192件中 11 - 20件表示
  • 物価スライド

    物価スライドから見た物価物価

    物価スライド(ぶっかすらいど)とは物価の変動に応じて、金銭の支給・供給額を下げること。物価スライド フレッシュアイペディアより)

  • 均輸・平準法

    均輸・平準法から見た物価物価

    物価が下落したときに政府が商品を購入し、物価が高騰したときに売り出す。これで財政収入を増やすが、商売に政府が介入するということで反対が多かった。均輸・平準法 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州中央銀行制度

    欧州中央銀行制度から見た物価物価

    欧州連合加盟国はそのすべてがユーロを導入しているわけではないため、欧州中央銀行制度はユーロ圏における通貨政策を担うというものではない。このためユーロを導入していない加盟国の中央銀行がその体制から除かれるユーロシステムが本来欧州中央銀行制度が担うべき通貨政策を運営している。ローマ条約とこれに付帯する欧州中央銀行制度および欧州中央銀行に関する議定書によると、ユーロシステムの主たる目的は物価の安定、言い換えるとインフレーション統制である。ユーロシステムはこの目的に反しない限りにおいて欧州連合の一般経済政策を支え、また開放的な市場経済の原則に則って行動することとされている。欧州中央銀行制度 フレッシュアイペディアより)

  • 省人化

    省人化から見た物価物価

    消費者は、物価の安定・低下が期待できる。省人化 フレッシュアイペディアより)

  • 基準改定

    基準改定から見た物価指数物価

    産業構造(数量指数ではウェイト、物価指数ではシェアと呼ぶことが多い)を毎年変更することは多大な労力を要するため、基準改定の際に変更する。例えば、「2000年基準」と統計の説明書きにあった場合には、2000年の産業構造を基にして計算された指標ということになる。なお、2000年代に入り毎年ごとに産業構造を計算する連鎖指数が注目されている。基準改定 フレッシュアイペディアより)

  • 古典派の公準

    古典派の公準から見た物価物価

    (賃金財産業の)労働生産性の引き上げによって物価(賃金財)を引き下げ、実質の賃金率(名目賃金/物価)を高める。古典派の公準 フレッシュアイペディアより)

  • ファンダメンタル

    ファンダメンタルから見た物価物価

    マクロ経済においては、雇用・生産・物価などの基礎的な事項を指す。それら基礎的な事項を元に、金利や資産価格などが正当化される。ファンダメンタル フレッシュアイペディアより)

  • 打ちこわし

    打ちこわしから見た物価物価

    都市における最初の打ちこわしは、元禄16年(1703年)に長崎で発生し、享保18年(1733年)には江戸でも初めて発生した。それ以後も飢饉や政情不安などによりしばしば発生し、特に物価が急に上がった幕末にかけて増加した。打ちこわし フレッシュアイペディアより)

  • 金融政策委員会

    金融政策委員会から見た物価物価

    金融政策委員会は総裁、2名の副総裁、チーフ・エコノミスト、エグゼクティブ・ディレクター、4名の外部委員(外部委員は3年ごとに入れ替え。財務大臣より任命される)からなる9名の委員で構成され、それぞれ平等に1票ずつ有している。会合の議長は総裁が務め、最後に票を投じるのも総裁となっている。これは決定投票となった場合その票を実際上の決議とするからである。また会合には大蔵省の代表者が投票権を持たないオブザーバーとして参加する。会合の内容は行内エコノミストや地域代表者がイギリス経済、世界経済に関する資料の提示をし、それを各委員が精査するということが行われていて、決議を取りまとめる第一の目的は、政府が定めたインフレターゲットに基づき物価の安定を図ること。第二が成長や雇用に関わる政府の経済政策を支援することである。金融政策委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 米価

    米価から見た物価物価

    米価(べいか)とは、米の値段。近代以前の日本においては物価の基準であり、近代以後も日本国民の主食の値段である米価は「物価の王様」と称されて、歴代政府の経済政策に重要な影響を与えた。米価 フレッシュアイペディアより)

192件中 11 - 20件表示

「企業物価指数」のニューストピックワード