1107件中 51 - 60件表示
  • 国道

    国道から見た伊勢神宮伊勢神宮

    一等国道は東京日本橋から各開港場までを結び、二等国道は東京と伊勢神宮、及び東京、大阪、京都の各府と陸軍の司令部であった各鎮台とを結んでいた。三等国道は東京と各県庁所在地、ならびに各府と各鎮台同士を結ぶものであった。国道 フレッシュアイペディアより)

  • 大庭御厨

    大庭御厨から見た伊勢神宮伊勢神宮

    大庭御厨(おおばみくりや)は、相模国高座郡の南部(現在の茅ヶ崎市、藤沢市)にあった、寄進型荘園の一つ。鎌倉時代末期には13の郷が存在した相模国最大の御厨(伊勢神宮領)である。大庭御厨 フレッシュアイペディアより)

  • 神宮大麻

    神宮大麻から見た伊勢神宮伊勢神宮

    神宮大麻(じんぐうたいま)とは、祓い具である祓い串の御真(ぎょしん)を包んだ伊勢神宮の神札(おふだ)である。神宮大麻 フレッシュアイペディアより)

  • 宇治 (伊勢市)

    宇治 (伊勢市)から見た伊勢神宮伊勢神宮

    宇治(うじ)は三重県伊勢市の地名である。伊勢神宮内宮の門前町(鳥居前町)として発達してきた地域であり、三重県最大の観光都市伊勢を支えている。宇治 (伊勢市) フレッシュアイペディアより)

  • 春光院

    春光院から見た伊勢神宮伊勢神宮

    春光院は庭園に伊勢神宮の外宮(豊受大御神)を祀っているため、商売繁盛の寺としても有名である。春光院 フレッシュアイペディアより)

  • 長良川鵜飼

    長良川鵜飼から見た伊勢神宮伊勢神宮

    1300年ほど前から行われており起源は漁としての鵜飼だが、現在は古典漁法を今に伝える観光としての鵜飼である。そのうち宮内庁の御料場で行われる8回の鵜飼は「御料鵜飼」と呼ばれ、獲れた鮎は皇居へ献上されるのみならず、明治神宮や伊勢神宮へも奉納される。長良川鵜飼 フレッシュアイペディアより)

  • 五十鈴川

    五十鈴川から見た伊勢神宮伊勢神宮

    神路山を源流とし、支流島路川と合流、皇大神宮(伊勢神宮内宮)の西端を流れており、御手洗場(みたらしば)が作られている。この御手洗場では、かつては手洗いだけではなく、口濯ぎまで行われた。現在でも伊勢神宮の公式ウェブサイトで「神聖な川、清浄な川として知られる五十鈴川の水で心身ともに清めてから参宮しましょう」「天気のいい日は五十鈴川「御手洗場」で、口と手を清めることをお勧めします」と記載され、推奨されている。五十鈴川 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢参宮街道

    伊勢参宮街道から見た伊勢神宮伊勢神宮

    伊勢参宮街道(いせさんぐうかいどう)は、日本の各方面から伊勢神宮への参拝道として整備された街道のことである。伊勢街道・伊勢本街道・参宮街道と呼ばれる。伊勢参宮街道 フレッシュアイペディアより)

  • 立太子の礼

    立太子の礼から見た伊勢神宮伊勢神宮

    この後、明仁親王は11月18日に伊勢の神宮を、19日に畝傍陵を、20日に多摩御陵をそれぞれ拝礼し、立太子礼の終了を報告した。立太子の礼 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪電気軌道

    大阪電気軌道から見た伊勢神宮伊勢神宮

    戦後も近年に至るまで、関西の小学校の修学旅行先に伊勢神宮が定番であったのは、この利便性を生かした大軌(と後身の近鉄)の巧みな営業活動に起因する面が大きいと言われている。大阪電気軌道 フレッシュアイペディアより)

1107件中 51 - 60件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード