前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示
  • 1975年のパシフィック・リーグプレーオフ

    1975年のパシフィック・リーグプレーオフから見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    (近)有田修1号2ラン(2回足立)、伊勢1号満塁(山田)1975年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 野村克也

    野村克也から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    当時のヤクルトは松園尚巳の下、ファミリー主義と明るいチームカラーでファンからも親しまれていた。しかし勝負への甘さがあり、長年にわたって負け越し、Bクラスに甘んじていた。野村の就任に対しては、暗い性格がチームカラーに合わないと懸念する声も多く、世間からは「過去の人」「ヤクルトにとっては部外者」というイメージを持たれた。また就任直後の12月、心疾患の疑いで一時入院すると早くも「野村の次の監督」を推測する報道がされるなど、健康面での不安も囁かれていた。コーチ陣はヘッド兼打撃コーチに南海時代からの参謀格である高畠、投手コーチに安田猛が就任し、伊勢孝夫が二軍から一軍の打撃コーチ、浅野啓司が二軍投手コーチに就任した。野村克也 フレッシュアイペディアより)

  • 田中俊幸

    田中俊幸から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    1987年5月2日、広島球場での広島対中日戦。中日が2対1でリードしていた場面で中日川又米利のヒットで走者中尾孝義が生還した際に広島の捕手達川光男のタッチを顔面に受け流血、中日の星野仙一監督が達川に抗議。再開後、二盗を試みた川又のミゾオチに広島の二塁手正田耕三のタッチが入ったことから川又が正田の胸を突き、両チーム入り乱れての乱闘となった。この際に暴力行為を働いたのは両チームで20人以上に及んだが、全て退場させると試合ができないと考えた田中は星野と広島の伊勢孝夫コーチに対して退場を宣告した。田中俊幸 フレッシュアイペディアより)

  • 渋井敬一

    渋井敬一から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    初出場:1978年8月27日、対読売ジャイアンツ23回戦(明治神宮野球場)、6回裏に伊勢孝夫の代走で出場渋井敬一 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年の中日ドラゴンズ

    1991年の中日ドラゴンズから見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    6月18日 - 横浜大洋ホエールズ戦(ナゴヤ球場)の10回裏、彦野利勝は横浜大洋の盛田幸妃からサヨナラホームランを打つも、1塁ベースで膝を痛めて転倒、代走に山口幸司が出されてベースを一周した。「本塁打打者に代走」は1969年5月18日に阪急ブレーブス×近鉄バファローズ戦(阪急西宮球場)2回表での近鉄の「ジムタイル」ことジム・ジェンタイル(代走は伊勢孝夫)以来22年1ヶ月振りで、「セ・リーグ」・「サヨナラ本塁打に代走」は史上初。1991年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 新井良夫

    新井良夫から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    プロでは投手に専念し、2年目の1970年に公式戦初登板を果たす。1973年には51試合に登板、中継ぎとして活躍した。同年は2勝をあげ、7月1日には日拓ホームフライヤーズを、張本勲の適時打による1失点に抑え、初完投勝利を飾る。しかし翌年は登板数が激減。1976年6月26日には近鉄バファローズを相手に3年ぶりに先発。太田幸司と投げ合い完投するものの、クラレンス・ジョーンズに3本塁打、伊勢孝夫に満塁本塁打を喫するなど10失点、敗戦投手となりプロ野球としては珍しい記録となった。新井良夫 フレッシュアイペディアより)

  • 陽田浅吉

    陽田浅吉から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    初先発出場:1976年6月19日、対日本ハムファイターズ前期13回戦(後楽園球場)、6番・指名打者で出場、2回表に伊勢孝夫に交代陽田浅吉 フレッシュアイペディアより)

  • ジム・ジェンタイル

    ジム・ジェンタイルから見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    5月に一度登録抹消されたあと復帰し、5月18日の対阪急ブレーブス戦(阪急西宮球場)で復帰後初スタメンとなったジムタイルは、2回表に阪急先発の足立光宏から先制のソロホームランを打ったが、一塁に向かう途中で左足に肉離れを起こし倒れてしまった。本塁まで走ることが不可能と判断した審判団は代走の起用を認めた。本塁打を打った打者に代走が送られるのはプロ野球史上初であった。なお、本塁打と打点はジムタイルに、得点は代走の伊勢孝夫に記録されている。ジム・ジェンタイル フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ハウエル

    ジャック・ハウエルから見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    ちなみに後半戦の大爆発の原因としては、当時「オールスターゲーム期間中に伊勢孝夫打撃コーチとともに打撃フォームのチェックや日本の投手の癖などを研究した」と伝えられることが多かったが、後に伊勢は「実はバットを1インチ短いもの(35インチ→34インチ)に交換させた以外は何もしていない」と語っている。伊勢は前半戦のハウエルのスイングを見て、内角球に対しバットをうまくさばけず詰まって凡打に終わることが多かったことに着目し、「バットを短くすることでその問題が解消するのでは」と考えてバットを交換させたところ、それがピタリとはまり内角球をバットの芯でとらえられるようになったという。ジャック・ハウエル フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の野球

    1987年の野球から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    広島市民球場での広島対中日4回戦の六回表中日の攻撃で、二死一塁の場面で一塁走者の川又米利が盗塁し広島の二塁手の正田耕三からタッチアウトされるが、この際川又が正田にタッチが強過ぎると正田の胸をついて抗議し、これをきっかけに両軍選手が飛び出て乱闘に発展、審判は中日の監督の星野仙一と広島のコーチの伊勢孝夫に退場を宣告。審判は星野に対し「全員を退場させたら野球が出来なくなるので代表として退場を宣告する」と説明。1987年の野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示

「伊勢孝夫」のニューストピックワード