1580件中 31 - 40件表示
  • 日ユ同祖論

    日ユ同祖論から見た伊勢神宮伊勢神宮

    伊勢神宮の内宮から外宮に至る参道の石灯眥(石灯籠合計約700基)には、ダビデの星が刻み込まれている(ただし、伊勢神宮の参道の灯籠は第二次世界大戦後に寄贈されたものであり、GHQの指示があったといわれる。元伊勢のものにも同様のものがあるが、これも寄贈されたものといわれている。伊勢神宮の石灯篭は、神宮審議会では、菊の紋はよいがヒマワリの紋はいらないとしたところ、当時の式部官二荒伯爵と森岡善照(元大阪タクシー(株)社長)奉賛会長の主張により入れたが、実はGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)からダビデ王の紋とヘロデ王の紋を入れたら許す、との圧力がかかったともいわれている。また、ダビデの星は単純な幾何学模様であり、ダビデ王の紋でもヘロデ王の紋であったことはなく魔術ではソロモンの封印と知られたものである。これは研究者の間では重視されない傾向がある)。日ユ同祖論 フレッシュアイペディアより)

  • 祭祀 (神道)

    祭祀 (神道)から見た伊勢神宮伊勢神宮

    神道の祭祀(さいし)・お祭りは、伊勢神宮と属する諸々の神社で行われ、天下泰平、五穀豊穣、皇室の安泰、万民の平安が祈られる。年に一度の大祭である例祭、新年元旦の歳旦祭、春の祈年祭、秋には豊穣に感謝する新嘗祭(にいなめさい)、節供(せっく)には七夕、重陽(ちょうよう)のお祭りなど、さらに細かなものを含めれば年間を通して数多く行われている。大きなものを中心に少々解説するが、それは神に対し神饌(みけ、食事)や幣帛(へいはく、布あるいは衣)を供え奉り、そして神人共食が行われる。祭祀 (神道) フレッシュアイペディアより)

  • 国道23号

    国道23号から見た伊勢神宮伊勢神宮

    愛知県東部の豊橋市から三河湾や伊勢湾岸に沿うように、名古屋港を経て三重県伊勢市に所在する伊勢神宮とを結ぶ延長約241キロメートル (km) の一般国道の路線で、主な経過地は、愛知県蒲郡市・西尾市・安城市・知立市・名古屋市・弥富市、三重県桑名市・四日市市・鈴鹿市・津市・松坂市である。三重県には、県庁所在地でもある津市の中心市街地を迂回する形で、鈴鹿市と松坂市を結ぶバイパス道路がある。国道23号 フレッシュアイペディアより)

  • 神職

    神職から見た伊勢神宮伊勢神宮

    神主(かんぬし)は本来、神社における神職の長を指していたが、現在では神職と同じ意味で用いられる。神官(しんかん)は祭祀を司る職業のこと(神宮直轄)で、第二次世界大戦前は伊勢神宮の「神宮司庁」の祠職のみが呼ばれた。日本国憲法施行以後、神道は国家管理から離れた為、神官は存在しない。神職 フレッシュアイペディアより)

  • 日本基督教団

    日本基督教団から見た伊勢神宮伊勢神宮

    1942年1月11日、富田満統理は伊勢神宮に参拝して、天照大神に教団の設立を報告した。「富田統理は十日夜行にて出発し、鈴木総務局長を帯同して十一日朝、伊勢大廟に参拝せられた。而して我が国における新教団の発足を報告し、その今後における発展を希願せられた。」日本基督教団 フレッシュアイペディアより)

  • 天上の虹

    天上の虹から見た伊勢神宮伊勢神宮

    大海人即位後すぐ、大伯が伊勢神宮の斎王にト定され、「たった2人の姉弟なのに」と泣きながら大伯に懇願するが、諭された。大伯が出立前に潔斎している宮を密かに訪ね、狩りでしとめた獲物を贈った。天上の虹 フレッシュアイペディアより)

  • 香取神宮

    香取神宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    『延喜式』神名帳(平安時代の官社一覧)では、「神宮」と記されたのは大神宮(伊勢神宮内宮)・鹿島神宮・香取神宮の3社のみであった。香取神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大神宮

    東京大神宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    明治5年(1872年)に開設された神宮司庁東京出張所(伊勢神宮の事務機関である神宮司庁と、東京の教部省との連絡のための出張所)には、明治天皇の勅裁を仰ぎ伊勢神宮の分霊が祀られていた。翌年、その構内に東京神宮教会(伊勢神宮の教導機関である神宮教院の東京支部)が開設された。東京大神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 渥美半島

    渥美半島から見た伊勢神宮伊勢神宮

    渥美半島の歴史は古く、今から2.5万年ほど前から多くの人々が行き来していたといわれる。陸路より海路の方が有利であった時代、海を渡って西の紀伊半島などから文化が伝わりやすく、また伊勢神宮と海を挟んで対峙していることから政治・経済・文化の中心地として栄えた。特に伊良湖岬は、その詩情あふれる自然と素朴な人情が旅人を惹きつけ、万葉の時代より歌枕として歌われた。柿本人麻呂、西行、松尾芭蕉をはじめとする文人たちが訪れて詠んだ歌が現在でも伝わっている。江戸時代においては、田原藩1万2千石の拠点となり、幕末の先覚者渡辺崋山らを輩出した。このような歴史的環境のもと、渥美半島には数多くの文化財および史跡が存在する。サムネイル|吉胡貝塚史跡公園吉胡貝塚(国の史跡)渥美半島 フレッシュアイペディアより)

  • 神宮式年遷宮

    神宮式年遷宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    神宮式年遷宮(じんぐうしきねんせんぐう)は、神宮(伊勢神宮)において行われる式年遷宮(定期的に行われる遷宮)のことである。神宮式年遷宮 フレッシュアイペディアより)

1580件中 31 - 40件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード