61件中 21 - 30件表示
  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見たジャック・ハウエル

    外国人選手のプライドを傷つけずに、かつ的確な指導をする。ヤクルトコーチ時代の、前半戦にスランプに陥ったジャック・ハウエルをオールスターゲーム期間中につきっきりで指導して後半戦の大爆発につなげたり、近鉄コーチ時代はタフィ・ローズやフィル・クラークに打撃に関して的確な指導をしていた。そのローズからは「日本のお父さん」と慕われ、伊勢のコーチ退任後も、ローズが不振に陥れば伊勢に指導を請うこともあった。またクラークも引退後コーチになり、指導する際に伊勢から教わったことを元に指導しているという。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た彦野利勝

    近鉄在籍時の1969年5月18日、対阪急ブレーブス戦でジムタイルが本塁打を放ったが、両足に故障を抱えていたジムタイルが一塁に到達する前に肉離れを起こしてしまい、審判団が走行困難とみて代走の起用を認めた。その代走に伊勢が起用され、伊勢がベンチから打席に向かい、そこからダイヤモンドを一周した。その結果、本塁打・打点はジムタイルに記録されるものの伊勢に得点1が記録された(なお、この年のジムタイルは本塁打8、得点7という珍記録を残している)。本塁打の代走が認められた日本プロ野球第1号選手である(2例目は中日ドラゴンズ・山口幸司。1991年6月18日の対横浜大洋ホエールズ戦での彦野利勝の代走)。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た梶間健一

    1000試合出場:1978年10月3日、対中日ドラゴンズ23回戦(明治神宮野球場)、8回裏に梶間健一の代打として出場 ※史上205人目伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た小笠原孝

    巨人時代は、代打満塁本塁打を打った矢野謙次に配球を学ばせていた。また、不調だった李承燁に請われ特製の「伊勢ノート」を作ったが、通訳が韓国語に訳そうと自宅に持ち帰った際に紛失されてしまったという。退団後、純粋に打撃コーチとしての腕のみを期待されての入団であり、当初期待されていたと思われた「ID野球」が軽視されていたことを不満に漏らしている。その一方でクライマックスシリーズの「先発読み違え事件」(小笠原孝を参照)がマスコミの誤報であったと主張し、首脳陣や李に叱咤激励を送っている。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た正田耕三

    2008年、ヤクルトのコーチに就任する大田卓司の後任として韓国プロ野球・SKワイバーンズの打撃コーチに就任。当初は一軍を担当し、2008年の2年連続公式戦優勝、韓国シリーズ優勝に貢献したが、2009年7月に打線の不振により二軍総合コーチの正田耕三と交代し、二軍に配置転換となりシーズン終了まで同コーチを務めた。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た高木喬

    初出場:1967年4月22日、対東映フライヤーズ1回戦(日生球場)、3回裏に高木喬の代打として出場伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た山口幸司 (野球)

    近鉄在籍時の1969年5月18日、対阪急ブレーブス戦でジムタイルが本塁打を放ったが、両足に故障を抱えていたジムタイルが一塁に到達する前に肉離れを起こしてしまい、審判団が走行困難とみて代走の起用を認めた。その代走に伊勢が起用され、伊勢がベンチから打席に向かい、そこからダイヤモンドを一周した。その結果、本塁打・打点はジムタイルに記録されるものの伊勢に得点1が記録された(なお、この年のジムタイルは本塁打8、得点7という珍記録を残している)。本塁打の代走が認められた日本プロ野球第1号選手である(2例目は中日ドラゴンズ・山口幸司。1991年6月18日の対横浜大洋ホエールズ戦での彦野利勝の代走)。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た読売ジャイアンツ

    引退後はヤクルト打撃コーチ(からは二軍・ -、-は一軍)、に広島東洋カープの一軍外野守備・走塁コーチに就任し翌は一軍打撃コーチを務めた。二度目のヤクルト打撃コーチ時代には監督の野村克也の下で3度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献した。監督の佐々木恭介に請われて、に一軍ヘッド兼打撃コーチとして近鉄に復帰しからまでヘッドコーチを務め2001年のリーグ優勝に貢献している。からまで近鉄編成本部長を務め、 はオリックス・バファローズ調査担当、に巨人のスコアラー、翌は一軍打撃コーチ補佐を務めた。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た広島東洋カープ

    引退後はヤクルト打撃コーチ(からは二軍・ -、-は一軍)、に広島東洋カープの一軍外野守備・走塁コーチに就任し翌は一軍打撃コーチを務めた。二度目のヤクルト打撃コーチ時代には監督の野村克也の下で3度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献した。監督の佐々木恭介に請われて、に一軍ヘッド兼打撃コーチとして近鉄に復帰しからまでヘッドコーチを務め2001年のリーグ優勝に貢献している。からまで近鉄編成本部長を務め、 はオリックス・バファローズ調査担当、に巨人のスコアラー、翌は一軍打撃コーチ補佐を務めた。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た埼玉西武ライオンズ

    初先発出場:1967年4月25日、対西鉄ライオンズ1回戦(日生球場)、6番・一塁手として先発出場伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

61件中 21 - 30件表示

「伊勢孝夫」のニューストピックワード