172件中 81 - 90件表示
  • 後関昌彦

    後関昌彦から見た仲村トオル仲村トオル

    俳優の仲村トオルは隣町(後関:鎌ヶ谷、仲村:流山)の中学に通学しており(後関より2学年下)、「中学生時代に練習試合で対戦し、校舎の屋根を軽く越えるホームランを打たれた。」とラジオ番組(ニッポン放送「仲村トオルの待たせてゴメン」)で語っていた。後関昌彦 フレッシュアイペディアより)

  • 白鳥圭輔

    白鳥圭輔から見た仲村トオル仲村トオル

    ドラマ版『チーム・バチスタの栄光』『チーム・バチスタ第2弾 ナイチンゲールの沈黙』『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』、『チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸』で演じた俳優は仲村トオル。「ジェネラル・ルージュの凱旋」では速水晃一と医大生時代の同期という設定になっている。その他の原作との相違点は、役人の道を選んだ理由が血が苦手だからではなく(むしろ全く平気である)、研修医時代に見た現場経験を通し、役人の立場から医療を変えるためであるという点や、妻子がおらず、医療過誤によって婚約者と死別した過去を持つ点などが挙げられる。白鳥圭輔 フレッシュアイペディアより)

  • 東映Vシネマ

    東映Vシネマから見た仲村トオル仲村トオル

    Vシネマは当初、菅原文太、仲村トオル、萩原健一、草刈正雄、名高達男、神田正輝など有名なベテラン俳優を起用したハードボイルドタッチの作品が数多く制作されたが、哀川翔が主演した『ネオチンピラ・鉄砲玉ぴゅ?』シリーズのヒットにより、次第に東映のお家芸である極道物やギャンブル物が主流となっていった。東映Vシネマ フレッシュアイペディアより)

  • 琉球の風 (NHK大河ドラマ)

    琉球の風 (NHK大河ドラマ)から見た仲村トオル仲村トオル

    尾上菊五郎・富司純子夫妻を第4作目の『源義経』以来27年ぶりに共演させたり、前年の『信長 KING OF ZIPANGU』にて羽柴秀吉役を演じた仲村トオルをプロローグのシーンに同役で起用したり(冒頭で信長の最期・本能寺の変をシルエット描写するなど、スピン・オフ的効果を狙ったもの)、初めて沖縄県を舞台とするなどの試みが見られた。また、今作の最終回「美海(ちゅらうみ)紀行」のコーナーでは、首里城に施された螺鈿細工(らでんざいく)についてのエピソードを紹介、同じく螺鈿細工の施された中尊寺の話題に触れ、そこから次作『炎立つ』の予告編に繋げるというハイパーリンク的な演出がなされた。琉球の風 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 橋本一郎

    橋本一郎から見た仲村トオル仲村トオル

    しかし2008年、『劔岳 点の記』(2009年公開)を立山連峰で撮影中にかつて柔道で痛めた膝の古傷が悪化。木村大作監督が仲村トオルらに諮ったところ、「検査の結果で決めよう」ということになり、帰京して検査を受けた結果、「これ以上の撮影続行は無理」と診断された(のちに入院・手術)。しかし、彼をこのまま撮影隊から離脱させるのは忍びないとの監督の計らいに加え、撮影方法が順撮りだったこともあり、吉田清三郎が膝の古傷の痛みに苦しみながら叫び、小島烏水らが彼を下山させる相談をするシーンが急遽挿入された(映画『劔岳 点の記』のパンフレットより)。橋本一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 新吾十番勝負

    新吾十番勝負から見た仲村トオル仲村トオル

    むささびの源太:仲村トオル新吾十番勝負 フレッシュアイペディアより)

  • 松下由樹

    松下由樹から見た仲村トオル仲村トオル

    ぶどうの木?里親と子供たちの愛の物語?(2003年11月7日、フジテレビ、金曜エンタテイメント、【W主演:仲村トオル】) - 主演・片桐響子 役松下由樹 フレッシュアイペディアより)

  • 市川森一

    市川森一から見た仲村トオル仲村トオル

    仲村トオル - 『ゴールデンボーイズ』市川森一 フレッシュアイペディアより)

  • アナザーフェイス (小説)

    アナザーフェイス (小説)から見た仲村トオル仲村トオル

    『アナザーフェイス』は、堂場瞬一による警察小説のシリーズ。2010年から文春文庫より書き下ろしで刊行されている。2012年に仲村トオル主演でテレビ朝日系列にてテレビドラマ化された。アナザーフェイス (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 森の石松

    森の石松から見た仲村トオル仲村トオル

    「次郎長三国志東海道の暴れん坊」(1988年、テレビ朝日) - 森の石松:仲村トオル森の石松 フレッシュアイペディアより)

172件中 81 - 90件表示

「仲村トオル」のニューストピックワード

  • オーストラリアロケで不和があった…誰のせいなのかは明かさない

  • 広域ごみ施設稼働 地元合意9年目

  • 行動・活動する会議所を目指し、徳島が今より活気づいたと言われるような足跡を残したい