129件中 61 - 70件表示
  • シャーロッツビル

    シャーロッツビルから見た物価物価

    シャーロッツビルは、アメリカ合衆国第3代大統領トーマス・ジェファーソンが設立したバージニア大学を中心とした大学都市であり、ジェファーソンの邸宅モンティチェロがあることでも知られている。世界遺産にも選ばれているモンティチェロには毎年何万人もの観光客が訪れている。シャーロッツビルは2004年に『都市ランキングと評価』(Cities Ranked and Rated)という本で、物価、気候、QOLなどに基づいて、アメリカ国内で最も住みやすい都市に選ばれた。シャーロッツビル フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ・バブル

    チューリップ・バブルから見た物価物価

    チューリップ・バブルはアレクサンドル・デュマ・ペール(大デュマ)の小説・「黒いチューリップ」や絵画に描かれるのみで、スコットランド人チャールズ・マッケイの著した物語によって1841年世界に伝えられ、しかしE.A.トンプソンおよびJ.トラザード (2002) は、チューリップのみならず当時の物価は常に不安定であり、大衆の狂気から事件を説明するのは誤りであるとした。これをきっかけに近年、研究が活発になってきており、チューリップ・バブルの全体像や歴史的位置付けについて今後の議論を待たねばならない状況にある。チューリップ・バブル フレッシュアイペディアより)

  • 貨幣錯覚

    貨幣錯覚から見た物価物価

    なお、貨幣「錯覚」とは呼ばれるものの、これは非合理的行動であるとは限らない。実質化して購買力に基いて考えるには、今後それぞれが購入する可能性のある様々な財の将来の物価に関する知識が必要となるが、それを正確に知ることはできないため、より不確実性の低い名目値をベースに考えることには合理性がある。また、契約や法のように名目値で固定され、実質化して考えることが適さない事象も多いため、やはり名目値を基準に判断することには一定の合理性がある。たとえば、持ち家の購入など、ある時点で将来までの消費を約束するような契約によって、理論的にも人々が名目値を重視する可能性が高くなることが指摘されている。貨幣錯覚 フレッシュアイペディアより)

  • 消費者物価指数

    消費者物価指数から見た物価指数物価

    総務省が毎月発表する小売物価統計調査を元に作成される指標で、物価指数の一つ。1946年8月より調査開始。消費者物価指数 フレッシュアイペディアより)

  • 本田悦朗

    本田悦朗から見た物価物価

    また、日本銀行法の改正を主張しており、政策目的として物価の安定と雇用の最大化を記載するよう主張している。具体的な目標値については「雇用が悪ければ物価(目標)は4%ぐらいにしないといけない」と指摘している。ただ、内閣に日本銀行総裁の罷免権を与える必要はないとの考えを採っている。望ましい総裁の人物像として「個人的には岩田規久男・学習院大教授など、インフレ目標の理念を理解している人がよい」と語っている。民自公の三党合意に基づく消費税増税法案に対しては、「基本原則としては、デフレ下で増税はやってはいけない」と述べるなど否定的な見解を表明している。本田悦朗 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和恐慌

    昭和恐慌から見た物価物価

    このような状況下で成立した立憲民政党の濱口雄幸内閣は、「金解禁・財政緊縮・非募債と減債」と「対支外交刷新・軍縮促進・米英協調外交」を掲げて登場、金本位制の復帰を決断し、日本製品の国際競争力を高めるために、物価引き下げ策を採用し、市場にデフレ圧力を加えることで産業合理化を促し、高コストと高賃金の問題を解決しようとした。これは多くの中小企業に痛みを強いる改革であった。浜口内閣の井上準之助蔵相は、徹底した緊縮財政政策を進める一方で正貨を蓄え、金輸出解禁を行うことによって外国為替相場の安定と経済界の抜本的整理を図った。昭和恐慌 フレッシュアイペディアより)

  • 石淵ダム

    石淵ダムから見た物価物価

    水没予定地の住民に対する補償交渉は1950年(昭和25年)10月に妥結された。しかし当時の日本の経済状況は急激なインフレーションの中にあり物価上昇が著しく、最初は高額であった補償金はインフレーションによる物価変動で貨幣価値が激減し住民が満足できる妥結内容ではなくなった。さらに移転後の住民に対する生活再建対策も放置され、結果的にわずかな補償金しか受け取れなかった移転住民は失業の上困窮した生活を強いられ、全財産を喪失した住民も現れた。加えて工事中の住民安全対策も十分ではなく、岩石発破の度に小学校では発破の爆音や振動を恐れた児童たちが机の下へ隠れ、遂には発破によって飛来した岩石が地元女性に直撃して死亡するという事故も発生した。こうした移転住民・地元住民の苦難に対する建設省の報恩意識は欠如しており、1950年秋に行われた定礎式には地元住民が全く招かれず、完成を記念して製作された記録映画にも移転住民への感謝の言葉が一言も挿入されなかった。わずかな補償金では生活が困窮する住民たちは再補償を国に求めたが、最終的に再補償は認められなかった。石淵ダム フレッシュアイペディアより)

  • ハリケーン・カトリーナ

    ハリケーン・カトリーナから見た物価物価

    ニューオーリンズ近辺は、米国中部産穀物(小麦、大豆、トウモロコシ)の集散地である。罹災直後、シカゴ穀物先物市場では、国内余剰懸念により先物価格が低落傾向にあり、日本においては逆に、先物価格が上昇するという状況になるなど、日本国内の穀物価格の上昇及び物価への悪影響が懸念されたが、米国における復旧の進展、日本国内における備蓄調整等により影響は限定的なものにとどまった模様である。ハリケーン・カトリーナ フレッシュアイペディアより)

  • 東北開発

    東北開発から見た物価物価

    1929年(昭和4年)に世界大恐慌が発生する中、翌1930年(昭和5年)1月に井上準之助蔵相が国際経済との直結をもたらす金解禁に踏み切ったため、日本も昭和恐慌に陥った。すると、金の国外大量流出、株式および商品の暴落、物価の下落(デフレーション)が発生し、都市部では企業倒産による失業者が急増し、農村では生糸の対米輸出の減少に加え、豊作にデフレが拍車をかけて米価が暴落し、深刻な困窮状態に陥った。さらに1932年(昭和7年)の凶作、1933年(昭和8年)の昭和三陸地震・津波、1934年(昭和9年)と1935年(昭和10年)の凶作が、立て続けに地方経済を襲った。特に東北経済は深刻な打撃を受け、農村では飢餓状況と娘の身売りが見られるようになり、東北救済の声は大きな世論となった。東北開発 フレッシュアイペディアより)

  • 大戦景気 (日本)

    大戦景気 (日本)から見た物価物価

    賃金や俸給は物価に見合って上昇したわけではなかったので、多くの場合、労働者、サラリーマン、官吏の生活はかえってきびしいものとなった。「職工中の成金」といわれた造船労働者には、1913年から1917年までのあいだに161パーセントもの増収となった者もいたが、平均すると47パーセントも下落しており、生活費の高騰を考慮すると、それ以上の生活苦であった。富山県の漁村より始まった1918年米騒動が全国に波及していった背景には、インフレによる生活難があったのである。高度経済成長期の賃金上昇が消費者物価の上昇率をうわまわって所得分配の平等化を促したのに対し、このときの好況は、物価高騰が賃金の上昇をうわまわったために、所得分配は不平等なものとなり、社会の緊張をむしろ激化させた。大戦景気 (日本) フレッシュアイペディアより)

129件中 61 - 70件表示

「企業物価指数」のニューストピックワード