509件中 51 - 60件表示
  • 新宿三丁目駅

    新宿三丁目駅から見た伊勢丹伊勢丹

    丸ノ内線の車内放送では、副駅名として「伊勢丹前」も案内される。新宿三丁目駅 フレッシュアイペディアより)

  • 天神流通戦争

    天神流通戦争から見た伊勢丹伊勢丹

    しかし、バブル崩壊後の経済情勢の中での出店などの動きの中で、岩田屋はZサイドへの過剰投資と、経営政策上の失策が重なって経営危機に陥り、1999年には自社所有であった本館と新館を売却する事態となり、2000年には新館を閉店した。その後は、伊勢丹の支援を受けて経営再建に入り、2005年に連結子会社となる。天神流通戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本デパートメントストアーズ開発機構

    全日本デパートメントストアーズ開発機構から見た伊勢丹伊勢丹

    全日本デパートメントストアーズ開発機構(All Nippon Department Stores Development Organization、略称 A・D・O)とは、東京都新宿区に本部を置き、伊勢丹(現在は三越伊勢丹ホールディングス(傘下の三越伊勢丹他各社))と松屋が総合幹事を務める百貨店の共同仕入機構である。全日本デパートメントストアーズ開発機構 フレッシュアイペディアより)

  • アモーレパシフィック

    アモーレパシフィックから見た伊勢丹伊勢丹

    2006年 - 初めて日本の百貨店に展開。アモーレパシフィック阪急百貨店うめだ本店・伊勢丹新宿本店オープン。アモーレパシフィック フレッシュアイペディアより)

  • 立川駅

    立川駅から見た伊勢丹伊勢丹

    伊勢丹 立川店(同社初の支店)立川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 三越伊勢丹ホールディングス

    三越伊勢丹ホールディングスから見た伊勢丹伊勢丹

    なお社名と英語表記とでは、三越と伊勢丹との前後順序が逆になっている(同じ例は三井住友銀行、ユニー・ファミリーマートホールディングスなどにもある)が、子会社名のほとんどは「エムアイカード」など三越を先に表記し、アルファベットでは伊勢丹のIを先に表記する。ロゴマークは英字表記順通り「i」と「m」の字を組み合わせたもの。三越伊勢丹ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • ジュンク堂書店

    ジュンク堂書店から見た伊勢丹伊勢丹

    10月15日 - コピス吉祥寺(伊勢丹吉祥寺店跡地)に吉祥寺店(約1,100坪)を開店。ジュンク堂書店 フレッシュアイペディアより)

  • 福助

    福助から見た伊勢丹伊勢丹

    2003年6月21日、民事再生法の申請に伴い、426億円もの負債を抱えて倒産する。同年10月1日に企業再生ファンド、MKSパートナーズにより設立された新会社へ、事業、商号、ブランドを含めた営業の一切を譲渡し、創業者・辻本一族は経営から退くことになった。変わって伊勢丹の名バイヤーとしてその名を知られる藤巻幸夫が社長に就任し、新たに経営基盤も東京へと移り、新生福助としてスタートを切ることになった。2007年5月17日、豊田通商との資本・業務提携により同社の持分法適用会社となった。2009年10月には豊田通商がMKSパートナーズの保有株式の全株を取得し連結子会社化した。福助 フレッシュアイペディアより)

  • 小柴和正

    小柴和正から見た伊勢丹伊勢丹

    小柴 和正(こしば かずまさ)は、1931年(昭和6年)生まれ。千葉県在住。本の経営者。株式会社伊勢丹元社長・会長・相談役。日本百貨店協会元会長。小柴和正 フレッシュアイペディアより)

  • 西武百貨店

    西武百貨店から見た伊勢丹伊勢丹

    八王子は古くから繊維産業と甲州街道の交通の要所として栄え、大手の進出が規多かった。1970年代は同店と伊勢丹、大丸、ダイエー、丸井がそろい踏みしたが、地元商店街への気兼ねから、いずれも1万m2程度の小規模であった。このため、1983年八王子駅ビルに3万m2を超えるそごうの進出を期に淘汰されていくことになった。西武百貨店 フレッシュアイペディアより)

509件中 51 - 60件表示

「三越伊勢丹」のニューストピックワード