2513件中 81 - 90件表示
  • 有賀ヒトシ

    有賀ヒトシから見た任天堂任天堂

    ポケットモンスター X・Y(2013年10月 ポケモン・任天堂(開発:ゲームフリーク)、ニンテンドー3DS) - ポケモンデザイン有賀ヒトシ フレッシュアイペディアより)

  • ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし

    ゼルダの伝説 ふしぎのぼうしから見た任天堂任天堂

    『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』(ぜるだのでんせつ ふしぎのぼうし、英題:The Legend of Zelda: The Minish Cap)は、2004年11月4日に任天堂から発売されたゲームボーイアドバンス用アクションアドベンチャーゲーム。略称は「ぼうし」など。ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし フレッシュアイペディアより)

  • それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ

    それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコから見た任天堂任天堂

    プロ野球「読売ジャイアンツ」のファンである。ゲームフリークではあるが真性のシューターであるためRPG、なかんずく「京都の花札屋」(任天堂を指す隠語)の製品を激しく嫌悪しており、同級生が学校に持ってきた新品のゲームソフトを校舎の2階の窓から校庭に投げ捨てた事もある。RPG嫌いの原因は不明だが、漫画版では「めんどくさいから」という理由で迷路型要塞の通路を一直線にぶち破ってきていることから、頭を使う類のゲームが苦手な模様。ゲームフリークとしては「北綾瀬の最終兵器」「ポリゴンの女王」などの通り名で呼ばれ、「京都を嫌わせれば羽田にも負けない」(それぞれ任天堂とセガを指す隠語)と言われる。それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ フレッシュアイペディアより)

  • あつめて!カービィ

    あつめて!カービィから見た任天堂任天堂

    『あつめて!カービィ』は、任天堂より2011年8月4日に発売されたニンテンドーDS用ゲームソフト。あつめて!カービィ フレッシュアイペディアより)

  • 野上恒

    野上恒から見た任天堂任天堂

    野上 恒(のがみ ひさし、1971年 -)は、任天堂のゲームクリエイター。同社のゲームソフト『どうぶつの森』シリーズと『スプラトゥーン』シリーズのプロデューサーを務めている。野上恒 フレッシュアイペディアより)

  • 成人向けゲーム

    成人向けゲームから見た任天堂任天堂

    ゲーム業界も決して黙認していたわけではなく、早くからソニー・コンピュータエンタテインメント、セガ(後のセガゲームス)、任天堂などが自社のソフトに一定の自主規制を設けていた。また、2001年にはパッケージや広告などに「このゲームには暴力的な表現が含まれています。」という注意書きを記載することで、ユーザーなどへの啓発を行ってきた。成人向けゲーム フレッシュアイペディアより)

  • アートディンク

    アートディンクから見た任天堂任天堂

    ぼくらはカセキホリダー(発売元:任天堂)※任天堂、レッド・エンタテインメント、エムツーとの共同制作アートディンク フレッシュアイペディアより)

  • Team NINJA

    Team NINJAから見た任天堂任天堂

    板垣の後任の統括部長には長谷川仁が就いたが、遅くとも2009年3月時点で早矢仕洋介がチームリーダーとなっている。2010年には任天堂発売の『メトロイド アザーエム』(Wii)を開発した。2011年には『デッド オア アライブ ディメンションズ』、2012年には『NINJA GAIDEN 3』、『デッド オア アライブ5』が発売された。Team NINJA フレッシュアイペディアより)

  • 時雨殿

    時雨殿から見た任天堂任天堂

    技術面では任天堂が支援し、建築費用21億円は元財団理事長で任天堂相談役の山内溥個人が負担、さらに代表取締役専務の宮本茂がプロデュースを行った。時雨殿 フレッシュアイペディアより)

  • サードパーティー

    サードパーティーから見た任天堂任天堂

    家庭用のコンピュータゲーム専用機(コンシューマーゲーム)業界でのサードパーティーとは、任天堂やソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のようなゲーム機本体メーカー(ハードホルダー)以外のソフトウェア発売会社である。サードパーティー フレッシュアイペディアより)

2513件中 81 - 90件表示

「任天堂」のニューストピックワード