1580件中 101 - 110件表示
  • 長良川鵜飼

    長良川鵜飼から見た伊勢神宮伊勢神宮

    正倉院所蔵の大宝年間の戸籍から、1300年以上前、既に鵜飼いを生業とする集団が美濃国に居たと推測されている。起源は漁としての鵜飼だが、現在は古典漁法を今に伝える観光及び文化・宗教的行事としての鵜飼である。そのうち宮内庁の御料場で行われる8回の鵜飼は「御料鵜飼」と呼ばれ、獲れた鮎は皇居へ献上されるのみならず、明治神宮や伊勢神宮へも奉納される。長良川鵜飼 フレッシュアイペディアより)

  • 八咫鏡

    八咫鏡から見た伊勢神宮伊勢神宮

    八咫鏡は神宮にある御神体と、その御神体を象って作ったという皇居にある形代(複製)の2つがある。八咫鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 新羅の入寇

    新羅の入寇から見た伊勢神宮伊勢神宮

    翌736年(天平8年)には遣新羅大使の阿倍継麻呂が新羅へ渡ったが、外交使節としての礼遇を受けられなかったらしく、朝廷は伊勢神宮など諸社に新羅の無礼を報告し調伏のための奉幣をしており、以後しばらくは新羅使を大宰府に止めて帰国させ、入京を許さなかった。新羅の入寇 フレッシュアイペディアより)

  • 石川梵

    石川梵から見た伊勢神宮伊勢神宮

    フランス通信社(AFP通信)のカメラマンを経て、1990年よりフリーの写真家となる。伊勢神宮の取材を皮切りに、アジア、アフリカ、南米など世界各地で撮影を行い、大自然とともに生きる人々の祈りの世界の取材をライフワークとする。また、1990年のヒマラヤ空撮をきっかけに、地球46億年をモチーフとした世界の空撮を世界各地で行っている。石川梵 フレッシュアイペディアより)

  • 長宮氷川神社

    長宮氷川神社から見た伊勢神宮伊勢神宮

    皇太神宮大麻は、伊勢神宮の神札である。1873年(明治6年)から国家神道の理念のため全国に頒布が開始される。明治政府の神社政策の一環として、全国の神社を皇室の皇祖神たる天照大御神(アマテラスオオミカミ)をまつる伊勢神宮の下に組織するために行われた。いわば全国の神社に伊勢神宮の出張所としての役割を担わせたものである。これにより、伊勢神宮→地域の神社→地域の氏子という関係が制度上成立した。長宮氷川神社 フレッシュアイペディアより)

  • 神社

    神社から見た伊勢神宮伊勢神宮

    伊勢神宮に代表される神宮号は7世紀まで遡る古いものである。日本書紀に記された神宮号は伊勢神宮・石上神宮・出雲大神宮(出雲大社)のみだった。平安時代に編纂された『延喜式神宮帳』では鹿島神宮・香取神宮・大神宮(伊勢神宮内宮)が神宮とされた。明治以降、明治天皇を祀る明治神宮が創建されると、他の天皇を祀る神社も順次神宮に昇格した。こうして、歴史上の人物を祀る神社で、天皇を祀るものを神宮、皇族を祀るものを宮、功臣等を祀るものは神社とされた。しかし、仁徳天皇を祀る高津宮や難波神社は神宮と呼ばないように、全てにおいて天皇を祀るものを神宮と呼ぶわけではない。神社 フレッシュアイペディアより)

  • 大湊 (伊勢市)

    大湊 (伊勢市)から見た伊勢神宮伊勢神宮

    伊勢神宮神郡であった伊勢国度会郡に属しており、近くに神宮直属の塩田(大塩屋御園)が存在したことから鎌倉時代以前から開けて、東海道・東国各地にあった荘園からの年貢や各地から伊勢神宮への奉納品、生活物資の集積点として、また東国から神宮への参拝客の海の玄関口としてなど、神宮と東国を結ぶ中継地また伊勢における物流拠点として栄えた。大湊 (伊勢市) フレッシュアイペディアより)

  • 光明寺 (伊勢市)

    光明寺 (伊勢市)から見た伊勢神宮伊勢神宮

    光明寺(こうみょうじ)は三重県伊勢市岩渕3丁目に位置する臨済宗東福寺派の仏教寺院である。山号は金鼓山(きんこざん)。南北朝時代の南朝方の武将結城宗広の終焉の地とされ、近世の伊勢神宮周辺では唯一鐘楼を許可された「光明寺の一つ鐘」で知られる。光明寺 (伊勢市) フレッシュアイペディアより)

  • 摂末社

    摂末社から見た伊勢神宮伊勢神宮

    伊勢神宮については、『延喜式神名帳』に記載のあるもの(式内社)を摂社、『延暦儀式帳』に記載のあるものを末社、両書に未記載だが神宮との密接な関係により古くから祀られてきたものを所管社と称している。府県社以下の諸社(民社)については、境内神社・境外神社の呼称を使用した。摂末社 フレッシュアイペディアより)

  • 金杉 (船橋市)

    金杉 (船橋市)から見た伊勢神宮伊勢神宮

    金杉集落に関する初出文献は、『船橋大神宮旧蔵文書(平安時代末期)』の写しで、伊勢神宮へ寄進された夏見御厨の郷の一つとして『金曽木郷』という名称で登場する。ただし、この文書は、船橋大神宮の所領拡大の根拠にしようとした戦国期の偽文書という説があり、疑問視されている部分がいくつかある。この文書によると。それ以降の文献については、江戸時代初期まで確実のものは見当たらない。住民の言い伝えでは、平安時代に荘園開発のため、越後から移住した家(経緯は不明)、戦国乱世の中で甲州武田家の滅亡から落ち延び同地に土着したという家、明治維新時に領地だった同地に帰農したという家などいくつかの伝承が存在する。村の言い伝えでは、草分け六軒と呼ばれる旧家(現在存在しない家も複数ある)が金杉集落の原点といわれている。草分け六軒の分布を見ると少なくとも鎌倉時代末期には、郷村と呼ばれるゆるやかな村落結合が形成されはじめていたと思われる。金杉 (船橋市) フレッシュアイペディアより)

1580件中 101 - 110件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード