2513件中 21 - 30件表示
  • スーパーマリオスタジアム (ゲームソフト)

    スーパーマリオスタジアム (ゲームソフト)から見た任天堂任天堂

    『スーパーマリオスタジアム』は、任天堂が発売したスポーツゲームで、マリオシリーズのキャラクターを使用した野球ゲームソフトのシリーズ。スーパーマリオスタジアム (ゲームソフト) フレッシュアイペディアより)

  • ミリオンセラー

    ミリオンセラーから見た任天堂任天堂

    日本における家庭用ゲームソフトのミリオンセラーは、1983年の『麻雀』(任天堂)を皮切りに毎年数作品が達成している。ミリオンセラーが最も多い年は1986年と2006年で14作品、ダブルミリオンが最も多い年は2006年と2009年で6作品である。また、1983年以降ダブルミリオンがない年は1991年のみである。最高のセールスを記録した作品は1985年発売の『スーパーマリオブラザーズ』(任天堂)で出荷本数は681万本、サードパーティー製では2010年発売の『モンスターハンター ポータブル 3rd』(カプコン)で出荷本数は480万本である。ミリオンセラー フレッシュアイペディアより)

  • プロアクションリプレイ

    プロアクションリプレイから見た任天堂任天堂

    プロアクションリプレイはハードメーカー非公認の機器である。任天堂やSCEなどはこうした商品に対してライセンス提供は行っていない。プロアクションリプレイ フレッシュアイペディアより)

  • 花札

    花札から見た任天堂任天堂

    明治初期には相変わらず花札は禁止されていたが、1886年に販売が解禁され、同年に銀座の上方屋から花札とルールブックが発売された。これ以降花札は大いに流行した。その一方で1902年に「骨牌税」によってカルタ類が課税されるようになると、地方札を生産していた日本各地のかるた屋は倒産し、地方札は廃れていき、各地に伝わる遊び方も滅びていった。なお、任天堂は多くの地方札の原版を保有しており、発注も可能である(もちろん、相応の発注単位である必要がある)。同社サイトで、地方札原版がファイルに収められている様子が確認できる。花札 フレッシュアイペディアより)

  • 4コマまんが王国

    4コマまんが王国から見た任天堂任天堂

    スクウェア・エニックスの4コママンガ劇場に次ぐ歴史を誇る。編集元はG.G.C.。質の高い数々の爆笑ネタや作家が誕生した。最盛期には任天堂のゲームを対象にしたものが多く出版されており、ゲームコミックレーベルの中でも高い人気を誇っていた。このレーベルをきっかけに頭角を現した作家は少なくない。4コマまんが王国 フレッシュアイペディアより)

  • 中江真司

    中江真司から見た任天堂任天堂

    2002年以降、フジテレビ『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』のナレーションを機に新境地を拓き、この路線で数多くのCMに起用されるようになった。2006年頃からは任天堂のゲーム機及び関連ソフトのCMを担当することが多かった。中江真司 フレッシュアイペディアより)

  • セガ・マスターシステム

    セガ・マスターシステムから見た任天堂任天堂

    アメリカと日本ではライバル機である任天堂「ファミリーコンピュータ」の市場を崩せなかった一方で、ヨーロッパやブラジルでは大きな成功を収めた。後継機である16ビットゲーム機「メガドライブ」の発売以降も、ヨーロッパとブラジルでは『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』や『Streets of Rage 2』『SAGAIA』『Winter Olympic '94』など、メガドライブ版と同じタイトルをリリースするソフト供給が続いたほか、欧州でのみリリースされたU.S. Gold社の『Out Run Europa』や『ストライダー飛竜 II』、ブラジルでのみリリースされた『Street Fighter II』(Tectoy社)、韓国でのみリリースされた『将軍の息子』(『??? ??』、Daou Infosys社)など、いくつかの特徴的なタイトルもあった。セガ・マスターシステム フレッシュアイペディアより)

  • ハドソン

    ハドソンから見た任天堂任天堂

    任天堂がファミリーコンピュータを発表した際、まだブームになっていない時点で接近を図り、任天堂初のサードパーティとなり、以降家庭用ゲーム機向けソフト開発がメインとなる。自由な社風の元、独自の企画を行っていた。特に「ハドソン全国キャラバン」や「高橋名人」は人気児童誌で積極的にタイアップされたことから、当時の子供世代にとっては抜群の知名度を誇る。ハドソン フレッシュアイペディアより)

  • 下村陽子

    下村陽子から見た任天堂任天堂

    最も感動したゲーム音楽には『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』の「おおぞらをとぶ」(すぎやまこういち作曲)を挙げており、これほどの曲が作れたその瞬間に死んでも構わないと思わせる程の衝撃であったと語っている。また、凄いと思ったミュージックコンポーザーには任天堂の近藤浩治を挙げている。クラシックではラフマニノフが好きだという。下村陽子 フレッシュアイペディアより)

  • セガゲームス

    セガゲームスから見た任天堂任天堂

    セガ時代に手掛けていた家庭用ゲームハード事業では、SG-1000、セガ・マークIII、メガドライブ、セガサターン、ドリームキャストなどをリリースしており、セガサターン・ドリームキャストは任天堂とソニー・コンピュータエンタテインメント(後のソニー・インタラクティブエンタテインメント)の2社と共に家庭用ゲームハード3大メーカーとして鎬を削るも、どちらも販売戦略の失敗で他の2社の後塵を拝する結果となった。かつてセガサターン事業部長やドリームキャスト事業部門担当を務め、セガホールディングス代表取締役社長兼セガゲームス取締役を務める岡村秀樹は後のインタビューで「アーケードゲームは強かったが、家庭用ゲームに対するマーケットインは弱かった」と語っている。宣伝でセガサターンでは藤岡弘、演じるせがた三四郎を起用。ドリームキャストではプロデューサーの秋元康を社外取締役に招聘し、広告宣伝費に約130億円を投じて当時の役員湯川英一を起用したCMを放映するなど大々的に宣伝した。セガゲームス フレッシュアイペディアより)

2513件中 21 - 30件表示

「任天堂」のニューストピックワード