1107件中 91 - 100件表示
  • 宮川駅

    宮川駅から見た伊勢神宮伊勢神宮

    相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。行き違い用線路がホームよりずっと長いのは、かつて伊勢神宮参拝の長距離列車が当駅で交換した名残である。宮川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 保土ケ谷区

    保土ケ谷区から見た伊勢神宮伊勢神宮

    鎌倉時代、当地を支配していた畠山重忠一族の榛谷重朝(はんがやしげとも)が、所領を伊勢神宮に寄進して土地管理を委ねられていた。保土ケ谷区 フレッシュアイペディアより)

  • 新羅

    新羅から見た伊勢神宮伊勢神宮

    翌736年(天平8年)には遣新羅大使の阿倍継麻呂が新羅で外交使節としての礼遇を受けられなかったらしく、朝廷は伊勢神宮など諸社に新羅の無礼を報告し調伏のための奉幣をしており、以後しばらくは新羅使を大宰府に止めて帰国させ、入京を許さなかった。なお、阿倍継麻呂は新羅からの帰国途中に病死し、残された遣新羅使の帰国後、平城京では天然痘とみられる疫病が流行った。当時、この疫病が新羅から持ち込まれたと信じられた。新羅 フレッシュアイペディアより)

  • 御殿場市

    御殿場市から見た伊勢神宮伊勢神宮

    平安時代後期、1100年頃伊勢神宮の荘園「大沼鮎沢御厨」があった。これ以降、御殿場市や小山町あたりを御厨(みくりや)と呼ぶ。御殿場市 フレッシュアイペディアより)

  • 熱田神宮

    熱田神宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    建物は伊勢神宮と同じ神明造であるが、1893年(明治26年)までは尾張造と呼ばれる独特の建築様式だった(氷上姉子神社に尾張造の建築様式が残っている)。熱田神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢市

    伊勢市から見た伊勢神宮伊勢神宮

    伊勢神宮の門前町として発達した都市で、「神都」の異名を持つ。江戸時代には「お伊勢まいり」の街として多数の観光客が訪れ、現在も伊勢志摩の中心都市となっている。伊勢神宮では20年に一度社殿を建て替え神座を移す「神宮式年遷宮」が催行され、街に活気をもたらすことから「伊勢の町は遷宮のたびに新しくなる。20年ごとに活性化する」と言われている。次の式年遷宮は2013年に開催される。伊勢市 フレッシュアイペディアより)

  • 祭主

    祭主から見た伊勢神宮伊勢神宮

    祭主(さいしゅ)とは、伊勢神宮にのみ置かれている神職の役職である。「まつりのつかさ」とも読む。祭主 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は、京都府八幡市にある神社。旧称は男山八幡宮。二十二社(上七社)の一社で、伊勢神宮とともに二所宗廟の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。宮中の四方拝で遥拝される一社。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 元寇

    元寇から見た伊勢神宮伊勢神宮

    朝廷や幕府は、蒙古からの使者が来航した直後から石清水八幡宮や宇佐八幡宮などの主な八幡社、伊勢神宮、住吉大社、厳島神社、諏訪大社、東大寺、延暦寺、東寺など諸国諸社寺に異国調伏の祈祷や祈願、奉幣を連年盛んに行っていた。元寇 フレッシュアイペディアより)

  • 天岩戸

    天岩戸から見た伊勢神宮伊勢神宮

    鶏を集めて鳴かせたことから、伊勢神宮では神宮内に鶏を放し飼いにしている。天岩戸 フレッシュアイペディアより)

1107件中 91 - 100件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード