129件中 51 - 60件表示
  • 均輸・平準法

    均輸・平準法から見た物価物価

    物価が下落したときに政府が商品を購入し、物価が高騰したときに売り出す。これで財政収入を増やすが、商売に政府が介入するということで反対が多かった。均輸・平準法 フレッシュアイペディアより)

  • ロッチデール先駆者協同組合

    ロッチデール先駆者協同組合から見た物価物価

    当時の社会状況は、物価が上がっても、値段を上げられないため、混ぜ物をいれるや重量をごまかすことが多かった(食の安全)。ロッチデール先駆者協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 金融政策委員会

    金融政策委員会から見た物価物価

    金融政策委員会は総裁、2名の副総裁、チーフ・エコノミスト、エグゼクティブ・ディレクター、4名の外部委員(外部委員は3年ごとに入れ替え。財務大臣より任命される)からなる9名の委員で構成され、それぞれ平等に1票ずつ有している。会合の議長は総裁が務め、最後に票を投じるのも総裁となっている。これは決定投票となった場合その票を実際上の決議とするからである。また会合には大蔵省の代表者が投票権を持たないオブザーバーとして参加する。会合の内容は行内エコノミストや地域代表者がイギリス経済、世界経済に関する資料の提示をし、それを各委員が精査するということが行われていて、決議を取りまとめる第一の目的は、政府が定めたインフレターゲットに基づき物価の安定を図ること。第二が成長や雇用に関わる政府の経済政策を支援することである。金融政策委員会 フレッシュアイペディアより)

  • INSEE

    INSEEから見た物価指数物価

    公認された指数の発表。物価指数はインフレーションにおける公的指標となる。 そのほか指数は、監査時の絶対的な参照資料となる。INSEE フレッシュアイペディアより)

  • ボッタクリ

    ボッタクリから見た物価物価

    日本人観光客などは、店員が最初に告げた価格が日本における一般的な物価と比較して安い場合、ボッタクリを気にせず購入することも多いが、その価格は市価の数倍から数十倍にもなることがある。こうした無知が、現地価格を吊り上げている場合が多い。ボッタクリ フレッシュアイペディアより)

  • イスラム経済

    イスラム経済から見た物価物価

    初期のムスリムは、クルアーンやムハンマドの言行録であるスンナに基づき、ある程度の経済分析を行った。中でも現代経済学の父と称されるイブン・ハルドゥーン(1332年 - 1406年)が有名だが、彼は自著『歴史序説(Kitab al-Ibar)』にて独自の経済・政治理論を展開した。同書では文明の栄枯盛衰の要因としてアサビーヤ(asabiyya、社会的結束力、集団内の連帯意識の意)を挙げており、多くの社会勢力は型を打ち破る急激な変化があるものの、それ自体は循環的であると見た。また、アサビーヤに関連して分業の利益についても見解を示し、アサビーヤが強まるほど分業が多岐にわたり、経済成長が達成されると考えた。経済発展は需要と供給を共に刺激し、両者は何れも物価によって決まるとした。この他、人口増加や人的資源の経済発展に対する影響に関して、ミクロ経済学的な考察を加えたことでも知られる。実際のところ、人口増加は富の直接的な関数であるとハルドゥーンは考えていた。イスラム経済 フレッシュアイペディアより)

  • ケツァルテナンゴ

    ケツァルテナンゴから見た物価物価

    現在は有名なアンティグア(Antigua)に次いで語学学校の多い町として知られており、またアンティグアよりも物価が安いこともあって外国人が多い。また長期滞在している欧米人バックパッカーなどの姿もよく見かける。ケツァルテナンゴ フレッシュアイペディアより)

  • クラウディングアウト

    クラウディングアウトから見た物価物価

    ケインズのこの問題についての基本的見解は、失業と遊休資本が存在しているかぎりは、財政支出を増大してもクラウディングアウトによる完全な相殺は発生しない、というものである。ただし、政府による資金調達や財調達にともない、通貨当局が貨幣供給量を拡大しなければ、利子率の上昇をもたらし投資を抑制する可能性があるとする。また、恒常的な財政支出が、民間の期待や予測を通じて物価、資本の限界効率(期待収益率)、流動性選好に影響をあたえ、民間投資需要と競合する可能性を指摘する。クラウディングアウト フレッシュアイペディアより)

  • 減税条例

    減税条例から見た物価物価

    制約は、景気や金利、物価、国の制度といった外部要因。それでも、山田は「やる気と実際に行動を続けることによって実現は可能」と明言していた。減税条例 フレッシュアイペディアより)

  • 宝永地震

    宝永地震から見た物価物価

    これに対して新井白石は、「去年の御物成を以て今年の用に充てることを重秀が知る処かはさておき、御聴を驚かして、その思うところを遂ぐべきため也」と改鋳に反対し、「悪質なものを出せば天譴をうけて天災地変を生ずるおそれがある」として改鋳の議は中止となった。しかし、翌宝永7年3月6日(1710年4月4日)以降、質を落とした永字銀などが将軍の決裁を得ることなく内密に発行された。大地震など相次ぐ天災の対策費として幕府が改鋳による出目を必要としていたのは事実であったが、立続けの改鋳による低品位の銀貨が多量に発行され、物価が数倍にも騰貴した。これにより元禄文化は終止符を打つことになった。また、徳川綱吉の頃までの将軍による親政から荻原重秀らの幕閣政治へと変貌する時代の転機でもあった。宝永地震 フレッシュアイペディアより)

129件中 51 - 60件表示

「企業物価指数」のニューストピックワード