伊勢孝夫 ニュース&Wiki etc.

伊勢 孝夫(いせ たかお、1944年12月18日 - )は、兵庫県三田市出身の元プロ野球選手(内野手)・野球指導者、野球解説者。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「伊勢孝夫」のつながり調べ

  • ジム・ジェンタイル

    ジム・ジェンタイルから見た伊勢孝夫

    5月に一度登録抹消されたあと復帰し、5月18日の対阪急ブレーブス戦(阪急西宮球場)で復帰後初スタメンとなったジムタイルは、2回表に阪急先発の足立光宏から先制のソロホームランを打ったが、一塁に向かう途中で左足に肉離れを起こし倒れてしまった。本塁まで走ることが不可能と判断した審判団は代走の起用を認めた。本塁打を打った打者に代走が送られるのはプロ野球史上初であった。なお、本塁打と打点はジムタイルに、得点は代走の伊勢孝夫に記録されている。(ジム・ジェンタイル フレッシュアイペディアより)

  • 岩本尭

    岩本尭から見た伊勢孝夫

    引退後は大洋( - 一軍打撃コーチ)、近鉄( - 一軍打撃コーチ, - 監督)、日本ハム(一軍打撃コーチ, 二軍監督, ファームディレクター)、巨人(二軍監督兼打撃コーチ, - 二軍監督, - フロント)で監督・コーチ・フロントを歴任。大洋コーチ時代は変化の激しいテニスボールを使用した打撃練習の方法を編み出し、捕手から一塁手に転向したばかりの松原誠をマンツーマンで指導して主力打者に育てた。投手から外野手に転向したばかりの江尻亮も成長させるなど手腕を発揮。その他では重松省三・長田幸雄・伊藤勲も育て、球界屈指の強打線「メガトン打線」を作り上げた。近鉄コーチ時代は伊勢孝夫・永淵洋三・小川亨を育て、監督就任後は3位・2位とAクラスをキープ。就任3年目のは前後期2シーズン制となってプレーオフ制度が導入され、投手力のある近鉄が短期決戦で有利あるとして優勝候補の筆頭にも挙げられる。開幕後は投手陣の相次ぐ故障でチームは低迷し、8月下旬には島田光二が代理監督となり岩本は退任した。巨人退団後はベースボール・マガジン社に勤務。事業部部長としてプロレスオールスター戦『夢の懸け橋』東京ドーム大会にも係わった。(岩本尭 フレッシュアイペディアより)

「伊勢孝夫」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「伊勢孝夫」のニューストピックワード