1580件中 41 - 50件表示
  • 多賀大社

    多賀大社から見た伊勢神宮伊勢神宮

    神宮寺配下の坊人は全国にお札を配って信仰を広め、当社は中世から近世にかけて伊勢・熊野とともに庶民の参詣で賑わった。多賀大社 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢国

    伊勢国から見た伊勢神宮伊勢神宮

    鈴鹿郡(66,554石余) - 幕府領(信楽代官所)、亀山藩、久居藩、津藩、神戸藩、伊勢神宮伊勢国 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢山皇大神宮

    伊勢山皇大神宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    建白書は当社を伊勢神宮の遥拝所とし、県内の総社たる規模に整備することを願い出るものであり、翌月許可されて「官幣国幣社等外別格」という官国幣社に準ずる社格を受けると、境内施設の拡充を進めた。伊勢山皇大神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄名古屋線

    近鉄名古屋線から見た伊勢神宮伊勢神宮

    この段階では一地方のローカル私鉄であったが、1926年に社名を伊勢電気鉄道に改め、同年中に直流電化を完成させた頃から、「東海の飛将軍」と呼ばれた有力実業家の熊沢一衛が社長に就任したこともあって拡大策をとるようになり、北は名古屋への進出、南は伊勢神宮がある宇治山田への進出を目論むようになった。近鉄名古屋線 フレッシュアイペディアより)

  • 竹本忠雄

    竹本忠雄から見た伊勢神宮伊勢神宮

    1971年(39歳)3月、『ル・モンド』(Le Monde)に、評論「解放の笑い/寒山からジョルジュ・バタイユまで」(Le rire libérateur de HanShan à Georges Bataille)の掲載により、外国人でありながら巧みなフランス語を認められ、同新聞社から依頼を受け、「我は他者なりや/川端康成、安部公房、大江健三郎の日本三小説家作品」(4月19日)、「自らの起源を索める民族、日本」(1973年5月13/14日)を寄稿し、在パリ文芸評論家として定評を得る。5月5日、恩師ジャン・グルニエの葬儀。5月、ブルージュ武術協会において「肚について」を講演。6月22日、ベルリンからかけつけた黛敏郎とともに「パリ憂国忌」を主催する。エール・フランス機内誌『アトラス』10月号に「神道/鏡の霊性」(Le shintô/ La spirutialité d'un miroir)掲載し、フランスに伊勢神宮の写真西行などを紹介する。10月1日、昭和天皇の御来仏前夜、フランスラジオのインタビューで天皇とマッカーサーの会見秘話を語る。10月2日、昭和天皇皇后両陛下を日本大使館公邸にて、在留邦人二百人余とともに迎える。竹本忠雄 フレッシュアイペディアより)

  • 天照大神

    天照大神から見た伊勢神宮伊勢神宮

    天岩戸の神隠れで有名であり、記紀によれば太陽を神格化した神であり、皇室の祖神(皇祖神)とされる。神社としては伊勢神宮が特に有名。天照大神 フレッシュアイペディアより)

  • 田中卓

    田中卓から見た伊勢神宮伊勢神宮

    1960年(昭和35年)4月、主論文「伊勢神宮の創祀と発展」と副論文「住吉大社神代記の研究」、「出雲国風土記の研究」により、國學院大學より文学博士の学位を取得(主査は國學院大學教授岩橋小彌太、副査は同大教授河野省三)。田中卓 フレッシュアイペディアより)

  • 四日市市

    四日市市から見た伊勢神宮伊勢神宮

    古くは、東海道の宿駅(→四日市宿)で、伊勢神宮への分岐点が日永地区に追分という地名として残っている。市名は四のつく日に市がたったことに由来し、現在も各地で市が開かれている。四日市中心部は江戸時代天領になっており、伊勢国北部の北勢地域では行政の中心地であった。四日市市 フレッシュアイペディアより)

  • 朝熊山

    朝熊山から見た伊勢神宮伊勢神宮

    室町時代には神仏習合から伊勢神宮の鬼門にあたる丑寅(北東)に位置する金剛證寺が伊勢信仰と結びつき、「伊勢へ参らば朝熊を駆けよ、朝熊駆けねば片参り」とされ、入山者が増えることになる。戦国時代から江戸時代初期には統治権力が及ばないアジールとなっており、豊臣秀吉の勘気を受けた尾藤知宣の潜伏先として選ばれた。朝熊山 フレッシュアイペディアより)

  • 立太子の礼

    立太子の礼から見た伊勢神宮伊勢神宮

    伊勢神宮へは掌典河鰭公篤、神武天皇陵及び明治天皇陵へは掌典久我通保をそれぞれ派遣。両者は5日帰京。立太子の礼 フレッシュアイペディアより)

1580件中 41 - 50件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード