    2007年9月には、文部科学省が公立高校の歴史教科書から旧日本軍の集団自決強制の記述を削除した問題で起きた県民の抗議集会に参加し、政府の対応を「遺憾である」と表明。2008年2月11日に沖縄駐留アメリカ軍兵士が中学3年の少女に対する暴行・強姦容疑で逮捕された件で、記者団に対して前持って用意されたメモに沿う形で一連の事件に「強い怒り」を表明したが、普天間飛行場の機能をキャンプ・シュワブ沿岸部へ移設する計画には全く影響しないと語った。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見た佐伯市

    1945年(昭和20年)に空襲を逃れて家族で大分県南海部郡明治村(現在の佐伯市)に疎開。翌1946年(昭和21年)、両親の出身地である沖縄県那覇市に移住。那覇市立開南小学校、那覇市立上山中学校、那覇高等学校を卒業。成績がトップクラスで特に理数系が得意であった仲井眞は、自動車設計士を目指す。そこで東京大学工学部進学時に国費・自費沖縄学生制度を使い上京した。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見た普天間飛行場

    2007年9月には、文部科学省が公立高校の歴史教科書から旧日本軍の集団自決強制の記述を削除した問題で起きた県民の抗議集会に参加し、政府の対応を「遺憾である」と表明。2008年2月11日に沖縄駐留アメリカ軍兵士が中学3年の少女に対する暴行・強姦容疑で逮捕された件で、記者団に対して前持って用意されたメモに沿う形で一連の事件に「強い怒り」を表明したが、普天間飛行場の機能をキャンプ・シュワブ沿岸部へ移設する計画には全く影響しないと語った。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「仲井真弘多」のニューストピックワード