129件中 11 - 20件表示
  • アンゴラ

    アンゴラから見た物価物価

    旧ポルトガル植民地であり、1961年からを戦い、1975年に独立を達成した。独立後も1975年から2002年まで内戦が続いたが、内戦終結後は石油やダイヤモンドなどの豊富な資源を背景に急激な経済発展を続けている。しかし、1000万を越える敷設地雷や首都ルアンダの物価が世界一高いなど課題も多い。ポルトガル語諸国共同体、ポルトガル語公用語アフリカ諸国の加盟国であり、アフリカ最大のポルトガル語人口を擁する国である。アンゴラ フレッシュアイペディアより)

  • バックパッカー

    バックパッカーから見た物価物価

    フラッシュパッキング(flashpacking)、フラッシュパッカー(flashpacker)は裕福なバックパッカーを指す新語である。伝統的にバックパッキングが低予算の旅行と物価の比較的安い目的地に結び付けられてきたのと対照的に、フラッシュパッキングは単純には旅行中により多くの予算を使えるものとして定義される。バックパッカー フレッシュアイペディアより)

  • 貧困線

    貧困線から見た物価物価

    貧困線が、どの収入水準に引かれるかは場所によって違うが、1国の中ではばらつきがあるものの、一定の範囲内に収まる。このばらつきは、場所により生活に必要な収入が違うために起きる。都市部と農村部では物価の差があり、温暖な地方と寒冷な地方では光熱費に大きな差が生じるなど、国の中でも場所により貧困線は上下する。貧困線 フレッシュアイペディアより)

  • 物価スライド

    物価スライドから見た物価物価

    物価スライド(ぶっかすらいど)とは物価の変動に応じて、金銭の支給・供給額を下げること。物価スライド フレッシュアイペディアより)

  • 独考

    独考から見た物価物価

    真葛は、貨幣経済が急速に浸透した当時の社会を「金銀を争う心の乱世」と表現した。真葛によれば、町人は日々物価をつり上げて商品の品質を下げることを考え、農民は年々年貢の削減を企図しており、武士は、この「心の乱世」では百姓からも町人からも攻撃を受けている。とりわけ町人の力は強大であり、藩財政は大商人からの借金によってまかなうよりほかない状況に陥っている。しかし武士たちは置かれた状況をおよそ自覚することなく、さほど強い危機感をいだいていない。真葛は、それを武家、とりわけ領主に近い立場から憤りをもって眺めていたのである。独考 フレッシュアイペディアより)

  • スライド法

    スライド法から見た物価物価

    指数の例としては、地代と家賃と共通して挙げられるものに、消費者物価指数、物価指数、国内総生産等が挙げられる。地代の場合は、地価の変動指数、家賃の場合は建築費指数、オフィスビル仲介業者による賃料等動向調査などが挙げられる。スライド法 フレッシュアイペディアより)

  • 貿易における重力モデル

    貿易における重力モデルから見た物価物価

    重力モデルには、しばしば、所得水準や一人当たりGDP、物価水準、言語関係、関税、国境を接するか否か、植民地の経緯(一方が他方を植民地にしたことがあるか否か)といったものを反映する変数を含める。重力モデルはまた、貿易に関する条約や同盟関係の影響を評価するために、国際関係論でも用いられてきた。そして、貿易協定やNAFTA、WTOのような組織の有効性が検定されてきた。貿易における重力モデル フレッシュアイペディアより)

  • 罰金等臨時措置法

    罰金等臨時措置法から見た物価物価

    古い刑罰法規の中には、物価変動により罰金や科料の額が現在の物価からするとかなり安くなってしまった規定もある。そのような事情に対応するために、財産刑の額が個々の刑罰規定における額に関わらず、一定額への引き上げを規定している。罰金等臨時措置法 フレッシュアイペディアより)

  • 市司

    市司から見た物価物価

    都の東西に置かれていた市を監督する。市における不正及び犯罪の防止や交易における度量衡の管理、物価の監視などにあたる他、時に応じて公用に供する物資の調達にもあたったとされている。また、10日ごとに(「延喜式」では毎月1度)市における時価を上中下の3等に分けて(その中でも更に高値安値などの3段階表記をしたため、実質は9等)その時々の物価を調査した「估価帳」を作成して属する京職に対して提出した。市司 フレッシュアイペディアより)

  • マクロ経済スライド

    マクロ経済スライドから見た物価物価

    マクロ経済スライドの仕組みは、賃金や物価がある程度上昇する場合(調整率を上回る場合)にはそのまま適用されるが、賃金や物価の伸びが小さく、この仕組みを適用すると名目額が下がってしまう場合には、調整は年金額の伸びがゼロになるまでに留められ名目の年金受給額はを下がることは無いとされる(法27条の4第1項ただし書、27条の5第1項ただし書)。マクロ経済スライド フレッシュアイペディアより)

129件中 11 - 20件表示

「企業物価指数」のニューストピックワード