1580件中 21 - 30件表示
  • 遷宮

    遷宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    定期的な遷宮を式年遷宮(しきねんせんぐう)と言う。「式年」とは「定められた年」の意。単に「式年遷宮」という時、伊勢神宮(三重県伊勢市)の神宮式年遷宮を指すことが多い。式年遷宮は式年祭の一種といわれる。社殿を建て替えるだけでなく、氏子の信仰心を再確認する意味がある。遷宮 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木田守晨

    荒木田守晨から見た伊勢神宮伊勢神宮

    荒木田 守晨(あらきだ(の)もりあさ)は室町時代の伊勢神宮内宮祢宜。俳諧の祖荒木田守武の兄。応仁の乱以降の戦乱の中で仮遷宮の斎行等に尽力し、一祢宜にまで昇り詰めたが、直後に人事関係の不祥事で切腹した。荒木田守晨 フレッシュアイペディアより)

  • お蔭参り

    お蔭参りから見た伊勢神宮伊勢神宮

    お蔭参り(おかげまいり)は、江戸時代に起こった伊勢神宮への集団参詣。お蔭詣で(おかげもうで)とも。数百万人規模のものが、およそ60年周期(「おかげ年」と言う)に3回起こった。お伊勢参りで抜け参りともいう。お蔭参り フレッシュアイペディアより)

  • 参拝

    参拝から見た伊勢神宮伊勢神宮

    出雲大社、宇佐八幡では二拍手ではなく四拍手で行う。また伊勢神宮には特殊な拍手(八開手)があるが、参列者は行わない。参拝 フレッシュアイペディアより)

  • 神国

    神国から見た伊勢神宮伊勢神宮

    大和政権は、本来、有力豪族の連合政権であり、大王は豪族の頂点に過ぎなかった。一説に、各々の豪族は、独自の神話をもち、独自の神を祭っていたとされるが、大和政権が大化の改新をへて、天皇を中心とした中央集権国家へと移行すると、天皇家の神格化を図るために、天皇家の祖先神である太陽神・天照大神と天皇家の神社である伊勢神宮を頂点とした、神々及び神社のヒエラルキーが確立されたとされ、このような体系を基にしたのが古代の神国思想であるという意見がある。神国 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島神宮

    鹿島神宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    『延喜式』神名帳(平安時代の官社一覧)では、「神宮」と表記されたのは大神宮(伊勢神宮内宮)・鹿島神宮・香取神宮の3社のみであった。鹿島神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 神社建築

    神社建築から見た伊勢神宮伊勢神宮

    神社によっては拝殿がないところ(春日大社・伊勢神宮など)や、2つ持つところ(伏見稲荷大社・明治神宮など)もある。2つある場合は、手前を外拝殿(げはいでん)と呼び、奥のものを内拝殿(ないはいでん)と呼ぶ。鈴(鈴の緒)や鰐口がある場合もある。神社建築 フレッシュアイペディアより)

  • 開成山大神宮

    開成山大神宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    伊勢神宮の分霊が奉納されているため、『東北のお伊勢さま』とも呼ばれる。拝殿にある神号は有栖川宮熾仁親王による書。開成山大神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 御師

    御師から見た伊勢神宮伊勢神宮

    御師(おし/おんし)とは、特定の寺社に所属して、その社寺へ参詣者を案内し、参拝・宿泊などの世話をする者のことである。特に伊勢神宮のものは「おんし」と読んだ。御師は街道沿いに集住し、御師町を形成する。御師 フレッシュアイペディアより)

  • 国道

    国道から見た伊勢神宮伊勢神宮

    一等国道は東京日本橋から横浜港・大阪港・神戸港・長崎港・新潟港・函館港の6港の各開港場までを結び、二等国道は東京と伊勢神宮および、東京・大阪・京都の各府と陸軍の司令部であった各鎮台(東京・大阪・名古屋・仙台・広島・熊本)とを結んでいた。三等国道は東京と各県庁所在地ならびに、各府と各鎮台同士を結ぶものであった。国道 フレッシュアイペディアより)

1580件中 21 - 30件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード