50件中 31 - 40件表示
  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た2009年

    、東京ヤクルトスワローズのコーチに就任する大田卓司に代わり、韓国プロ野球・SKワイバーンズの打撃コーチに就任。当初一軍を担当し2008年のSKの2年連続公式戦優勝、韓国シリーズ優勝に貢献したが、2009年7月に打線の不振により二軍総合コーチの正田耕三と交代し、二軍に配置転換となりシーズン終了まで同コーチを務めた。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た大阪近鉄バファローズ

    三田高校(同期に渡瀬恒彦がいる)卒業後のに近鉄バファローズに入団したが、一軍初出場は5年目のであった。には16本塁打、1971年には自己最多となる28本塁打を放ち、その勝負強い打撃と名字から上記の愛称で呼ばれた(名付けたのは当時監督であった三原脩)。に益川満育との交換トレードでヤクルトスワローズに移籍。に現役引退。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見たTwellV プロ野球中継

    からTwellV プロ野球中継の野球解説者を務める他、東京スポーツ専属評論家として寄稿を行っていた。5月23日からはヤクルトの打撃陣の立て直しのため、東京ヤクルトスワローズの打撃アドバイザーに就任した。当面は評論活動をしながらの指導で、関東地区限定で二軍を含めて担当し、8月をめどにコーチに就任する見通し。8月1日から正式に一、二軍を巡回する打撃コーチに就任した。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た明治神宮野球場

    1000試合出場:1978年10月3日、対中日ドラゴンズ23回戦(明治神宮野球場)、8回裏に梶間健一の代打として出場 ※史上205人目伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た朝鮮語

    巨人時代は、代打満塁本塁打を打った矢野謙次に配球を学ばせていた。また、不調だった李承燁に請われ特製の「伊勢ノート」を作ったが、通訳が韓国語に訳そうと自宅に持ち帰った際に紛失されてしまったという。退団後、純粋に打撃コーチとしての腕のみを期待されての入団であり、当初期待されていたと思われた「ID野球」(ヤクルトコーチ時代の監督野村克也が提唱したデータ重視の野球)が軽視されていたことを不満に漏らしている。その一方でクライマックスシリーズの「先発読み違え事件」(小笠原孝を参照)がマスコミの誤報であったと主張し、首脳陣や李に叱咤激励を送っている。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見たSKワイバーンズ

    、東京ヤクルトスワローズのコーチに就任する大田卓司に代わり、韓国プロ野球・SKワイバーンズの打撃コーチに就任。当初一軍を担当し2008年のSKの2年連続公式戦優勝、韓国シリーズ優勝に貢献したが、2009年7月に打線の不振により二軍総合コーチの正田耕三と交代し、二軍に配置転換となりシーズン終了まで同コーチを務めた。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た日本生命球場

    初出場:1967年4月22日、対東映フライヤーズ1回戦(日生球場)、3回裏に高木喬の代打として出場伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    巨人時代は、代打満塁本塁打を打った矢野謙次に配球を学ばせていた。また、不調だった李承燁に請われ特製の「伊勢ノート」を作ったが、通訳が韓国語に訳そうと自宅に持ち帰った際に紛失されてしまったという。退団後、純粋に打撃コーチとしての腕のみを期待されての入団であり、当初期待されていたと思われた「ID野球」(ヤクルトコーチ時代の監督野村克也が提唱したデータ重視の野球)が軽視されていたことを不満に漏らしている。その一方でクライマックスシリーズの「先発読み違え事件」(小笠原孝を参照)がマスコミの誤報であったと主張し、首脳陣や李に叱咤激励を送っている。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た韓国野球委員会

    、東京ヤクルトスワローズのコーチに就任する大田卓司に代わり、韓国プロ野球・SKワイバーンズの打撃コーチに就任。当初一軍を担当し2008年のSKの2年連続公式戦優勝、韓国シリーズ優勝に貢献したが、2009年7月に打線の不振により二軍総合コーチの正田耕三と交代し、二軍に配置転換となりシーズン終了まで同コーチを務めた。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見た北九州市民球場

    初打点:1968年4月7日、対西鉄ライオンズ2回戦(小倉球場)、2回表に与田順欣から伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

50件中 31 - 40件表示

「伊勢孝夫」のニューストピックワード