129件中 41 - 50件表示
  • 享保小判

    享保小判から見た物価物価

    金品位を上げたのであったが、産金量はすでに衰退しており、品位の低い元禄金および量目の少ない宝永金の回収による吹き替えが主流であったため通貨量が縮小し、また徳川吉宗の政策による米の増産も重なり、次第に物価特に米価が下落し、不況に陥ることになり、年貢米の換金効率の低下から武士層は困窮することになった。また、宝永4年(1707年)に藩札の発行が禁止されていたが、各藩からの要望に加えて通貨不足の緩和策として、幕府は享保15年6月(1730年)に藩札発行を解禁することとなった。享保小判 フレッシュアイペディアより)

  • 天保小判

    天保小判から見た物価物価

    このような含有金量の低下および、名目貨幣の増加は飢饉の影響も手伝って、物価を次第に上昇させた。天保小判 フレッシュアイペディアより)

  • 洞峰公園

    洞峰公園から見た物価物価

    しかし、洞峰沼改修工事では根本的な水不足は解消できず、完工の翌年と翌々年には大旱魃(かんばつ)に見舞われた。茨城県は農民の窮状を見て霞ヶ浦から水を引く小野川用水の計画を立案した。当初は霞ヶ浦からこの地まで水が引けるわけがないという意見が多かったが、1936年(昭和11年)3月に事業着手に漕ぎ着けた。事業開始後も物価高騰、建設地の土質不良など多くの困難に直面したが、1938年(昭和13年)6月に総工費18万円をかけた事業は完成を見た。工費は半分を国が、4分の1を茨城県が、残る4分の1を地元が負担した。洞峰公園 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州中央銀行制度

    欧州中央銀行制度から見た物価物価

    欧州連合加盟国はそのすべてがユーロを導入しているわけではないため、欧州中央銀行制度はユーロ圏における通貨政策を担うというものではない。このためユーロを導入していない加盟国の中央銀行がその体制から除かれるユーロシステムが本来欧州中央銀行制度が担うべき通貨政策を運営している。ローマ条約とこれに付帯する欧州中央銀行制度および欧州中央銀行に関する議定書によると、ユーロシステムの主たる目的は物価の安定、言い換えるとインフレーション統制である。ユーロシステムはこの目的に反しない限りにおいて欧州連合の一般経済政策を支え、また開放的な市場経済の原則に則って行動することとされている。欧州中央銀行制度 フレッシュアイペディアより)

  • 経済

    経済から見た物価物価

    経済成長とは経済規模の増大や生産性の向上といった経済的な能力の伸びを示す概念である。国あるいは地域の経済規模は、国民総生産 (GNP) や国内総生産 (GDP) によって測られる。これら産出量の変化率が経済成長率であり、狭義にはこの変化率の長期的上昇傾向を指して経済成長と呼ぶ。経済成長を決定づける要因や、経済成長率と失業率、物価などとの関連を分析する経済学の分野としてマクロ経済学がある。経済 フレッシュアイペディアより)

  • 万延小判

    万延小判から見た物価物価

    これにより新小判に対する安政一分銀一両の金銀比価は、ほぼ国際水準である15.8:1となった。新小判の発行に先立ち、安政7年1月(1860年2月頃)に既存の小判は含有金量に応じて増歩通用とされることとなり、保字小判一枚は三両一分二朱、正字小判一枚は二両二分三朱通用となった。このため江戸では三倍もの額面の新小判に交換される旧貨幣を所持する者が群衆となって両替商へ殺到し大混乱に陥る騒ぎとなった。これは激しいインフレーションを意味し、物価は乱高下しながらも、激しい上昇に見舞われた。また新小判でさえ鋳造量は少数にとどまり、実際に通貨の主導権を制したのは、さらに一両当りの含有金量が低く、鋳造量が圧倒的に多い万延二分判であった。一両当りの含有金量としては慶長小判の約11.4分の一に低下したことになる。このため幕末期の商品価格表示は流通の少ない小判の代わりに有合せの二分判および二朱判などを直立てとする「有合建(ありあいだて)」が行われるに至った。万延小判 フレッシュアイペディアより)

  • ファンダメンタル

    ファンダメンタルから見た物価物価

    マクロ経済においては、雇用・生産・物価などの基礎的な事項を指す。それら基礎的な事項を元に、金利や資産価格などが正当化される。ファンダメンタル フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・デ・アスピルクエタ

    マルティン・デ・アスピルクエタから見た物価物価

    教会法の権威として名高く、『聴罪師と悔悛者の手引き』を著したほか、ドミンゴ・デ・ソトによって発展した16世紀サラマンカ学派の経済理論を継承発展させた。著書『徴利明解論』で「貨幣数量説」を展開し、新大陸からの金銀の流入により貨幣数量が増大してその価値が下落し物価騰貴が起こった、と価格革命のメカニズムを解明した(この学説は、一般に「数量貨幣説」の始祖とされているボダンよりも時期的に先行している)。また彼は、当時盛んであった貨幣取引(為替取引)に対して行われていた宗教上の非難から、この取引を弁護するために、後年「購買力平価説」といわれた理論を提唱した。マルティン・デ・アスピルクエタ フレッシュアイペディアより)

  • 国民生活安定緊急措置法

    国民生活安定緊急措置法から見た物価物価

    国民生活安定緊急措置法(こくみんせいかつあんていきんきゅうそちほう)は、物価の高騰その他の日本経済の異常な事態に対処するため、国民生活との関連性が高い物資及び国民経済上重要な物資の価格及び需給の調整等に関する緊急措置を定め、国民生活の安定と国民経済の円滑な運営を確保することを目的として1973年(昭和48年)に制定された法律である。国民生活安定緊急措置法 フレッシュアイペディアより)

  • Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム-

    Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム-から見た物価物価

    作中の日本での通貨単位は円であり、物価は現実世界での21世紀初頭の日本と同じくらいである。Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム- フレッシュアイペディアより)

129件中 41 - 50件表示

「企業物価指数」のニューストピックワード