前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
331件中 1 - 10件表示
  • 任天堂

    任天堂から見た山内溥

    前社長山内溥の経営哲学を色濃く受け継ぎ、財界活動を一切行わない、(壮絶な失敗の経験から)他業種への進出は行わない、社訓や企業理念がなくても気にしないなど、山内の退任後も独特のスタンスを崩さず、無借金経営で潤沢な内部留保を元手にゲーム開発に取り組んでいる。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見た宮本茂

    1979年には開発課が分割され、開発第一部(部長・横井軍平)が携帯ゲーム機・ソフトの開発、開発第二部(部長・上村雅之)が据え置き型ゲーム機の開発、開発第三部(部長・竹田玄洋)がカートリッジなどの技術的な開発を行い、また後に情報開発部(部長・宮本茂)を新設し、据え置き型ゲーム機のソフトの開発を当たらせるという体制が1990年代初頭まで取られた。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見たウォルト・ディズニー・カンパニー

    1959年にはウォルト・ディズニー・プロダクションと提携し、ディズニー・トランプを発売。大人向け玩具と看做されていたトランプをカスタマイズして子供向け玩具として売り、大ヒットしたのをきっかけに、子供向け玩具(ボードゲームなど)業界に進出する。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見た岩田聡

    2002年には山内博が社長から退き、元HAL研社長の岩田聡を社長に据える。この際、ワンマン経営と呼ばれてきた任天堂の体質を大幅に変える、取締役による合議制の経営へとシフトした。新社長のもとゲーム産業のあり方を見直し、テクノロジー偏重型から方針転換を図るとともに、ゲーム人口の減少をとめるべく、ゲームに関心の無い層を新たに取り込むハードつくりに取り組んだ(ブルー・オーシャン戦略を応用したと言われることもあるが、当時はその概念が生まれる前である)。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見たポケットモンスター

    主要なゲームシリーズにマリオシリーズ(1983年-)、ゼルダの伝説シリーズ(1986年-)、星のカービィシリーズ(1992年-)、ポケットモンスター(1996年-)、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ(1999年-)、どうぶつの森シリーズ(2001年-)など。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見たニンテンドー3DS

    2011年にニンテンドー3DSを発表するものの、東日本大震災の影響で2011年4?6月期の連結営業損益が四半期決算を公表して以来初めて赤字となり、ニンテンドー3DSを発売から半年と経たぬうちに1万円値下げするなど大幅な方針転換を余儀なくされる。その後、初代DSと同じ発売42週で300万台突破となったものの、2012年2月には、1年に満たない発売52週目で累計500万台を記録し、日本市場のゲームプラットフォームとして過去最速での達成となった。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見たソニー・コンピュータエンタテインメント

    1994年にソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)がCD-ROM形式のゲーム機「PlayStation」を発売し、独自の流通システムやソフトの開発環境の容易さなどから大ヒットする。任天堂は据え置き型ゲーム機のトップシェアから陥落。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見た大阪証券取引所

    1962年 - 大阪証券取引所市場第二部および京都証券取引所に上場。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見たハドソン

    ハドソン (マリオパーティ など)任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見たコナミ

    コナミ (現・コナミデジタルエンタテインメント)(Dance Dance Revolution with MARIO)任天堂 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
331件中 1 - 10件表示

「任天堂」のニューストピックワード