32件中 21 - 30件表示
  • 岩本尭

    岩本尭から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    引退後は大洋( - 一軍打撃コーチ)、近鉄( - 一軍打撃コーチ, - 監督)、日本ハム(一軍打撃コーチ, 二軍監督, ファームディレクター)、巨人(二軍監督兼打撃コーチ, - 二軍監督, - フロント)で監督・コーチ・フロントを歴任。大洋コーチ時代は変化の激しいテニスボールを使用した打撃練習の方法を編み出し、捕手から一塁手に転向したばかりの松原誠をマンツーマンで指導して主力打者に育てた。投手から外野手に転向したばかりの江尻亮も成長させるなど手腕を発揮。その他では重松省三・長田幸雄・伊藤勲も育て、球界屈指の強打線「メガトン打線」を作り上げた。近鉄コーチ時代は伊勢孝夫・永淵洋三・小川亨を育て、監督就任後は3位・2位とAクラスをキープ。就任3年目のは前後期2シーズン制となってプレーオフ制度が導入され、投手力のある近鉄が短期決戦で有利あるとして優勝候補の筆頭にも挙げられる。開幕後は投手陣の相次ぐ故障でチームは低迷し、8月下旬には島田光二が代理監督となり岩本は退任した。巨人退団後はベースボール・マガジン社に勤務。事業部部長としてプロレスオールスター戦『夢の懸け橋』東京ドーム大会にも係わった。岩本尭 フレッシュアイペディアより)

  • 金森栄治

    金森栄治から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    指導は基本的にボールを手元まで引き付けて、脇を締めて腰回転を使って打つというものであり、それを赤星憲広や藤本敦士のような非力な打者にまで当てはめているとして藤田平は批判する。伊勢孝夫は「このスイングはアベレージヒッターには適しているが、長距離タイプには向かないように思う」と評している。和田一浩は「今でも北陸遠征に行った時は、食事を一緒にします。弟子はどこまでいっても弟子ですので」と語る。金森栄治 フレッシュアイペディアより)

  • 松竹芸能

    松竹芸能から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    伊勢孝夫(元プロ野球選手)松竹芸能 フレッシュアイペディアより)

  • 1944年

    1944年から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    12月18日 - 伊勢孝夫、元プロ野球選手1944年 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋一三

    高橋一三から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    1500奪三振:1976年9月23日、対近鉄バファローズ後期13回戦(後楽園球場)、8回表に伊勢孝夫から ※史上24人目高橋一三 フレッシュアイペディアより)

  • 正田耕三

    正田耕三から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    にはデイリースポーツの野球評論家およびサンテレビの解説者を務めた。同年秋に金星根が監督を務める韓国プロ野球・SKワイバーンズの秋季キャンプに臨時コーチとして参加し、翌にワイバーンズの二軍総合コーチに就任した。同年7月、打線不振による配置転換で伊勢孝夫に代わって一軍打撃コーチに昇格し、シーズン終了まで務めた。正田耕三 フレッシュアイペディアより)

  • 三田学園中学校・高等学校

    三田学園中学校・高等学校から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    伊勢孝夫 - 元プロ野球選手三田学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁

    高田繁から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    は開幕当初は3カード連続勝ち越しと上々のスタートを見せたが、4月中旬以降になり急激に失速。連勝すら挙げられなくなる。5月にセ・パ交流戦が始まってからは全く勝てなくなり、球団に進退伺いを出す事態となる。6連敗となった5月20日、球団から慰留を受け一度は辞任を思い留まるものの、その後も2連敗。5月23日にはテコ入れとして、打撃アドバイザーに伊勢孝夫を招聘。5月26日には一部メディアで「辞任」と報じられる。本人は一旦は否定したものの、同日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(神宮球場)でも敗れ、9連敗となる。試合後、改めて辞任を申し出て了承された。ここまで13勝32敗1分の借金19で、リーグ最下位。特に4月24日以降は、2勝20敗と大きく負け越した。後任には、ヘッドコーチの小川淳司がシーズン終了まで監督代行を務めることとなった。連敗に業を煮やした少年ファンから「高田、やめちまえ」と罵声を浴びたことが、最終的に辞任に踏み切らせたという。高田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 野球評論家

    野球評論家から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    伊勢孝夫(2010 - '10途中、2016 - )野球評論家 フレッシュアイペディアより)

  • 三原脩

    三原脩から見た伊勢孝夫伊勢孝夫

    には4年連続最下位だった近鉄バファローズの監督に就任。妻と共に奈良県奈良市西大寺の公団住宅に住み込みながら指導し、1年目は4位で終わったが、2年目には阪急ブレーブスと優勝争いを繰り広げて2位となる。3年の任期満了に伴い、限りで退任。永淵洋三を投手・野手の二刀流で起用した後、野手に専念させて首位打者を獲得させた。伊勢孝夫・小川亨も指導。三原脩 フレッシュアイペディアより)

32件中 21 - 30件表示

「伊勢孝夫」のニューストピックワード