1107件中 61 - 70件表示
  • 熨斗

    熨斗から見た伊勢神宮伊勢神宮

    神饌として伊勢神宮に奉納される他、縁起物として贈答品に添えられてきた。やがて簡略化され、アワビの代わりに黄色い紙が用いられるようになった(折り熨斗)。熨斗 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮台寺柿

    蓮台寺柿から見た伊勢神宮伊勢神宮

    生産農家の婦人部が開発した干し柿「ひなたやけ」は、皮を剥き八つ切りにして乾燥させたもので、伊勢神宮内宮前のおかげ横丁などで販売されている。蓮台寺柿 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田神社 (水戸市)

    吉田神社 (水戸市)から見た伊勢神宮伊勢神宮

    国見(くにみ)神社 - 祭神:彦国見加岐建與束(ひこくにみがきたけよつか)命。伊勢神宮外宮摂社・度会国御神社の祭神で伊勢国造・度会神主の祖吉田神社 (水戸市) フレッシュアイペディアより)

  • 石刀神社

    石刀神社から見た伊勢神宮伊勢神宮

    江戸時代に三明神社に改称している。これは伊勢神宮の分社を合祀したことからである。この地は古くから伊勢神宮の神戸であった。石刀神社 フレッシュアイペディアより)

  • 坂手神社

    坂手神社から見た伊勢神宮伊勢神宮

    明治時代までは、毎年伊勢神宮より幣錦を賜っていた。一説には伊勢神宮の御厨であったという。元伊勢の尾張国中嶋宮と伝えられている(中嶋宮は酒見神社の説もある)。坂手神社 フレッシュアイペディアより)

  • 坂田神明宮

    坂田神明宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    坂田宮は古くから「坂田大神宮」とも称し、近江国坂田郡の総社として信仰を集めた。伊勢神道五部書である『倭姫命世記』によると、天皇の命を受けて伊勢の大神(天照皇大神)の鎮座地を求めた倭姫命は垂仁天皇8年に「甲可日雲宮(こうがのひくものみや)」から「坂田宮」に遷り、2年間奉斎したとあるが、社伝にその「坂田宮」の跡地に命の徳を偲んで祀ったのが坂田宮の起源であるという。元伊勢の伝承地であるが、また当地は伊勢神宮の御厨であった坂田御厨が置かれた地でもあり、その起源は倭姫命が来た時に献上された神田にあるという。坂田神明宮 フレッシュアイペディアより)

  • 大嘗祭

    大嘗祭から見た伊勢神宮伊勢神宮

    8月上旬には、大祓使(おおはらえし)を卜定し、左京・右京に1人、五畿内に1人、七道に各1人を差し遣わして祓い、8月下旬にはさらに祓使を差し遣わして祓った。この祓いが済むと、伊勢神宮以下、各国の天神地祇に幣帛を供え、告文(こうもん)を奏じた。また、8月下旬には、抜穂使を卜定して斎国に遣わし、抜穂使はその国で斎田と斎場雑色人、造酒童女らを卜定した。9月になると斎田から稲穂を抜き取り、初めに抜いた4束を御飯(みい)とし、あとは黒酒(くろき)・白酒(しろき)として供される。御飯や黒酒、白酒は、9月下旬から祭日まで、都に設けられた斎場院外の仮屋に収められる。10月下旬には、天皇は川に臨んで御禊(ぎょけい)した。この御禊は、江戸時代中期以降になると皇居内で行われた。大嘗祭 フレッシュアイペディアより)

  • 伊雑宮

    伊雑宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    皇大神宮(伊勢神宮内宮)の別宮の一社。度会郡大紀町の瀧原宮とともに、「天照大神の遙宮(とおのみや)」と呼ばれる。伊雑宮 フレッシュアイペディアより)

  • 摂末社

    摂末社から見た伊勢神宮伊勢神宮

    伊勢神宮については、『延喜式神名帳』に記載のあるもの(式内社)を摂社、『延暦儀式帳』に記載のあるものを末社、両書に未記載だが神宮との密接な関係により古くから祀られてきたものを所管社と称している。府県社以下の諸社(民社)については、境内神社・境外神社の呼称を使用した。摂末社 フレッシュアイペディアより)

  • 開成山大神宮

    開成山大神宮から見た神宮司庁伊勢神宮

    安積開拓の開拓民の精神的なよりどころにするため、福島県の典事の中條政恒が伊勢神宮の分霊の奉遷を神宮司庁へ働きかけた結果、1876年(明治9年)に認可がおりて創建。1873年(明治6年)当初は「遥拝所」として計画され、翌1874年(明治7年)10月までに本殿と拝殿が竣工した。開成山大神宮 フレッシュアイペディアより)

1107件中 61 - 70件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード