前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • 物価

    物価から見た消費者物価指数

    学問・行政・市民運動など、分野ごと、視点ごとにいくつかの概念のとらえかたがありうるが、経済学的な「物価」ひとつをとっても、もともと具体的なひとつの「物価」の数値が絶対的に存在するわけではなく、あくまで統計的な指数(多くの財の価格の平均)によってとらえられるものであり、どのような財の価格を指数に取り入れるかという判断次第で変わるものであり、「消費者物価指数」「卸売物価指数」「GNPデフレーター」等がある。これらの異なった「物価」は、その目的に応じて使い分けられている。日本大百科全書によると、卸売物価・小売物価、輸出物価・輸入物価(国内物価・国際物価)、都市物価・農村物価などがある、とのことである。(さまざまな物価指数については、下の章で解説する。)物価 フレッシュアイペディアより)

  • 物価

    物価から見たサービス

    「ある家庭が1年間生活していく上で必要な、さまざまな財・サービスの値段を合計したもの」のこと。物価 フレッシュアイペディアより)

  • 物価

    物価から見た

    「ある家庭が1年間生活していく上で必要な、さまざまな・サービスの値段を合計したもの」のこと。物価 フレッシュアイペディアより)

  • 物価

    物価から見たクヌート・ヴィクセル

    経済学者のクヌート・ヴィクセルは、名目価格(一般物価)の変動が、相対価格の変動とは根本的に異質な現象であることを発見した。物価 フレッシュアイペディアより)

  • 物価

    物価から見た値段

    「ある家庭が1年間生活していく上で必要な、さまざまな財・サービスの値段を合計したもの」のこと。物価 フレッシュアイペディアより)

  • 物価

    物価から見た価格

    「物価」という概念は、文字どおりには「ものの価格」のことであるが、経済学で「物価」と言う場合は、一般に「物価水準」のことを指している。物価 フレッシュアイペディアより)

  • 物価

    物価から見た総務省

    日本のでの調査機関は総務省。1946年8月より調査開始。物価 フレッシュアイペディアより)

  • 物価

    物価から見た金融政策

    日銀は一般人向けのサイトなどで、物価の安定は、経済が安定的かつ持続的成長を遂げていく上で不可欠な基盤であり、中央銀行はこれを通じて「国民経済の健全な発展」に資するという役割を担う、と謳い、中央銀行の金融政策の最も重要な目的は「物価の安定」を図ることにある、と謳う。なお、資産価格の金融政策運営上の位置付けを考えた場合、資産価格の安定そのものは金融政策の最終目標とはなり得ないというのが、各国当局、学界のほぼ一致した見方である。物価 フレッシュアイペディアより)

  • 物価

    物価から見た米価

    日本においては、国民の主食である米の価格(米価)が全ての物価の基準と考えられ、江戸時代には、米以外のその他全ての価格(諸色)はこれに連動すると考えられてきた。また、その後も米価は「物価の王様」と呼ばれて高度経済成長期の消費低迷によって米価と一般の物価の間に乖離が見られるようになるまで物価を見る上で重要視されていた。物価 フレッシュアイペディアより)

  • 物価

    物価から見た家計調査

    小売物価統計調査(総務省調査)の小売価格の平均から個別の指数を作成し、家計調査(総務省調査)を元に個別の指数を統合して全体の指数を作成している。物価 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示

「企業物価指数」のニューストピックワード

  • Beyond The Borderline

  • クノール ポタージュで食べる豆と野菜