1107件中 11 - 20件表示
  • 忌部子人

    忌部子人から見た伊勢神宮伊勢神宮

    672年の壬申の乱のとき、大海人皇子(天武天皇)側について倭京を守備した。682年に帝紀と上古諸事の編纂の一員となり、中臣大島とともに少なくとも編纂初期の執筆の中心になった。これは死後の720年に『日本書紀』として完成した。文武天皇の代に五位に昇進し、702年に伊勢神宮に幣帛を捧げ、710年には出雲守に任ぜられた。忌部子人 フレッシュアイペディアより)

  • 田中卓

    田中卓から見た伊勢神宮伊勢神宮

    1960年(昭和35年)4月、主論文「伊勢神宮の創祀と発展」と副論文「住吉大社神代記の研究」、「出雲国風土記の研究」により、國學院大學より文学博士の学位を取得(主査は國學院大學教授岩橋小彌太、副査は同大教授河野省三)。田中卓 フレッシュアイペディアより)

  • お蔭参り

    お蔭参りから見た伊勢神宮伊勢神宮

    お蔭参り(おかげまいり)は、江戸時代に起こった伊勢神宮への集団参詣。数百万人規模のものが、60年周期(「おかげ年」と言う)に3回起こった。お伊勢参り または抜け参りともいう。お蔭参り フレッシュアイペディアより)

  • 三重県道32号伊勢磯部線

    三重県道32号伊勢磯部線から見た伊勢神宮伊勢神宮

    志摩市磯部町恵利原から標高約240mの逢坂峠を越え、伊勢神宮神域の島路山を流れる島路川に沿って伊勢市宇治館町に至る道は、江戸時代には逢坂越えと呼ばれていた。志摩半島を縦断するこの道は旧志摩国から旧伊勢国への最短距離になる道であったが、磯部町側は急勾配であり、九十九折りの道の形状から「ナナマガリ」、同じような景色が続き狐に化かされたように感じることから「狐坂」とも呼ばれた。明治中ごろまでは志摩地方で水揚された魚類を伊勢市河崎町の市場まで担い棒を用いて徒歩で運ぶ「徒荷持(かちにもち)」で賑わったが、一人で一度に運べる量が限られるだけでなく、早朝に河崎町に到着するには磯部を夕方に出て、山道を徹夜で歩く必要があった。三重県道32号伊勢磯部線 フレッシュアイペディアより)

  • 篠島

    篠島から見た伊勢神宮伊勢神宮

    篠島(しのじま)とは三河湾に浮かぶ島で、知多半島と渥美半島のほぼ中央に挟まれた湾の入り口に位置する。愛知県知多郡南知多町に属する。明治以前には三河国幡豆郡に所属した。『日本書紀』の記録以来、伊勢神宮との結びつきが強い。篠島 フレッシュアイペディアより)

  • 即位の礼

    即位の礼から見た伊勢神宮伊勢神宮

    儀式は皇室の祖神である天照大神と歴代の天皇へ期日を奉告することに始まり、皇居内の三殿への報告と、伊勢神宮へ勅使が遣わせられる。時期は登極令により春から秋とされ、先帝の崩御から1年間は服喪期間として即位の礼・大嘗祭は行われない。なお、この服喪期間を特に「諒闇」という。即位の礼 フレッシュアイペディアより)

  • 御師

    御師から見た伊勢神宮伊勢神宮

    御師(おし/おんし)とは、特定の寺社に所属して、その社寺へ参詣者を案内し、参拝・宿泊などの世話をする者のことである。特に伊勢神宮のものは「おんし」と読んだ。御師は街道沿いに集住し、御師町を形成する。御師 フレッシュアイペディアより)

  • 日ユ同祖論

    日ユ同祖論から見た伊勢神宮伊勢神宮

    伊勢神宮の内宮から外宮に至る参道の石灯眥(石灯籠合計約700基)には、ダビデの星が刻み込まれている(ただし、伊勢神宮の参道の灯籠は第二次世界大戦後に寄贈されたものであり、GHQの指示があったといわれる。元伊勢のものにも同様のものがあるが、これも寄贈されたものといわれている。伊勢神宮の石灯篭は、神宮審議会では、菊の紋はよいがヒマワリの紋はいらないとしたところ、当時の式部官二荒伯爵と森岡善照(元大阪タクシー(株)社長)奉賛会長の主張により入れたが、実はGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)からダビデ王の紋とヘロデ王の紋を入れたら許す、との圧力がかかったともいわれている。また、ダビデの星は単純な幾何学模様であり、ダビデ王の紋でもヘロデ王の紋であったことはなく魔術ではソロモンの封印と知られたものである。これは研究者の間では重視されない傾向がある)。日ユ同祖論 フレッシュアイペディアより)

  • 朝熊山

    朝熊山から見た伊勢神宮伊勢神宮

    室町時代には神仏習合から伊勢神宮の鬼門にあたる丑寅(北東)に位置する金剛證寺が伊勢信仰と結びつき、「伊勢へ参らば朝熊を駆けよ、朝熊駆けねば片参り」とされ、入山者が増えることになる。戦国時代から江戸時代初期には統治権力が及ばないアジールとなっており、豊臣秀吉の勘気を受けた尾藤知宣の潜伏先として選ばれた。朝熊山 フレッシュアイペディアより)

  • 神国

    神国から見た伊勢神宮伊勢神宮

    大和政権は、本来、各々の有力豪族の連合政権であり、大王は豪族の頂点に過ぎなかった。一説に、各々の豪族は、独自の神話をもち、独自の神を祭っていたとされ。大和政権が豪族連合政権から、大化の改新をへて、天皇を中心とした中央集権国家へと移行すると、天皇家の神格化を図るために、天皇家の祖先神である太陽神・天照大神と天皇家の神社である伊勢神宮を頂点とした、神々及び神社のヒエラルキーが確立したとされる。このような体系を基にしたのが古代の神国思想であるという意見がある。神国 フレッシュアイペディアより)

1107件中 11 - 20件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード