前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2513件中 1 - 10件表示
  • 日本におけるゲーム機戦争

    日本におけるゲーム機戦争から見た任天堂任天堂

    21世紀初頭現在の主なハードメーカーは、任天堂とソニー・インタラクティブエンタテインメント(旧称:ソニー・コンピュータエンタテインメント)、マイクロソフトの3社である。セガ(後のセガゲームス)も長年独自のハードを販売してきたが、ドリームキャストを最後にゲーム機事業から撤退した。NECホームエレクトロニクスも独自のハードで一時はセガをも凌ぐ勢力を市場で見せていたが、PC-FXを最後に撤退し、会社も解散の憂き目にあっている。初期の数年間はエポック社も主要3社に名を連ねていたが、少なくともトップシェアだったカセットビジョンについては、ファミコン以降との直接的なゲーム機競争(競合)の関係を否定している。日本におけるゲーム機戦争 フレッシュアイペディアより)

  • テトリス

    テトリスから見た任天堂任天堂

    その後、1989年に任天堂から発売されたゲームボーイ版も「いつでもどこでも好きに遊べる」ことと「対戦プレイもできる」という点で大人気となり、国内出荷本数約424万本と、ゲームボーイ最初期の作品ながら、ゲームボーイソフト単体での史上売上1位を記録。テトリス フレッシュアイペディアより)

  • ソニックシリーズ

    ソニックシリーズから見た任天堂任天堂

    音速で走ることができる青いハリネズミのソニックを操作して、起伏に富み、ループなども設けられているステージをジェットコースターのように駆け抜ける高速アクションゲームである。任天堂のスーパーファミコン(SFC)に対抗するための戦略商品として、 メガドライブ(MD)の機能、特に高速な描画処理能力を生かしたゲームデザインであった。当初は耳の長いウサギのキャラクターを操作するアクションゲームを考えていた、というエピソードもある。また、当初よりプレイヤーキャラクターがボール状に変化するギミックなども考えられていた。ソニックシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 岩田聡

    岩田聡から見た任天堂任天堂

    任天堂の元代表取締役社長で、HAL研究所代表取締役社長なども歴任した。岩田聡 フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見た任天堂任天堂

    1990年代中期に「次世代機」と呼ばれた家庭用ゲーム機の一つ。開発を主導した久夛良木健の独特の技術論や、丸山茂雄らによる従来のゲーム機ビジネスとは異なるレコードビジネス仕込みの戦略で、セガ・エンタープライゼス(現・セガゲームス)のセガサターンや、任天堂のNINTENDO64と次世代機戦争と呼ばれた市場競争に勝利し、ファミリーコンピュータのヒット以来任天堂が独占していた市場でトップシェアとなった。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • マリオ&ソニック AT 北京オリンピック

    マリオ&ソニック AT 北京オリンピックから見た任天堂任天堂

    『マリオ&ソニック AT 北京オリンピック』(マリオアンドソニック アット ペキンオリンピック、Mario & Sonic at the Olympic Games)は、任天堂・セガ開発、任天堂(日本)・セガ(日本国外)発売のWii・ニンテンドーDS専用ゲームソフト。マリオ&ソニック AT 北京オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • スコット津村

    スコット津村から見た任天堂任天堂

    1988年5月、『スペランカー』や『ロードランナー』のライセンスを持っていた米国ブローダーバンドの社長の要請で日本のPCゲーム企業13社による合弁事業、Kyodai Software Marketing をサンフランシスコに立ち上げるため、渡米。当時はアメリカに永住するつもりはなく、事業の運営が動き出すまでの1年間のみ滞在する予定だった。ところが、1989年頃から任天堂とセガの家庭用ゲームがアメリカで爆発的に伸びたため、日本のビーピーエスの社長だったヘンク・ブラウアー・ロジャースと共に同社の米国現地法人 (Bullet-Proof Software) をシアトルに設立、数々のソフトを発売する。旧ソビエト連邦でアレクセイ・パジトノフが開発した『テトリス』のゲームボーイ版は、米国任天堂(Nintendo of America)の協力を得てビーピーエスがライセンス契約している。その後アレクセイ・パジトノフが家族と共に米国移住を望んだため、米 Bullet-Proof Software の社員に招聘するなど、当時マーケティング担当副社長だったシーラ・バウテン(現 Tozai, Inc. 社長)と共に移住を実現。ソビエト連邦崩壊直後にもパジトノフを訪ねているが、当時ロシア経済はどん底で、強奪その他いろいろな危険に遭遇した。1993年に Bullet-Proof Software が大手ゲーム会社 Spectrum Holobyte(後に上場して MicroProse)に買収され、平日はサンフランシスコ、週末はシアトルを往復する生活を2年間続けた後、退職。1996年、シアトルでコンサルティング会社 Tozai, Inc. をシーラ・バウテンと共同で創業し、同時に開発会社 Big Bang Software も創立。(前者は後の Tozai, Inc. /Tozai Games(ゲームソフトメーカー)となり、後者は米国任天堂に吸収される。)スコット津村 フレッシュアイペディアより)

  • 劇場版 どうぶつの森

    劇場版 どうぶつの森から見た任天堂任天堂

    『劇場版 どうぶつの森』(げきじょうばん どうぶつのもり)とは、任天堂より発売のゲームソフトシリーズ『どうぶつの森』の第4作『おいでよ どうぶつの森』を原作とするアニメーション映画作品。2006年12月16日より東宝系で公開された。劇場版 どうぶつの森 フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータゲームの歴史

    コンピュータゲームの歴史から見た任天堂任天堂

    任天堂初の家庭用ゲーム機「テレビゲーム15(テレビゲーム6)」。コンピュータゲームの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • Pokemon GO

    Pokemon GOから見た任天堂任天堂

    Niantic Labsによるアプローチにより、任天堂の岩田聡と株式会社ポケモンのCEO石原恒和が協力してお馴染みのポケモンキャラクターと「Ingress」を基礎とする拡張現実 (AR) を組み合わせたスマートフォン向けGPS位置情報ゲームである。ポケモンGOの開発には、Google、任天堂、フジテレビ等の各企業パートナーらからの投資資金を受けている。Pokemon GO フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2513件中 1 - 10件表示

「任天堂」のニューストピックワード

  • LPWA(Low Power Wide Area)