509件中 11 - 20件表示
  • 三越伊勢丹

    三越伊勢丹から見た伊勢丹伊勢丹

    株式会社三越伊勢丹(みつこしいせたん、Isetan Mitsukoshi Ltd.)は、三越伊勢丹ホールディングス傘下の小売業者。百貨店の「三越」「伊勢丹」の関東圏の店舗を運営している。三越伊勢丹 フレッシュアイペディアより)

  • 松戸ビルヂング

    松戸ビルヂングから見た伊勢丹伊勢丹

    松戸ビルヂング(まつどビルヂング)は、千葉県松戸市に所在する建築物である。回転レストランを有する事務所棟と、伊勢丹松戸店が入居する店舗棟からなる。松戸ビルヂング フレッシュアイペディアより)

  • 延近輝之

    延近輝之から見た伊勢丹伊勢丹

    ISETAN クリスマスキャンペーン 2011『White Wonder Christmas』(2011年)延近輝之 フレッシュアイペディアより)

  • 三越

    三越から見た伊勢丹伊勢丹

    残った店舗については、2011年4月1日に伊勢丹と合併して発足した(存続会社は三越)「株式会社三越伊勢丹」の運営となった。また、同日には、札幌丸井今井と札幌三越の両社も統合し(存続会社は札幌丸井今井)、「株式会社札幌丸井三越」が発足している。三越 フレッシュアイペディアより)

  • 大丸

    大丸から見た伊勢丹伊勢丹

    1972年開店-1985年閉店。東京都八王子市横山町18-7 JR中央線八王子駅北口 甲州街道沿い。八王子は前述の町田とともに「絹の道」として輸出用の生糸が運ばれた要所。江戸進出時の風呂敷のことが「八王子織物史」で語られるほど縁の深い町だった。1970年に東京近郊(都心から50km)のベッドタウンとして注目され人口が25万を突破。伊勢丹(1969)、西武百貨店(1970)に続き、3番手の百貨店として開店(丸井、ダイエーよりも後)。各社がしのぎを削っていた。大丸は駅から一番遠いところにあったが、逆に一番駅よりの伊勢丹の方が先に撤退している。大丸閉店の引き金になったのは、1983年の「八王子そごう」の駅ビル進出だった。大丸 フレッシュアイペディアより)

  • 丸井

    丸井から見た伊勢丹伊勢丹

    グループ3事業のうち、小売事業は売上の76.4%を占める。ファッションを軸に、家具・雑貨・メガネ・宝石など、多くの商品を自前主義で展開。小売事業には、食品やレストラン、通信販売、Eコマース事業も含まれる。首都圏では大きな若年層シェアを獲得している。グループの連結子会社は18社、小売事業の関連会社は(株)丸井も含め10社あり、グループ連結の売上高営業利益率は7.9%, 小売事業単独では4.5%と、伊勢丹(連結4.1%, 国内百貨店事業3.76%)などより高い。丸井 フレッシュアイペディアより)

  • 高島屋

    高島屋から見た伊勢丹伊勢丹

    1995年3月1日、立川駅北口、在日米軍立川基地跡地再開発事業により、現在地に移転。伊勢丹立川店が立川駅寄りの旧店舗付近に拡張移転してきたため、売上は地区2位に転落した。高島屋 フレッシュアイペディアより)

  • 新宿区

    新宿区から見た伊勢丹伊勢丹

    現在の歌舞伎町一丁目と新宿五丁目のそれぞれ一部。おおむね、歌舞伎町一丁目の町域のうち新宿遊歩道公園より東側と、新宿五丁目の町域のうちモスバーガー新宿五丁目店(靖国通り沿い)よりも西側エリアが当時の三光町の町域。(伊勢丹別館やOIMEN新宿を含む。ただし、新宿六丁目交差点付近の一画は除く。)当時、番衆町(東)・角筈一丁目の飛地と東大久保一丁目(北)・歌舞伎町一丁目(西)・新宿二丁目と三丁目(南)に接していた。1978年(昭和53年)7月、住居表示実施に伴い消滅。三光町は古くは四谷三光町という交差点の名称や、都電やバスの停留所名ともなっていたことから、小説の舞台として登場するなど長らく親しまれていた。由来は花園神社の別名「三光院稲荷」から。新宿区 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木香

    佐々木香から見た伊勢丹伊勢丹

    近年では経済産業省が管轄するJAPAN FASHION WEEK、伊勢丹など数々の広告ビジュアルを手掛ける。佐々木香 フレッシュアイペディアより)

  • 露木清

    露木清から見た伊勢丹伊勢丹

    露木 清(つゆき きよし、1913年1月5日 - 1995年1月29日)は日本の実業家。元伊勢丹代表取締役会長。露木清 フレッシュアイペディアより)

509件中 11 - 20件表示

「三越伊勢丹」のニューストピックワード