1580件中 11 - 20件表示
  • 旧国名

    旧国名から見た伊勢神宮伊勢神宮

    離れたところにある国と同じ地名の市町村もある。埼玉県の日高市は諸説有るが日和田山と高麗郡の頭文字を取ったもので北海道南部の日高国(或いは、その国名の由来となった日高見国)とは関係せず、高知県の安芸市も土佐国安芸郡が由来であり広島県西部の安芸国とは関係しない。一方、群馬県(上野国)伊勢崎市と神奈川県(相模国)伊勢原市は共に伊勢神宮の分社を当地に建てたことに由来する名称であり、間接的ながらも伊勢国に関連している。旧国名 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄特急史

    近鉄特急史から見た伊勢神宮伊勢神宮

    参急の開通と同じ1930年(昭和5年)12月には、のち近鉄名古屋線の一部となる伊勢電気鉄道(伊勢電)も、桑名駅 - 大神宮前駅(伊勢神宮外宮付近に造ったターミナル駅)間約83kmを全通させた。近鉄特急史 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢大神楽

    伊勢大神楽から見た伊勢神宮伊勢神宮

    伊勢大神楽(いせだいかぐら)は、獅子舞を舞いながら諸国を巡り、かつては伊勢神宮、現在では伊勢大神楽の神札を配布してまわる神楽師のことを指し、広義には彼らのおこなう芸能の総称を含む。大神楽師達は各戸で竈祓(祈祷)を行う際に獅子舞を舞うが、それ以外にも特定村落の鎮守社境内などで総舞と呼ばれる娯楽要素の強い芸能を披露する。1954年(昭和29年)には三重県の指定文化財となり、1981年(昭和56年)には「とくに放下の芸系を遺す演目は芸能史的に貴重であり、獅子による曲芸という芸態にも特色があると認められている」との理由で、伊勢大神楽講社所属の5社中が国から重要無形民俗文化財の指定を受けている。伊勢大神楽には古来より“同種類ノ業”と呼ばれる別なる伊勢大神楽が存在しており、この項で述べる伊勢大神楽講社(増田神社)とは全く異なる文化として認識する必要がある。また『伊勢太神楽』のような「太」表記が用いられる事が多いが正式には『伊勢大神楽』である。伊勢大神楽 フレッシュアイペディアより)

  • 神社本庁

    神社本庁から見た伊勢神宮伊勢神宮

    神社本庁(じんじゃほんちょう)は、神宮(伊勢神宮)を本宗とし、日本各地の神社を包括する宗教法人である。神社本庁 フレッシュアイペディアより)

  • 篠島

    篠島から見た伊勢神宮伊勢神宮

    篠島(しのじま)は、三河湾に浮かぶ離島。行政上は愛知県知多郡南知多町に属し、全域が三河湾国定公園に含まれる。2015年(平成27年)の国勢調査における人口は1,653人、世帯数は62世帯である。日間賀島・佐久島と合わせて「三河湾三島」または「愛知三島」などと呼ばれる。古くから伊勢神宮との関係が深く、三節祭には干鯛(おんべ鯛)の神饌が行なわれる。篠島 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和天皇

    昭和天皇から見た伊勢神宮伊勢神宮

    1941年(昭和16年)12月1日に御前会議で対イギリスおよびアメリカ開戦を決定し、12月8日に「米国及英国ニ対スル宣戦ノ布告」を出した。1942年(昭和17年)12月11日から13日にかけて、伊勢神宮へ必勝祈願の行幸。同年12月31日には御前会議を開いた。1943年(昭和18年)1月8日、宮城吹上御苑内の御文庫に移住した。同年5月31日に御前会議において大東亜政略指導大綱を決定。昭和天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 濱宮

    濱宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    日前神宮・國懸神宮(和歌山市秋月)の元摂社であり、両神宮の旧鎮座地であるとともに、伊勢神宮元宮(元伊勢)の「奈久佐浜宮(なぐさのはまのみや)」であると伝える。和歌山市西南部の岬(毛見崎/駒ノ御崎)の中程、古くは「名草の浜」と呼ばれた海岸部に東面して鎮座する。濱宮 フレッシュアイペディアより)

  • 飯倉 (東京都港区)

    飯倉 (東京都港区)から見た伊勢神宮伊勢神宮

    江戸時代には、飯倉御厨において伊勢神宮への神饌を収める倉に由来する説を採る物が多い。御厨成立後に飯倉の名が出たことになり不審だが、現在の芝大神宮は往古飯倉神明と呼ばれ、寛弘2年(1005年)古く飯倉山と呼ばれた芝丸山古墳に伊勢神宮を勧請して創建されたと伝えられており、当地は飯倉御厨成立前から伊勢神宮と関係があった可能性もある。飯倉 (東京都港区) フレッシュアイペディアより)

  • 太江寺

    太江寺から見た伊勢神宮伊勢神宮

    太江寺(たいこうじ)は、三重県伊勢市にある真言宗醍醐派の寺院である。山号は潮音山(ちょうおんざん)、大江寺の表記もある。天平年間(729年 - 749年)に行基が開創したとも伝わる古刹で、伊勢神宮や二見興玉神社との関わりが深い。本尊の千手観世音菩薩は鎌倉時代作、重要文化財に指定されている。現在は境内にペット供養の愛受院、ユースホステル太江寺も開設しており、藤やあじさいの名所としても知られる。太江寺 フレッシュアイペディアより)

  • 豊鍬入姫命

    豊鍬入姫命から見た伊勢神宮伊勢神宮

    『日本書紀』崇神天皇6年条によれば、百姓の流離や背叛など国内情勢が不安になった際、天皇はその原因が天照大神(のちの伊勢神宮祭神)・倭大国魂神(のちの大和神社祭神)の2神を居所に祀ったことにあると考えた。そこで天照大神は豊鍬入姫命につけて倭の笠縫邑(かさぬいのむら:比定地未詳)に祀らせ、よって磯堅城の神籬を立てたという。一方、倭大国魂神は渟名城入姫命につけて祀らせたが失敗している。豊鍬入姫命 フレッシュアイペディアより)

1580件中 11 - 20件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード