前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
192件中 1 - 10件表示
  • 指数 (経済)

    指数 (経済)から見た物価指数物価

    経済学における指数(しすう、)または経済指数とは、経済分析のために、変動する数値の大小関係を比率の形にして表したもの。経済指数の代表的なものとしては物価指数と、数量指数とがある。指数 (経済) フレッシュアイペディアより)

  • うなぎのぼり

    うなぎのぼりから見た物価物価

    うなぎのぼり(鰻上り、鰻登り) は、物価や株の相場などが、何かをきっかけに急速に上昇して行く場合等に、その急速さを比喩するのに使用する言葉である。主に、副詞の形で使う。うなぎのぼり フレッシュアイペディアより)

  • ラスパイレス指数

    ラスパイレス指数から見た物価物価

    ラスパイレス指数(ラスパイレスしすう、)とは、ドイツの経済学者、が1864年に提案した、加重平均によって算出された指数。経済や金融の文脈でラスパイレス指数が使われる場合は、物価指数の一つを指す。詳しくは、物価指数を参照。ラスパイレス指数 フレッシュアイペディアより)

  • アーヴィング・フィッシャー

    アーヴィング・フィッシャーから見た物価指数物価

    フィッシャーは貨幣数量説を復活させて物価指数の初期の提唱者の1人となったほか、フィリップス曲線や無差別曲線への重要な貢献をおこなった。フィッシャーの分離定理を提案したと言われている。また国際フィッシャー効果およびフィッシャー方程式も彼にちなんで名づけられたものである。アーヴィング・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • 江戸の火事

    江戸の火事から見た物価物価

    大火が発生すると、焼失した江戸の再建に莫大な資材と費用を必要とした。そのため、大火が起きると江戸をはじめ全国の物価や景気が影響を受けた。頻発した江戸の火事は、江戸時代の経済成長を支える大きな要因であったといえる。再建に伴う支出は幕府にとって大きな負担となり、財政窮乏の一因となった。負担が大きかったのは町人も同様で、大店を構える大商人が、火事によって長屋住まいに転落することもあった。町入用の経費でも、防火・消火関連の支出が最も多いという状態であった。江戸の火事 フレッシュアイペディアより)

  • バックパッカー

    バックパッカーから見た物価物価

    フラッシュパッキング(flashpacking)、フラッシュパッカー(flashpacker)は裕福なバックパッカーを指す新語である。伝統的にバックパッキングが低予算の旅行と物価の比較的安い目的地に結び付けられてきたのと対照的に、フラッシュパッキングは単純には旅行中により多くの予算を使えるものとして定義される。バックパッカー フレッシュアイペディアより)

  • マクロ経済スライド

    マクロ経済スライドから見た物価物価

    年金のスライド方式には「マクロ経済スライド」、「物価スライド」、「賃金スライド」の3通りの考え方がある。2005年(平成17年)4月以前は、物価の動きによって見直される物価スライド制が採られていた。マクロ経済スライド フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た物価物価

    デフレーション()とは、物価が持続的に下落していく経済現象を指す。略してデフレとも呼ぶ。日本語では物価収縮。対義語に物価が持続的に上昇していく現象を指すインフレーション()がある。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • アンゴラ

    アンゴラから見た物価物価

    旧ポルトガル植民地であり、1961年からアンゴラ独立戦争を戦い、1975年に独立を達成した。独立後も1975年から2002年まで内戦が続いたが、内戦終結後は石油やダイヤモンドなどの豊富な資源を背景に急激な経済発展を続けている。しかし、1000万を越える敷設地雷や首都ルアンダの物価が世界一高いなど課題も多い。ポルトガル語諸国共同体、ポルトガル語公用語アフリカ諸国の加盟国であり、アフリカ最大のポルトガル語人口を擁する国である。アンゴラ フレッシュアイペディアより)

  • 国内総生産

    国内総生産から見た物価指数物価

    名目GDPと実質GDPはそれぞれインフレの調整を行っていないGDPと行ったGDPであるから、その比にあたるGDPデフレーターは、インフレの程度を表す物価指数であるのだと解釈できる。国内総生産 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
192件中 1 - 10件表示

「企業物価指数」のニューストピックワード