1580件中 91 - 100件表示
  • 野宮神社

    野宮神社から見た伊勢神宮伊勢神宮

    野宮神社(ののみやじんじゃ)は、京都市右京区の嵯峨野にある神社である。天皇の代理として伊勢神宮に仕える斎王が伊勢に赴く前に身を清める場所であり、黒木鳥居と小柴垣に囲まれた清浄の地を選んで建てられた。その様子は源氏物語「賢木の巻」にも描かれている。野宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久鯉

    佐久鯉から見た伊勢神宮伊勢神宮

    1746年(延享3年) 篠澤家文書に伊勢神宮神官福嶋鳥羽太夫を招いて鯉こくを提供した献立記録。佐久鯉 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県道32号伊勢磯部線

    三重県道32号伊勢磯部線から見た伊勢神宮伊勢神宮

    志摩市磯部町恵利原から標高約240mの逢坂峠を越え、伊勢神宮神域の島路山を流れる島路川に沿って伊勢市宇治館町に至る道は、江戸時代には逢坂越えと呼ばれていた。志摩半島を縦断するこの道は旧志摩国から旧伊勢国への最短距離になる道であったが、磯部町側は急勾配であり、九十九折りの道の形状から「ナナマガリ」、同じような景色が続き狐に化かされたように感じることから「狐坂」とも呼ばれた。明治中ごろまでは志摩地方で水揚された魚類を伊勢市河崎町の市場まで担い棒を用いて徒歩で運ぶ「徒荷持(かちにもち)」で賑わったが、一人で一度に運べる量が限られるだけでなく、早朝に河崎町に到着するには磯部を夕方に出て、山道を徹夜で歩く必要があった。三重県道32号伊勢磯部線 フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢 (藤沢市)

    藤沢 (藤沢市)から見た伊勢神宮伊勢神宮

    長治年間(1104年 - 1106年) - 鎌倉景政によって開発され伊勢神宮に寄進された寄進型荘園の御厨(伊勢神宮領)である大庭御厨が成立。藤沢 (藤沢市) フレッシュアイペディアより)

  • 神宮大麻

    神宮大麻から見た伊勢神宮伊勢神宮

    神宮大麻(じんぐうたいま、正確には「おおぬさ」)とは、祓い具である祓い串の御真(ぎょしん)を清浄な和紙で包んだ伊勢神宮の神札(おふだ)である。神宮大麻 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮台寺柿

    蓮台寺柿から見た伊勢神宮伊勢神宮

    生産農家の婦人部が開発した干し柿「ひなたやけ」は、皮を剥き八つ切りにして乾燥させたもので、伊勢神宮内宮前のおかげ横丁などで販売されている。蓮台寺柿 フレッシュアイペディアより)

  • 古語拾遺

    古語拾遺から見た伊勢神宮伊勢神宮

    伊勢神宮の奉幣使の役職をめぐって忌部氏と中臣氏は長年争ってきたが、大同1年8月10日に忌部氏に対する勝訴判決が出ている。本書が上呈された大同2年2月13日はこの判決の後である。「勝訴」のあとに陳情を出すのは不自然なことから、「愁訴陳情書説」は説得力を欠くことになる。古語拾遺 フレッシュアイペディアより)

  • 御巫清直

    御巫清直から見た伊勢神宮伊勢神宮

    御巫 清直(みかなぎ きよなお、1812年3月27日(文化9年2月15日) - 1894年(明治27年)7月4日)は、江戸時代末期の国学者。また伊勢外宮(豊受大神宮)の神職。御巫清直 フレッシュアイペディアより)

  • 開成山大神宮

    開成山大神宮から見た神宮司庁伊勢神宮

    安積開拓の開拓民の精神的なよりどころにするため、福島県の典事の中條政恒が伊勢神宮の分霊の奉遷を神宮司庁へ働きかけた結果、1876年(明治9年)に認可がおりて創建。1873年(明治6年)当初は「遥拝所」として計画され、翌1874年(明治7年)10月までに本殿と拝殿が竣工した。開成山大神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田神社 (水戸市)

    吉田神社 (水戸市)から見た伊勢神宮伊勢神宮

    国見神社 - 祭神:彦国見加岐建與束命(ひこくにみがきたけよつかのみこと)。伊勢神宮外宮摂社・度会国御神社の祭神で伊勢国造・度会神主の祖。吉田神社 (水戸市) フレッシュアイペディアより)

1580件中 91 - 100件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード