129件中 31 - 40件表示
  • 諸色

    諸色から見た物価物価

    諸色(しょしき)とは、江戸時代において物価を指した言葉。一般的には米を除いた日常品の価格を指す場合が多い。諸色 フレッシュアイペディアより)

  • 価格革命

    価格革命から見た物価物価

    価格革命(かかくかくめい、price revolution)とは、大航海時代以降の世界の一体化にともなって、16世紀半ば以降、メキシコ、ペルー、ボリビアなどアメリカ大陸(「新大陸」)から大量の貴金属(おもに銀)が流入したことや、かつては緩やかな結びつきであったヨーロッパ等各地の商業圏が結びついたこと(商業革命)で需要が大幅に拡大されたことで、全ヨーロッパの銀価が下落し、大幅な物価上昇(インフレーション)がみられた現象をさす。なお、川北稔は、価格革命の要因を16世紀西欧における人口急増に求めている。価格革命 フレッシュアイペディアより)

  • 公定価格

    公定価格から見た物価物価

    公定価格(こうていかかく)とは政府が物価の統制のために指定した物品の最高販売価格のこと。公定価格 フレッシュアイペディアより)

  • 実質経済成長率

    実質経済成長率から見た物価物価

    名目GDP=実質GDPXGDPデフレーター(物価)実質経済成長率 フレッシュアイペディアより)

  • 南鐐二朱銀

    南鐐二朱銀から見た物価物価

    一方、丁銀から南鐐二朱銀への改鋳が進行するにつれ、市中における秤量銀貨の不足により銀相場の高騰を招き、天明6年(1786年)には金1両=銀50匁をつけるに至った。この様な銀相場の高騰は江戸の物価高につながるため、田沼意次の政治を批判する立場であった松平定信を中心に進められた、寛政の改革の一環として、天明8年4月(1788年)に南鐐二朱銀の鋳造を中断し、南鐐二朱銀から丁銀への改鋳が進行した。南鐐二朱銀 フレッシュアイペディアより)

  • 改税約書

    改税約書から見た物価物価

    これにより、輸入品価格の35%ないし5%をかける従価税方式であった関税が、4年間の物価平均で定まる原価の一律5%を基準とする従量税方式に改められた。そのため、外国商品は国内の物価上昇(インフレーション)に即応しない安価な商品が大量に流入することとなり、国際貿易収支を不均衡にしたのみならず、日本における産業資本の発達が著しく阻害された。一方、高価格の外国商品の輸入には有利であり、外国品輸入がおおいに促進された。改税約書 フレッシュアイペディアより)

  • 幕末の通貨問題

    幕末の通貨問題から見た物価物価

    これは激しいインフレーションを意味し、物価は乱高下しながらも、激しい上昇に見舞われた。また新小判でさえ鋳造量は少数にとどまり、実際に通貨の主導権を制したのは、さらに一両当りの含有金量が低く、鋳造量が圧倒的に多い万延二分判であった。一両当りの含有金量としては慶長小判の約11.4分の一に低下したことになる。このため幕末期の商品価格表示は流通の少ない小判の代わりに有合せの二分判および二朱判などを直立てとする「有合建(ありあいだて)」が行われるに至った。幕末の通貨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の大韓民国

    2009年の大韓民国から見た物価物価

    6月23日 - 韓国銀行、5万ウォン札発行。この日、3,292万枚(1兆6,462億ウォン分)が市中に供給された。従来の韓国の最高額紙幣は1973年発行の1万ウォン札(2009年の同日時点で流通している1万ウォン札は2007年発行のものが最新)だったが、物価の上昇に応じて、36年ぶりに更新された。また、5万ウォン札には16世紀の女性芸術家申師任堂の肖像が描かれており、韓国の紙幣に女性がデザインされるのは初めてとなった。 。2009年の大韓民国 フレッシュアイペディアより)

  • タブロイド思考

    タブロイド思考から見た物価物価

    例えば、物価が高騰したという社会的な事象があれば、その理由は「大企業が金儲けに奔走しているためである」とか、それと対比的に「怠け者の貧乏人を支援するため、不要な社会福祉などがあるからである」などという決めつけが、この思考の類である。タブロイド思考 フレッシュアイペディアより)

  • 九頭竜ダム

    九頭竜ダムから見た物価物価

    一連の開発に伴い、和泉村にあった530戸の民家、191ヘクタールの農地、868ヘクタールの森林、81キロメートルの道路が水没することとなった。1962年(昭和37年)、電源開発・北陸電力両社はダム建設に伴う水没補償について、御母衣ダムにおける事例を基に検討した。しかし、これを和泉村に提出したところ、ことごとく拒否されてしまった。電源開発は御母衣ダムにおける補償基準が最高だと考えていたが、御母衣ダムから現時点までの物価上昇が考慮されていないこと、御母衣ダムよりも標高が低いだけ土地の利用価値は高いはずであることを拒否の理由に挙げた。さらにダム完成後、上流に取り残される集落について対策を検討するよう付け加えた。電源開発は現地調査所をいったん閉鎖し、補償が決まるまでは着工しないという構えをとった。この手法はのちに九頭竜方式と呼ばれ、同社は以後の開発をもっぱらこの方式にならって行うようになった。この問題に福井県が調停に乗り出し、交渉が再開される。同年12月、雪深まる和泉村には60名の用地担当者が居残りで職務に就いていた。この冬は70年ぶりの豪雪で、ブルドーザーも使い物にならないほどの積雪を記録したが、担当者たちは人力によって除雪を行った。豪雪の際は家に引きこもるのが当然だった村民にとって、この行動は驚くべきものであった。これが開発への理解を得るきっかけとなったという。九頭竜ダム フレッシュアイペディアより)

129件中 31 - 40件表示

「企業物価指数」のニューストピックワード