192件中 101 - 110件表示
  • サプライサイド経済学

    サプライサイド経済学から見た物価物価

    総需要曲線と総供給曲線の交点において国民所得と物価水準が決定されるが、サプライサイド経済学 フレッシュアイペディアより)

  • 独立新聞

    独立新聞から見た物価物価

    ヨコ 22cm×タテ33cmのタブロイド判サイズの4面構成で、1?3面まではハングルで4面は英語で書かれていた。 内容は1面には主に論説、2面には官報・外国通信・雑報、3面には物価・郵逓時間割り・広告などを載せた。4面《The Independent》は社説やローカル記事・官報などを英語で掲載した。独立新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 本田悦朗

    本田悦朗から見た物価物価

    また、日本銀行法の改正を主張しており、政策目的として物価の安定と雇用の最大化を記載するよう主張している。具体的な目標値については「雇用が悪ければ物価(目標)は4%ぐらいにしないといけない」 と指摘している。ただ、内閣に日本銀行総裁の罷免権を与える必要はないとの考えを採っている。望ましい総裁の人物像として「個人的には岩田規久男・学習院大教授など、インフレ目標の理念を理解している人がよい」 と語っている。民自公の三党合意に基づく消費税増税法案に対しては、「基本原則としては、デフレ下で増税はやってはいけない」 と述べるなど否定的な見解を表明している。本田悦朗 フレッシュアイペディアより)

  • 戸川安行

    戸川安行から見た物価物価

    このように旗本札に固執していたのは、元禄以降の貨幣経済の発達が物価の相対的上昇を招き、江戸屋敷での出費と商人からの借金の返済額が増大したために、地元は常に通貨が慢性的に不足し経済が停滞して収入が先細りしたからであろう。戸川安行 フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・デ・アスピルクエタ

    マルティン・デ・アスピルクエタから見た物価物価

    教会法の権威として名高く、『聴罪師と悔悛者の手引き』を著したほか、ドミンゴ・デ・ソトによって発展した16世紀サラマンカ学派の経済理論を継承発展させた。著書『徴利明解論』で「貨幣数量説」を展開し、新大陸からの金銀の流入により貨幣数量が増大してその価値が下落し物価騰貴が起こった、と価格革命のメカニズムを解明した(この学説は、一般に「数量貨幣説」の始祖とされているボダンよりも時期的に先行している)。また彼は、当時盛んであった貨幣取引(為替取引)に対して行われていた宗教上の非難から、この取引を弁護するために、後年「購買力平価説」といわれた理論を提唱した。マルティン・デ・アスピルクエタ フレッシュアイペディアより)

  • マイナス金利

    マイナス金利から見た物価物価

    マイナス金利(マイナスきんり)とは経済学用語の一つであり、金利がマイナスになるということ。超低金利の時期ならば短期金利が一時的にマイナスになることもある。またインフレーション時で物価上昇率が高い時期の低金利の預金ならば名目金利がプラスであっても実質金利がマイナスとなっていることもある。マイナス金利 フレッシュアイペディアより)

  • 闇市

    闇市から見た物価物価

    闇市(やみいち、)何らかの物価を統制する体制下で物資が不足した状況における、統制に外れ非合法に設けられた独自の市場経済原理で取引を行う市場。「ヤミ市」と表記する場合もある。闇市 フレッシュアイペディアより)

  • 風間直樹

    風間直樹から見た物価物価

    2013年3月15日の参議院本会議において、黒田東彦を日本銀行総裁に起用する人事案の採決で民主党の賛成方針に反して反対票を投じた。風間は「黒田日銀が予定する国債大量購入と超金融緩和は抑制不可能な物価上昇を招く可能性高く、貨幣価値を低落させ国民生活の破綻をもたらすもの」と投票理由を説明。同月18日、党による厳重注意処分を受けた。風間直樹 フレッシュアイペディアより)

  • ミルトン・フリードマン

    ミルトン・フリードマンから見た物価物価

    フリードマンは、ケインズ政策はスタグフレーションに繋がるとし、ケインズ政策の実行→景気拡大→失業率の低下→インフレ期待の上昇→賃金の上昇→物価の上昇→実質GDP成長率の低下→失業率の再上昇というメカニズムで、結果的に物価だけが上昇すると主張している。ミルトン・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • 通貨

    通貨から見た物価物価

    日本の場合は、日本の中央銀行である日本銀行が通貨を管理している。紙幣発行権は日銀が有し、政府は硬貨だけを発行するという制度は、政府の通貨乱発を防ぐためのものである。中央銀行は通貨を保証しなければならず、通貨の価値を下げないよう、つまり物価を安定させなければならない。インフレーション(物価上昇)、デフレーション(物価下落)のどちらの現象も回避するため、中央銀行は通貨供給量の動きを監視し、市場に出回る通貨量が適量になるように調整する。通貨 フレッシュアイペディアより)

192件中 101 - 110件表示

「企業物価指数」のニューストピックワード

  • Beyond The Borderline

  • クノール ポタージュで食べる豆と野菜