188件中 91 - 100件表示
  • 任天堂

    任天堂から見たバーチャルボーイ

    1995年7月21日 - 3Dゲーム機「バーチャルボーイ」を発売。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見たラジコン

    上記の玩具のほか、以前には、「ウルトラハンド」、「ウルトラマシン」、「ラブテスター」、「光線銃シリーズ」、「テンビリオン」などの独自製品や、ルーレット、野球盤、ボードゲーム、ツイスター(ライセンス生産)、組立式コースター、組立ブロック、トランシーバー、ラジコンカー、人形といった玩具を製造・販売していた。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見たチート

    1990年にNintendo of Americaは「Nintendo Entertainment System」用のチート機である「ゲームジニー」が任天堂の著作権を侵害しているとして製造元であるLewis Galoob Toys, Inc.に販売差し止めを求める訴訟を起こした。アメリカ連邦地裁は仮差し止めを認めたが、1991年に、ゲームジニーは著作権を侵害していないとして仮差し止め命令を破棄。連邦控訴裁判所も地裁を支持して任天堂の訴えを退けた。また、仮差し止めによる損失の賠償としてLewis Galoob Toys, Inc.に対する1500万ドルの支払いを命じられた任天堂は、この金額についても争ったが、連邦控訴裁判所は再び退けた。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見たアニメーション映画

    2018年2月1日 - ユニバーサル・スタジオとの共同出資により、ユニバーサル傘下のイルミネーション・エンターテインメントと共同でスーパーマリオのアニメーション映画の製作を開始したことを発表。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見たDVD

    2002年前後に店頭で配布されていた季刊の無料冊子。当時の新作ゲームやE3の情報などが載っているほか開発者のインタビューの収録されているDVDなどが同梱した。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見たECサイト

    2016年3月17日より開始された任天堂の会員制サービス。ログイン時にはニンテンドーアカウントを利用する。登録費、会費は無料。ゲームソフトの購入や対応ソフトのプレイ等によりポイントが得られ、そのポイントを様々な景品と交換できる。また、登録されたプロフィールやゲームのプレイ状況に応じた通知が任天堂から届くほか、任天堂ホームページ上からのゲームソフトのダウンロード購入や体験版のダウンロード、任天堂が運営する販売サイト「マイニンテンドーストア」の利用が可能になる。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見たGoogle+

    2015年12月1日に登録がスタートしたアカウントサービス。従来のNNIDのほかにfacebook、Twitter、Google\+のアカウントを用いた登録も可能。後述の「マイニンテンドー」を利用する際に用いられる。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見た家庭用ゲーム機

    1970年代後期からは家庭用や業務用のコンピュータゲーム機の開発を開始。1983年(昭和58年)発売の家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」用ソフトとして1985年(昭和60年)に発売した『スーパーマリオブラザーズ』は世界的にヒットし、任天堂はゲーム機やゲームソフトを開発する会社として広く認知されるようになった。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見たパナソニックセンター東京

    パナソニックセンター東京(東京都江東区)と関西空港(大阪府)にある、任天堂のゲームを自由にプレイできる常設ショールーム。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見た野球盤

    上記の玩具のほか、以前には、「ウルトラハンド」、「ウルトラマシン」、「ラブテスター」、「光線銃シリーズ」、「テンビリオン」などの独自製品や、ルーレット、野球盤、ボードゲーム、ツイスター(ライセンス生産)、組立式コースター、組立ブロック、トランシーバー、ラジコンカー、人形といった玩具を製造・販売していた。任天堂 フレッシュアイペディアより)

188件中 91 - 100件表示

「任天堂」のニューストピックワード