129件中 21 - 30件表示
  • 古典派の公準

    古典派の公準から見た物価物価

    (賃金財産業の)労働生産性の引き上げによって物価(賃金財)を引き下げ、実質の賃金率(名目賃金/物価)を高める。古典派の公準 フレッシュアイペディアより)

  • 特定都市鉄道整備促進特別措置法

    特定都市鉄道整備促進特別措置法から見た物価物価

    最も確実性が高いのは、運賃の値上げにより、逸走旅客による減収を補填して余るほどの収入の増加を達成することである。しかしながら、値上げをすれば利用者の反発もあり、また隣接路線への逸走等が予想以上に深刻化することもありえる。特に後年よりインフレ率の高かった高度成長期、都市部における革新政党の躍進とも相俟って、物価問題は公共料金値上げへの批判に容易に転嫁し、その声は非常に大きかった。また、運賃値上げと逸走の関係については、日本国有鉄道(国鉄)が1975年以降から1980年代初頭にかけ、大幅な値上げを行った際、大都市でも発生した例(いわゆる国鉄離れ)があり、立法当時はそれから余り年月を経ず、記憶に新しかった。特定都市鉄道整備促進特別措置法 フレッシュアイペディアより)

  • 里の秋

    里の秋から見た物価物価

    インフレ : 昭和22年7月時点で、一般物価は戦前(昭和9 - 11年の平均)の65倍、米価は32倍と政府が発表。また、昭和21年8月の厚生省の調査結果では標準家庭1ヵ月の収入504円40銭に対し、支出が844円80銭であった。里の秋 フレッシュアイペディアより)

  • 水道哲学

    水道哲学から見た物価物価

    水道哲学(すいどうてつがく)とは、松下幸之助の語録に基づく経営哲学である。水道の水のように物資を潤沢に供給することにより、物価を低廉にし消費者の手に容易に行き渡るようにしようという思想である。水道哲学 フレッシュアイペディアより)

  • ユタ州立大学

    ユタ州立大学から見た物価物価

    ユタ州の物価は全米平均よりやや低め(2008年現在)。ユタ州立大学 フレッシュアイペディアより)

  • 消費生活条例

    消費生活条例から見た物価物価

    消費者の権利の明記、消費者の利益擁護に関する総合的施策の推進、消費者の安全や消費者との取引公正確保(商品又はサービスについての適正な取引行為)、消費者苦情の適切かつ迅速な処理に冠する施策、消費者訴訟の援助、物価上昇の恐れがある生活関連物資に関する流通の円滑化及び価格の安定の調査について規定されている。消費生活条例 フレッシュアイペディアより)

  • デフレ手当て

    デフレ手当てから見た物価物価

    デフレ手当て(でふれてあて)は、政府通貨を発行し、インフレになるまで、定額給付金を続ける、構想・制度。物価の安定による、景気回復が目的となる。デフレ手当て フレッシュアイペディアより)

  • 朴南基

    朴南基から見た物価物価

    2009年11月30日、国内でウォンを100分の1にするデノミを実施。この指示を行った人物として朴南基の名が報道された。通貨の交換に当たっては一世帯あたり10万ウォン(非公式レートで約3,000円)の上限額が設けられ、それを超える現金は事実上、政府に没収されることとなった。地下資金の流通を阻止や闇市場の利権構造を破壊し、物価を安定させることが目的であったとされるが、ただでさえ少ない物資の売り惜しみが発生し、物価の高騰から餓死者が出たとの報道もあった。政権中枢部は、早い段階でデノミ政策が失敗であったと判断。2010年2月には更迭説が出されたほか、同年3月10日頃に「民族反逆罪」で公開処刑(銃殺刑)に処せられたとされている。朴南基 フレッシュアイペディアより)

  • トイロ

    トイロから見た物価物価

    これはユーロ導入により物価が上昇したと云われたことによるが、実際には大きなインフレーションは起こっていないとされている。トイロ フレッシュアイペディアより)

  • 準郊外

    準郊外から見た物価物価

    その後、アメリカの都市部の治安は改善してきており、街が再活性化してきているのだが、それに伴って、物価が急上昇を続けており、大きな庭を求める中流階級の人々や、工場などは、郊外のさらに外へ外へと移らざるを得ない。結果、2000年代になっても準郊外は拡がりつづけている。準郊外 フレッシュアイペディアより)

129件中 21 - 30件表示

「企業物価指数」のニューストピックワード