35件中 21 - 30件表示
  • 仲川元庸

    仲川元庸から見た帝国石油

    奈良県出身。奈良県立北大和高等学校(現:奈良県立奈良北高等学校)、立命館大学経済学部卒業。大学卒業後は帝国石油に入社した。その後、2002年から奈良NPOセンターで行政の目が届かない教育や地域の問題を草の根から改善するため、奈良県内のNPO法人に対する支援活動に従事する。また東大寺アートプロジェクトやLove Letter Project等、アートイベントの企画・運営のほか、体験型観光プログラムや奈良まほろばソムリエ検定の開発等、地域振興策に携わった。仲川元庸 フレッシュアイペディアより)

  • 仲川元庸

    仲川元庸から見た奈良県立奈良北高等学校

    奈良県出身。奈良県立北大和高等学校(現:奈良県立奈良北高等学校)、立命館大学経済学部卒業。大学卒業後は帝国石油に入社した。その後、2002年から奈良NPOセンターで行政の目が届かない教育や地域の問題を草の根から改善するため、奈良県内のNPO法人に対する支援活動に従事する。また東大寺アートプロジェクトやLove Letter Project等、アートイベントの企画・運営のほか、体験型観光プログラムや奈良まほろばソムリエ検定の開発等、地域振興策に携わった。仲川元庸 フレッシュアイペディアより)

  • 仲川元庸

    仲川元庸から見た市町村長

    奈良市長選挙への立候補に際しては仲川 げんの通称名を用いており、奈良市長就任後も通称名を使用する方針を表明している。仲川元庸 フレッシュアイペディアより)

  • 仲川元庸

    仲川元庸から見た奈良県

    仲川 元庸(なかがわ もとのぶ、1976年3月6日 - )は、日本の政治家。奈良県奈良市長(公選第18・19・20代)。中核市市長会副会長。仲川元庸 フレッシュアイペディアより)

  • 仲川元庸

    仲川元庸から見た奈良まほろばソムリエ検定

    奈良県出身。奈良県立北大和高等学校(現:奈良県立奈良北高等学校)、立命館大学経済学部卒業。大学卒業後は帝国石油に入社した。その後、2002年から奈良NPOセンターで行政の目が届かない教育や地域の問題を草の根から改善するため、奈良県内のNPO法人に対する支援活動に従事する。また東大寺アートプロジェクトやLove Letter Project等、アートイベントの企画・運営のほか、体験型観光プログラムや奈良まほろばソムリエ検定の開発等、地域振興策に携わった。仲川元庸 フレッシュアイペディアより)

  • 仲川元庸

    仲川元庸から見た市町村議会

    2009年3月10日、奈良市長の藤原昭が奈良市議会本会議において、JR奈良駅前のホテル誘致計画の失敗に関する責任を取り、同年7月の奈良市長選挙に再選を目指して出馬しない意向を表明した。民主党奈良県連代表の馬淵澄夫衆議院議員から要請を受け、民主党の推薦を得て奈良市長選挙への立候補を表明する。選挙戦では自身の陣営が作成した政策集「奈良マニフェスト」に基づき、3大ゼロ「行政のムダゼロ」「生活の不安ゼロ」「観光の渋滞ゼロ」を掲げ、大型公共事業の見直しや特別職の退職金廃止による財源確保、待機児童解消や病院のたらい回しが起きない地域医療体制の構築による教育、医療、生活分野の安定及び拡充、奈良市政の情報公開による市役所機能の向上等を公約した。当初は衆議院議員を辞職して出馬した元奈良市長の鍵田忠兵衛(自由民主党・公明党)に比べて知名度が劣っており、また仲川の政治経験の少なさを懸念する意見も存在したが、前月に千葉市(熊谷俊人市長)や横須賀市(吉田雄人市長)で相次いで30代前半の市長が誕生した「世代交代」の機運に乗って、7月12日投開票の奈良市長選で次点の鍵田に約1万4千票の差をつけ、2人の対立候補を破って初当選した。当選時の年齢は33歳5ヶ月で、現職の市長では三重県松阪市長の山中光茂(1976年1月15日生)を下回り、2009年6月に当選した千葉市長の熊谷俊人(1978年2月18日生)に次いで2番目に若い市長であった。市長就任後、奈良市の土地開発公社を解散させて負債の利子総額を今後20年間で約86億円カットし、また大型公共工事の入札制度の見直しや事業の整理統合、人件費の削減等、行財政改革を推進した。仲川元庸 フレッシュアイペディアより)

  • 仲川元庸

    仲川元庸から見た中核市

    仲川 元庸(なかがわ もとのぶ、1976年3月6日 - )は、日本の政治家。奈良県奈良市長(公選第18・19・20代)。中核市市長会副会長。仲川元庸 フレッシュアイペディアより)

  • 仲川元庸

    仲川元庸から見た経済学部

    奈良県出身。奈良県立北大和高等学校(現:奈良県立奈良北高等学校)、立命館大学経済学部卒業。大学卒業後は帝国石油に入社した。その後、2002年から奈良NPOセンターで行政の目が届かない教育や地域の問題を草の根から改善するため、奈良県内のNPO法人に対する支援活動に従事する。また東大寺アートプロジェクトやLove Letter Project等、アートイベントの企画・運営のほか、体験型観光プログラムや奈良まほろばソムリエ検定の開発等、地域振興策に携わった。仲川元庸 フレッシュアイペディアより)

  • 仲川元庸

    仲川元庸から見た横須賀市

    2009年3月10日、奈良市長の藤原昭が奈良市議会本会議において、JR奈良駅前のホテル誘致計画の失敗に関する責任を取り、同年7月の奈良市長選挙に再選を目指して出馬しない意向を表明した。民主党奈良県連代表の馬淵澄夫衆議院議員から要請を受け、民主党の推薦を得て奈良市長選挙への立候補を表明する。選挙戦では自身の陣営が作成した政策集「奈良マニフェスト」に基づき、3大ゼロ「行政のムダゼロ」「生活の不安ゼロ」「観光の渋滞ゼロ」を掲げ、大型公共事業の見直しや特別職の退職金廃止による財源確保、待機児童解消や病院のたらい回しが起きない地域医療体制の構築による教育、医療、生活分野の安定及び拡充、奈良市政の情報公開による市役所機能の向上等を公約した。当初は衆議院議員を辞職して出馬した元奈良市長の鍵田忠兵衛(自由民主党・公明党)に比べて知名度が劣っており、また仲川の政治経験の少なさを懸念する意見も存在したが、前月に千葉市(熊谷俊人市長)や横須賀市(吉田雄人市長)で相次いで30代前半の市長が誕生した「世代交代」の機運に乗って、7月12日投開票の奈良市長選で次点の鍵田に約1万4千票の差をつけ、2人の対立候補を破って初当選した。当選時の年齢は33歳5ヶ月で、現職の市長では三重県松阪市長の山中光茂(1976年1月15日生)を下回り、2009年6月に当選した千葉市長の熊谷俊人(1978年2月18日生)に次いで2番目に若い市長であった。市長就任後、奈良市の土地開発公社を解散させて負債の利子総額を今後20年間で約86億円カットし、また大型公共工事の入札制度の見直しや事業の整理統合、人件費の削減等、行財政改革を推進した。仲川元庸 フレッシュアイペディアより)

  • 仲川元庸

    仲川元庸から見た日本

    仲川 元庸(なかがわ もとのぶ、1976年3月6日 - )は、日本の政治家。奈良県奈良市長(公選第18・19・20代)。中核市市長会副会長。仲川元庸 フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示

「仲川げん」のニューストピックワード