前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1580件中 1 - 10件表示
  • 浜名湖ロマン

    浜名湖ロマンから見た伊勢神宮伊勢神宮

     確かに人物像の鼻の部分は、日当たりの良い鼻筋の通った地形で、浜名湖と伊勢神宮を結ぶ、日の出の光と花(鼻)の道であり、花が栄える潜在的な力を宿した土地柄と考えると納得できる気がする。浜名湖ロマン フレッシュアイペディアより)

  • 天叢雲剣

    天叢雲剣から見た伊勢神宮伊勢神宮

    崇神天皇の時代に草薙剣の形代が造られ、形代は宮中(天皇の側)に残り、本来の神剣は笠縫宮を経由して、伊勢神宮に移されたという。天叢雲剣 フレッシュアイペディアより)

  • 国家神道

    国家神道から見た伊勢神宮伊勢神宮

    時代により、政府による国民への「神社崇拝」の奨励の度合いは異なった。官国幣社は内務省神社局が所管し、新たな官国幣社の造営には公金が投入された。万世一系・神聖不可侵の天皇が日本を統治すること、国家の中心に存在する天皇と国民との間に伝統的な強い絆があることを前提に、全国の神社は神祇官の元に組織化され、諸制度が整備された。当初、全国の神社は全て官有となり、全神職は官吏(神官)となった。だが、制度に未成熟な部分があり、神官と呼ばれる官吏としての神職は伊勢神宮に奉仕する者のみとなった。官国幣社の神職には官等を配し、位階、勲等を付与した。その多くは判任待遇としたが、一部は奏任官待遇(高等官)とし、叙位の恩典も与え、退職後の恩給制度も整備した。村社以上の社格の神社の例祭には地方官の奉幣が行われ、上級神職による神葬祭等の「宗教的な活動」を政府が厳禁し、一種の国教的な制度であったとされる。国家神道 フレッシュアイペディアより)

  • ええじゃないか。

    ええじゃないか。から見た伊勢神宮伊勢神宮

    1年間を掛けて東海道をたどり、お伊勢参りを果たした弥次さん・喜多さんは伊勢神宮の程近くにある長屋でのんびりと暮らしていた。そこにくノ一・お敬が現れ、お敬の師匠の独断により2人は「三重の魅力普及委員会」の会長とその部下に任ぜられる。師匠の目的である三重の魅力を伝え、全国にある三重と関わりのある町を再発見するため、併せて指令を紐解きながら2人の旅が再び始まった。ええじゃないか。 フレッシュアイペディアより)

  • 艦内神社

    艦内神社から見た伊勢神宮伊勢神宮

    伊勢神宮より皇大神宮別大麻を奉斎する例もある。艦内神社 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田清子

    黒田清子から見た伊勢神宮伊勢神宮

    黒田 清子(くろだ さやこ、1969年(昭和44年)4月18日 - )は、日本の元皇族。今上天皇の第1皇女。母は皇后美智子。勲等は勲一等。学位は学士(国文学)(学習院大学・1992年)。伊勢神宮神宮祭主、玉川大学教育博物館外来研究員、公益財団法人山階鳥類研究所客員研究員。皇族時代の身位は内親王で敬称は殿下という。旧名は紀宮清子内親王(のりのみやさやこないしんのう)。黒田清子 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た伊勢神宮伊勢神宮

    北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5地域で構成されている。江戸時代から、お伊勢参り(お蔭参り)の名で知られる伊勢神宮を擁する地域として発展した。令制国では、伊勢国・志摩国・伊賀国の全域と、紀伊国(当初は熊野国)の一部、計4国より構成される。包括する旧律令国の数は、5国を包括している兵庫県に次ぐものである。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 即位の礼

    即位の礼から見た伊勢神宮伊勢神宮

    儀式は皇室の祖神である天照大神と歴代の天皇へ期日を奉告することに始まり、皇居内の三殿への報告と、伊勢神宮へ勅使が遣わせられる。時期は登極令により春から秋とされ、先帝の崩御から1年間は服喪期間として即位の礼・大嘗祭は行われない。なお、この服喪期間を特に「諒闇」という。即位の礼 フレッシュアイペディアより)

  • 神宮備林

    神宮備林から見た伊勢神宮伊勢神宮

    神宮備林(じんぐうびりん)とは、かつて、帝室林野局(現宮内庁、林野庁)が、伊勢神宮の式年遷宮用のヒノキを確保、育成を目的とした林、および指定された地域である。現在の長野県木曽郡と岐阜県中津川市の阿寺山地にある。神宮備林 フレッシュアイペディアより)

  • 四方拝

    四方拝から見た伊勢神宮伊勢神宮

    儀式の大要は次の通りである。1月1日(元日)の午前5時30分に、天皇が黄櫨染御袍と呼ばれる束帯を着用し、皇居の宮中三殿の西側にある神嘉殿の南側の庭に設けられた仮屋の中に入り、伊勢神宮の皇大神宮・豊受大神宮の両宮に向かって拝礼した後、続いて四方の諸神祇を拝する。この時に天皇が拝する神々・天皇陵は、伊勢神宮、天神地祇、神武天皇陵・先帝三代の各山陵、武蔵国一宮(氷川神社)、山城国一宮(賀茂別雷神社と賀茂御祖神社)、石清水八幡宮、熱田神宮、常陸国一宮(鹿島神宮)、下総国一宮(香取神宮)である。四方拝 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1580件中 1 - 10件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード