129件中 91 - 100件表示
  • 禄物価法

    禄物価法から見た物価物価

    国によって多少の差異があるものの、稲穀を介在させる形で当時のおおよその物価の状況を知る事が出来る史料となっている。禄物価法 フレッシュアイペディアより)

  • モンパルナス

    モンパルナスから見た物価物価

    モンパルナスは1900年代までは、北隣の大学地区、カルチェ・ラタンに通う学生の下宿や荒地が広がっていた場所で、家賃や物価はじめ、何もかもが安いさびれた郊外であり、区画整理が進んで市街地化した1900年代後半になっても基本的な変化はなかった。世界中から集まった金のない画家、彫刻家、小説家、詩人、作曲家たちは、安い家賃や物価のため、また創造的な環境に身を置いて成功のチャンスを掴むため、「ラ・ルーシュ(La Ruche)」のような集合住宅に住み、芸術家のコミューンを作り上げた。ラ・ルーシュではマルク・シャガール、アメデオ・モディリアーニ、シャイム・スーティンらが水道や暖房のないアトリエで、ネズミやシラミに苦しみながら、食べるために作品をわずかな金で売っていた。ジャン・コクトーはかつて、モンパルナスでは貧困すら贅沢だと言った。キュビスムやフォーヴィスムを支援したヘンリー・カーンワイラーなどの画商に見出され、売り出されたこれらの芸術家の作品は、今日では数億円の値で取引されるほどになっている。モンパルナス フレッシュアイペディアより)

  • 円相場

    円相場から見た物価物価

    為替相場が円高になると、海外からの原材料や食料品、石油などの輸入品が値下がりするので、物価が下がる。物価の下落は金利の低下に繋がるので、為替相場の円高は金利の低下に繋がる。円相場 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ帝国銀行

    ドイツ帝国銀行から見た物価物価

    第一次世界大戦までは物価の安定に尽力したが、戦争がはじまるとパピエルマルクという紙幣を増刷し、従来のマルク(パピエルマルクと区別するため、金マルクと呼ばれるようになった)を発行しなくなった。さらに、敗戦後に莫大な賠償金を請求されるとパピエルマルクを大量に印刷し、総裁職の帝国宰相任命制・終身制も災いして1922年から1923年にかけてのハイパーインフレーションを引き起こしたが、ライヒ通貨委員で銀行家のヒャルマル・シャハト(1923年末から帝国銀行総裁)がレンテンマルクやライヒスマルクの導入を行うことによってインフレが沈静化した。組織面では連合国の圧力により、1922年には、新たなライヒスバンク法により帝国銀行の総裁人事は帝国宰相ではなく取締役会が掌握することとなった。さらに1924年のドーズ案によって総裁は14人のメンバーからなる「監理会(Generalrat)」が選出するようになった。監理会のメンバーのうち、半数の7人は英国、フランス、イタリア、アメリカ合衆国、ベルギー、オランダ、スイスという外国からの金融専門家や政府関係者が占めた。ドイツ帝国銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 狂乱物価

    狂乱物価から見た物価物価

    狂乱物価(きょうらんぶっか)とは、1973年10月6日に勃発した第四次中東戦争に端を発した第一次オイルショックによってもたらされた、1974年の日本の物価の異常な高騰のこと。名付け親は政治家の福田赳夫。狂乱物価 フレッシュアイペディアより)

  • アイスランド

    アイスランドから見た物価物価

    クレジット機能付きIDカードやインターネットバンキングなどによりキャッシュレス決済が進み、現金決済が著しく少ない(GDP比1%以下)ことで有名である。背景には1980年代に経済の中心が漁業で、水産物の価格に振り回され物価がインフレーションとなったため、決済が不足気味の現金から小切手へ切り替わっていったことが挙げられている。アイスランド フレッシュアイペディアより)

  • 両

    から見た物価物価

    1両が現在の貨幣価値に換算したらどの程度になるかは諸説ある。相対的な価値は慶長期と急激な下落を見た幕末期では概ね一桁以上は異なる上に、生活様式が現在と全く異なるため物価基準であるか賃金基準であるかにより、さらに物価も品目により大きく異なる。中学校歴史教科書では「小判1両は、江戸時代初めには今の10万円ほどの価値があったが、幕末には3,000円-4,000円程度まで価値が下がってしまった」と記述しているものがある(五味文彦・高橋進・斎藤功ほか45名『新編新しい社会 歴史』東京書籍、2009年)。 フレッシュアイペディアより)

  • 年金

    年金から見た物価物価

    年金を受給し始めた年(65歳)以降の年金額(名目額)は物価の上昇に応じて改定されるが、通常は物価上昇よりも賃金上昇率の方が大きいため、その時々の現役世代の所得に対する比率は低下していく。マクロ経済スライドによる調整期間においては、新たに年金を受給し始める者だけでなく、既に年金を受給し始めている者についても年金改定が緩やかに抑制され、年金額の現役世代の所得に対する比率は低下する。ただし、名目の年金額は、物価や賃金が下がる場合を除き、下がる事はない。年金 フレッシュアイペディアより)

  • サンマリノ

    サンマリノから見た物価物価

    経済成長率は2.4パーセント(2005年)、失業率は1.4パーセント(2007年)、物価上昇率は2.0パーセント(2007年)である。サンマリノ フレッシュアイペディアより)

  • 貨幣

    貨幣から見た物価物価

    計量可能なモノを貨幣に交換することで、モノの価値を保蔵することができる。例えば、モノとしての大根1本は腐敗すれば消滅するが、貨幣に換えておけば将来大根1本が入手可能となる。あるいは「大根1本の価値」を保蔵できる。ただし、自由な取引の元では通貨価値ないし物価変動により貨幣で入手できるモノの量は増減することがあり、貨幣による価値の保蔵機能は完全ではない。貨幣 フレッシュアイペディアより)

129件中 91 - 100件表示

「企業物価指数」のニューストピックワード