1 2 3 次へ
25件中 21 - 25件表示
  • 松園尚巳

    松園尚巳から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    1979年、球団が最下位になったことに怒りを爆発させ、選手に「本業」のヤクルト販売を命じた。高い給料をもらっている身分でだらけた野球をすることは許さない、本業の仕事がどれだけ大変か身をもって勉強せよとのメッセージがこめられていた。当時の中心選手だった松岡弘、杉浦亨(現役引退後、コーチを経てヤクルト本社入り)、伊勢孝夫をはじめとした15人の選手がヤクルトレディーに連れられ売り歩く。松園尚巳 フレッシュアイペディアより)

  • SKワイバーンズ

    SKワイバーンズから見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    2007年から千葉ロッテマリーンズで1,2軍巡回コーチを勤めた金星根が監督に就任し、シカゴ・ホワイトソックスでコーチを歴任した李萬洙をヘッドコーチとして迎えた。それに日本から加藤初を投手コーチ、大田卓司を打撃コーチ、福原峰夫を守備コーチとして招聘。同年度レギュラーシーズン1位で韓国シリーズに直行。プレイオフ勝者の斗山ベアーズを4勝2敗で下して悲願の初優勝を決めた。この時点で存在した韓国野球委員会所属の全球団が優勝を経験することになったが、2008年現代ユニコーンズの解散、ヒーローズの創設で、また優勝未経験の球団が出てきた。韓国チャンピオンとして出場した同年のアジアシリーズでは予選リーグで中日ドラゴンズを破り、初めて日本球団に勝利した球団になった。しかし、予選は3戦全勝で決勝戦に進んだものの、決勝で中日に破れアジア王者とはならなかった。2007年シーズン終了後、大田コーチが東京ヤクルトスワローズのコーチに就任するため退団し、後任に読売ジャイアンツで打撃コーチを務めていた伊勢孝夫が就任した。SKワイバーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤健

    加藤健から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    2007年シーズンの開始前、打撃コーチ補佐を務めていた伊勢孝夫に指示を仰いだが、「冷やかしならするな。1年間続けるなら付き合う」と言われ、毎日早出特打練習を行ったのがプロ入り初本塁打に繋がったという。加藤健 フレッシュアイペディアより)

  • 正田耕三

    正田耕三から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    近鉄球団が解散した後は3球団からオファーを受けたが、もっとも早く誘いのあった阪神タイガースの一軍打撃コーチに就任。岡田彰布の下で赤星憲広や鳥谷敬に猛練習を課し、2005年のリーグ優勝に貢献した。しかしはチーム打率および得点がリーグ最下位となって3位に終わり、クライマックスシリーズ敗退直後に解雇を告げられた。にはデイリースポーツの野球評論家およびサンテレビの解説者に就任。同年秋には韓国プロ野球SKワイバーンズの秋季キャンプに臨時コーチとして参加し、翌にワイバーンズの二軍総合コーチに就任した。同年7月、打線不振による配置転換で伊勢孝夫に代わって一軍打撃コーチに昇格し、シーズン終了まで務めた。正田耕三 フレッシュアイペディアより)

  • 代走

    代走から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    1969年5月18日、ジムタイル(近鉄バファローズ)が阪急ブレーブス戦(阪急西宮球場)の2回表に本塁打を打つが、一塁へ向かう途中で左脚に肉離れを発症し代走の伊勢孝夫と交代。なお、この事例により1969年のジムタイルの打撃成績は、本塁打8でありながら得点7である(詳細は当該項を参照)。代走 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
25件中 21 - 25件表示

「伊勢孝夫」のニューストピックワード