2513件中 11 - 20件表示
  • だれでもアソビ大全

    だれでもアソビ大全から見た任天堂任天堂

    『だれでもアソビ大全』(だれでもアソビたいぜん)は、任天堂株式会社のニンテンドーDS用ゲームソフトである。2005年11月3日発売。Touch! Generationsシリーズの1つ。『Wi-Fi対応 世界のだれでもアソビ大全』、DSiウェアの『ちょっとアソビ大全』についても、この項にて説明する。だれでもアソビ大全 フレッシュアイペディアより)

  • ミュウ

    ミュウから見た任天堂任天堂

    基本的に普通のプレイでは手に入れることができず、原則として任天堂のイベントによる配布のみが第三世代までの入手できる方法だった。だが、このことが低年齢層のユーザーなどにとっては、「全てのわざを覚える」などの設定とあいまってこの作品を面白いと印象づけ、結果的にはゲームのヒットの一因となった。ミュウ フレッシュアイペディアより)

  • 古代祐三

    古代祐三から見た任天堂任天堂

    大乱闘スマッシュブラザーズX (任天堂、Wii版) - 一部編曲古代祐三 フレッシュアイペディアより)

  • 葉山宏治

    葉山宏治から見た任天堂任天堂

    2009年、大乱闘スマッシュブラザーズX(任天堂)※一部の曲の編曲葉山宏治 フレッシュアイペディアより)

  • 電子ゲーム

    電子ゲームから見た任天堂任天堂

    1980年には任天堂の『ゲーム&ウオッチ』シリーズが発売され、一頃は社会現象にまでなった。その後はロムカセットでゲームの交換が可能なコンシューマーゲームの発達に伴い、LEDやFLを使用したLSIゲームは徐々に衰退して行き、日本でのFLゲームの販売は1985年8月に発売された『スペースハリケーン』を最後に太く短い歴史の幕を閉じた。アメリカでもこの時期が電子ゲーム市場の衰退末期にあたり、1982年発売されたLED・カセット式「アドベンチャービジョン」などは流通量の希少さから、今やマニア間で高値売買されている。電子ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • F-ZERO ファルコン伝説

    F-ZERO ファルコン伝説から見た任天堂任天堂

    『F-ZERO ファルコン伝説』(エフゼロ ファルコンでんせつ、英名:F-ZERO The Legend of Falcon)は、任天堂のコンピュータゲーム『F-ZERO』シリーズを原作とするテレビアニメとゲームボーイアドバンス用ゲーム、漫画、及び玩具からなるメディアミックス作品。F-ZERO ファルコン伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年代の日本

    1980年代の日本から見た任天堂任天堂

    任天堂から家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータ(ファミコン)が発売。1980年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 山内溥

    山内溥から見た任天堂任天堂

    玩具メーカーの任天堂株式会社代表取締役社長(個人商店の山内房治郎商店より数えて第3代、1949年 - 2002年)、同社取締役相談役(2002年 - 2005年)を経て、晩年まで同社の相談役を担った。任天堂を電子ゲームによって世界的な企業に押し上げた中興の祖として活躍した。山内溥 フレッシュアイペディアより)

  • ライトガン

    ライトガンから見た任天堂任天堂

    1966年、セガ(後のセガ・インタラクティブ)初の世界的ヒットとなったアーケードゲーム「ペリスコープ」にも紙に描かれた標的を狙うのにライトガンの原理が使われていた。ペリスコープは初期の「エレメカ」ゲームであり、1回のプレイ料金が25セントとなった初めてのアーケードゲームだった。セガの1969年のゲーム「ミサイル」は電子音と動画をスクリーンに投影する方式を採用し、1972年の「キラーシャーク」では据付型ライトガンでサメを狙うのだが、ターゲットは後方からスクリーンに投影されている。任天堂は1970年に Beam Gun をリリースし、1973年にはをリリース。1974年にはアーケードゲーム「ワイルドガンマン」をリリースした。1975年、セガは2人協力プレイ型の「バルーンガン」や「バレットマーク」をリリースした。ライトガン フレッシュアイペディアより)

  • 音楽ゲーム

    音楽ゲームから見た任天堂任天堂

    また、任天堂の『大合奏!バンドブラザーズ』の様に作曲機能で作成した楽曲をボタンで演奏するという形式のゲームも登場している。音楽ゲーム フレッシュアイペディアより)

2513件中 11 - 20件表示

「任天堂」のニューストピックワード