2036件中 21 - 30件表示
  • ドラゴンクエスト

    ドラゴンクエストから見た任天堂任天堂

    北米では、1989年5月にNESで『Dragon Warrior』として任天堂から発売され、後にGB版『Dragon Warrior I & II』にも収録されている。ドラゴンクエスト フレッシュアイペディアより)

  • 11月21日

    11月21日から見た任天堂任天堂

    1990年 - 任天堂がスーパーファミコンを発売。11月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 3DO

    3DOから見た任天堂任天堂

    トリップ・ホーキンスはエレクトロニック・アーツ(EA)の設立者でもあり、EAが事実上のセカンドパーティとして機能したため、一部に熱烈なファンを獲得した。さらに3DO社は、当時の北米ハード業界を二分していたセガや任天堂より安いロイヤリティでゲームソフトのサードパーティを呼び集め、松下電器が北米と日本で多大なプロモーションを行い知名度を上げた。当時の北米での主な競合機である任天堂・SNESやセガ・Genesisと比べてハードウェアの性能は非常に高く、タイム誌によって"1994 Product of the Year"に選出されている。3DO フレッシュアイペディアより)

  • 大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

    大乱闘スマッシュブラザーズシリーズから見た任天堂任天堂

    大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ(だいらんとうスマッシュブラザーズシリーズ、英題:Super Smash Bros.)は、HAL研究所が開発し、任天堂が発売した対戦型アクションゲームのシリーズ名である。略称「スマブラ」「大乱闘」。ディレクターは『星のカービィ』の生みの親でもある桜井政博。大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1980年代

    1980年代から見た任天堂任天堂

    任天堂から家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータ(ファミコン)が発売1980年代 フレッシュアイペディアより)

  • ゲームボーイ

    ゲームボーイから見た任天堂任天堂

    ゲームボーイ(GAMEBOY)は、1989年4月21日に任天堂が発売した携帯型ゲーム機。日本国内での発売当時のメーカー希望小売価格は12,500円。製品コードはDMGで、「Dot Matrix Game」が由来。ゲームボーイ フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータゲームの歴史

    コンピュータゲームの歴史から見た任天堂任天堂

    任天堂初の家庭用ゲーム機「テレビゲーム15(テレビゲーム6)」が発売。コンピュータゲームの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 銀魂

    銀魂から見た任天堂任天堂

    弁天堂が開発した最新ゲーム機。ゲームの世界に入り込める「バーチャルコントローラー」が最大の売りだが、これには現実が見えなくなるという欠点があり、OWee争奪戦では銀時達が知らぬ間に現実の人間等に多大な危害を加えてしまい、発売中止となった。しかし、二百六十九訓でスズメバチみたいな天人(超糖星<ロイヤルプリンせい>)の家(巣)の中に置いてあり、その女王が所持していた。銀魂 フレッシュアイペディアより)

  • 電子ゲーム

    電子ゲームから見た任天堂任天堂

    1980年には任天堂の『ゲーム&ウオッチ』(複数タイトルが発売された)が発売され、一頃は社会現象にまではなったもののその後はロムカセットでゲームの交換が可能なコンシューマーゲームの発達に伴いLEDやFLを使用したLSIゲームは徐々に衰退して行き、日本でのFLゲームの販売は1985年8月に発売された『スペースハリケーン』を最後に太く短い歴史の幕を閉じることになった。アメリカでもこの時期が電子ゲーム市場の衰退末期にあたり、1982年発売されたLED・カセット式「アドベンチャービジョン」などは流通量の希少さから、今やマニア間で高値売買されている。電子ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ゲームパッド

    ゲームパッドから見た任天堂任天堂

    パッド以前、ゲームコントローラとしてはジョイスティックが主流だった。1983年、任天堂のファミリーコンピュータがパッドを採用し、ライバルのセガもそれに続いたことで、据置型家庭用ゲーム機の分野ではパッドが標準となった。ゲームパッド フレッシュアイペディアより)

2036件中 21 - 30件表示

「任天堂」のニューストピックワード