1107件中 31 - 40件表示
  • 高倉山 (伊勢市)

    高倉山 (伊勢市)から見た伊勢神宮伊勢神宮

    高倉山(たかくらやま)は三重県伊勢市の伊勢神宮外宮の敷地にある山域の総称。高倉山 (伊勢市) フレッシュアイペディアより)

  • 竹馬抄

    竹馬抄から見た伊勢神宮伊勢神宮

    以下要略をのべる。「仏神をあがめたてまつるべきだと云うことは、人としての道であるから、改めて言うまでもない、その中に、いささか心得て置くべきことがある。仏のこの世に現ることや、神が姿をかえて具現しているのは、皆世のため人のためである。であるから人を悪しかれとはしない。心をいさぎよくして仁義礼智信を正しく持って人としての根本を明らかにするようにさせることにある。その外に何のために出現なされるだろうか、いやない。此本意を心得てないから、仏を信ずるとして、人民をわづらはし人の物をとって、寺院をつくり、或は神を敬うと云って人民の領地を没収し神社の祭礼ばかりしている。こんなことでは、仏事も神事も、神仏の心に背くことになると思う。たとえ一度の勤行をもせず、一度の宮参りをしなくとも、心正直に慈悲あらん人を、神も仏も疎かにはご覧なさらないだろう。ことさら伊勢太神宮、八幡大菩薩、北野天神の神々も心すなおに正直な心の人の頭にお宿りになるであろう。」竹馬抄 フレッシュアイペディアより)

  • 四方拝

    四方拝から見た伊勢神宮伊勢神宮

    元日の午前5時30分に、今上天皇が黄櫨染御袍と呼ばれる束帯を着用し、皇居の宮中三殿の西側にある神嘉殿の南側の庭に設けられた建物の中に入り、伊勢の神宮の皇大神宮・豊受大神宮の両宮に向かって拝礼した後、続いて四方の諸神を拝する。ただし、2009年の四方拝は今上天皇の高齢化に伴う祭祀の簡略化により、皇居の御所において行われた。四方拝 フレッシュアイペディアより)

  • 相馬御厨

    相馬御厨から見た伊勢神宮伊勢神宮

    相馬御厨(そうまみくりや)は現在の茨城県取手市、守谷市、千葉県柏市、流山市、我孫子市のあたりにあった中世の寄進型荘園の一つ。「御厨(みくりや)」は皇室や伊勢神宮、下鴨神社の領地を意味する。相馬御厨は伊勢神宮の荘園。相馬御厨 フレッシュアイペディアより)

  • 池田王

    池田王から見た伊勢神宮伊勢神宮

    天平勝宝9年(757年)年4月皇太子・道祖王を廃すにあたり、皇太子候補の一人となるが孝謙天皇から孝行に欠けると評され、弟の大炊王(のち淳仁天皇)が皇太子に冊立された。同年正四位上・刑部卿に叙任。のち、従三位・摂津大夫に叙任され、天平宝字2年(758年)伊勢神宮へ斎宮決定を告げる使者となる。池田王 フレッシュアイペディアより)

  • 野宮

    野宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    斎王は卜定の後に「やや神に近づく」ために世俗からの隔離措置が取られ、最初の一定期間を宮城内に設けられた初斎院(伊勢神宮斎宮は1年間、賀茂神社の斎院は3年間)にて潔斎を行い、その後に野宮に遷って潔斎を続けた他、各種の儀式も執り行われた。野宮 フレッシュアイペディアより)

  • 大庭城

    大庭城から見た伊勢神宮伊勢神宮

    平安時代の末期、この地は大庭御厨と呼ばれる伊勢神宮の荘園であった。この荘園は、桓武平氏の流れをくむ鎌倉景政(権五郎、景正とも表記)によって開拓され、伊勢神宮に寄進されたもので、のち子孫は大庭氏に改姓し、代々治めていた。大庭城 フレッシュアイペディアより)

  • 赤沢自然休養林

    赤沢自然休養林から見た伊勢神宮伊勢神宮

    日本における森林浴発祥の地とされる。もともとは伊勢神宮などの御神木・建築用材を産出する森林地であり、近世は全国の城郭建設資材の供給地から尾張藩の厳しく管理する留山となり、明治以降皇室財産の御料林(のちに神宮備林)、戦後は1947年(昭和22年)林政統一により国有林に編入。永年に渡り木材を出荷していたが、外材の輸入増加にともなう林業の不振により、全国初の自然休養林として公園に変更する。全8つの森林浴コースが開放されており、車椅子やベビーカーでも散策可能な「ふれあいの道」から、公園外周をつなぐ7-10kmのコースなど、バリエーションに富む。赤沢自然休養林 フレッシュアイペディアより)

  • 浜島町南張

    浜島町南張から見た伊勢神宮伊勢神宮

    地元では平家の落人の開いた集落と伝わるが、真偽は不明である。確かな文献記録によれば、鎌倉時代に編集された伊勢神宮の所領地を記した『神鳳鈔』に「奈波利御厨」(なばりみくりや)とあるのが始めである。また、浜島(現在の志摩市浜島町浜島)に居城を構えた小野田氏が城山に出城を持っていたと伝えられるが確証はない。浜島町南張 フレッシュアイペディアより)

  • 世義寺

    世義寺から見た伊勢神宮伊勢神宮

    聖武天皇の勅願により奈良時代の天平年間に行基が東大寺大仏鋳造のころに伊勢神宮外宮宮域の南方の継橋郷前山(つきはしのごう・さきのやま、現在の伊勢市前山町)亀谷郷に建立されたと伝えられるが、記録には残っていない。鎌倉時代の建長年間(1249-1255年)、圓海律師により外宮宮域の西方の山田の坂之世古へ再興され、境内に智證院と称する大神宮法楽舎が設けられたという。世義寺 フレッシュアイペディアより)

1107件中 31 - 40件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード