192件中 111 - 120件表示
  • 畠山和也

    畠山和也から見た物価物価

    2017年に引き上げ予定の消費税10%への増税に反対。2015年7月19日の衆議院農林水産委員会の質疑で円安による物価上昇に触れつつ「消費税の8%増税も生活基盤を脅かしています。」と発言した。畠山和也 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の経済

    2017年の経済から見た物価物価

    9日 - 参議院財政金融委員会にて、プリンストン大学のクリストファー・シムズらが提唱し、財政政策が物価の決定を主導するとした、(いわゆる「シムズ理論」)について、黒田東彦日本銀行総裁が否定的な見解を示し、麻生太郎財務大臣は自身の在任中に採用することはないと明言。2017年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 近江天保一揆

    近江天保一揆から見た物価物価

    天保12年5月15日(1841年6月21日)第12代将軍徳川家慶は江戸城大広間に幕府要職者を集め、改革の趣意に従うように命じ、綱紀粛正と冗費倹約を求める厳しい申し渡しを行い、天保の改革が始まった。天保の改革は『貨幣経済・消費生活』に対抗する『農本主義・経費削減』を基本原則とした禁欲的な政治改革で、『奢侈禁止令・倹約令』が出されると共に、天保12年11月(1841年12月)には、物価引下げを目的として『株仲間の解散』、重農主義と年貢収入増加の観点から江戸に流入している農村出身者を帰らせる『人返し令』が出された。併せて、幕府財政の根幹である年貢増の抜本策として検地による幕府年貢収入増加が目指された。近江天保一揆 フレッシュアイペディアより)

  • Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム-

    Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム-から見た物価物価

    作中の日本での通貨単位は円であり、物価は現実世界での21世紀初頭の日本と同じくらいである。Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム- フレッシュアイペディアより)

  • 貧困線

    貧困線から見た物価物価

    絶対的貧困率と違い数学的な指標なので主観が入りにくいとされるが、国によって「貧困」のレベルが大きく異ってしまうという可能性を持つ。この為、先進国に住む人間が相対的貧困率の意味で「貧困」であっても、途上国に住む人間よりも高い生活水準をしているという場合と先進国においては物価も途上国より高く購買力平価を用いた計算をすると途上国よりも生活水準が低い場合が存在する。貧困線 フレッシュアイペディアより)

  • 軍事費

    軍事費から見た物価物価

    軍事費は各国ごとの軍事力の比較にしばしば用いられてはいるが、国ごとにその定義・内訳には大きな差異があり、さらに物価水準や購買力平価の差異もあるので、それらを考慮しなければ、あまり正確な比較とはならない。軍事費 フレッシュアイペディアより)

  • 享保の改革

    享保の改革から見た物価物価

    江戸の都市政策は南町奉行の大岡忠相が主導し、町奉行所や町役人の機構改革を行う。火事対策は町火消し組合の創設に留まらず、防火建築の奨励や火除地の設定、町代の廃止や町名主の減員など、町政改革を伴うもので税金の収入などがあった。米価や物価の安定政策、貨幣政策も行った。下層民対策では、目安箱の投書から貧病民救済を目的とした小石川養生所を設置し、諸藩にも踏襲された。私娼や賭事、心中など風俗取締りや出版統制も行った。享保の改革 フレッシュアイペディアより)

  • 宝永地震

    宝永地震から見た物価物価

    これに対して新井白石は、「去年の御物成を以て今年の用に充てることを重秀が知る処かはさておき、御聴を驚かして、その思うところを遂ぐべきため也」と改鋳に反対し、「悪質なものを出せば天譴 をうけて天災地変を生ずるおそれがある」として改鋳の議は中止となった。しかし、翌宝永7年3月6日(1710年4月4日)以降、質を落とした永字銀などが将軍の決裁を得ることなく内密に発行された。大地震など相次ぐ天災の対策費として幕府が改鋳による出目を必要としていたのは事実であったが、立続けの改鋳による低品位の銀貨が多量に発行され、物価が数倍にも騰貴した。これにより元禄文化は終止符を打つことになった。また、徳川綱吉の頃までの将軍による親政から荻原重秀らの幕閣政治へと変貌する時代の転機でもあった。宝永地震 フレッシュアイペディアより)

  • 貨幣史

    貨幣史から見た物価物価

    現在では、国家は流通の安定のために法律によって貨幣に強制通用力を持たせている。これを特に法定通貨・信用貨幣という。このため、交換の媒介として所定の通貨の使用を拒否することは通常できない。また、この法定通貨は支払完了性を有しており、取引を無条件に完了させる決済手段となる。かつてはさまざまな銀行が銀行券を発行できたが、現在では中央銀行が銀行券の発行を独占している国が多い。中央銀行は、物価の安定、雇用の維持、経済成長の維持、為替レートの安定などを目的として金融政策を行っている。貨幣史 フレッシュアイペディアより)

  • 貨幣数量説

    貨幣数量説から見た物価物価

    貨幣数量説(かへいすうりょうせつ、)とは、社会に流通している貨幣の総量とその流通速度が物価の水準を決定しているという経済学の仮説。物価の安定には貨幣流通量の監視・管理が重要であるとし、中央政府・通貨当局による通貨管理政策の重要な理論背景となっている。貨幣数量説 フレッシュアイペディアより)

192件中 111 - 120件表示

「企業物価指数」のニューストピックワード

  • Beyond The Borderline

  • クノール ポタージュで食べる豆と野菜