1580件中 71 - 80件表示
  • 野宮

    野宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    斎王は卜定の後に「やや神に近づく」ために世俗からの隔離措置が取られ、最初の一定期間を宮城内に設けられた初斎院(伊勢神宮斎宮は1年間、賀茂神社の斎院は3年間)にて潔斎を行い、その後に野宮に遷って潔斎を続けた他、各種の儀式も執り行われた。野宮 フレッシュアイペディアより)

  • 富田の焼き蛤

    富田の焼き蛤から見た伊勢神宮伊勢神宮

    『富田の焼き蛤』は伊勢参りの参拝客と江戸?京都間の東海道の旅人をひきつけた。伊勢神宮に行く伊勢参りの人々は、富田の立場で休憩して焼き蛤を食べるのを一生で一度の旅の楽しみにしていた。揖斐川・木曽川・長良川の木曽三川の河口では豊富な大河の恵みにより良質の蛤が育ち、伊勢湾を漁場とする近隣の富洲原地区の富田一色村の漁師から塩役運河で運搬されて富田に供給されていた。中世の富田城の領主、南部氏は伊勢神宮から、富田御厨(みくりや)と呼ばれていた。御厨とは神宮に捧げる食べ物の供給地のことで、富田一色の漁民は蛤などを伊勢神宮に供え物として捧げることにより伊勢湾の漁業権を得ていた。歌川広重は『東海道五十三次(狂歌入東海道)』に富田立場を描き、その浮世絵には『乗り合いのちいか雀のはなしには やき蛤も舌をかくせり』と詠まれた狂歌が記されている。十返舎一九が執筆した『東海道中膝栗毛』では、富田で登場人物の喜多八による騒動が起きている。『富田の立場にいたりけるに ここはことに焼はまぐりのめいぶつ、両側に富田の茶屋軒を 並べ往来を呼びたつる声にひかれて茶屋に立ち寄り』とあり、弥次郎兵衛と喜多八の旅人2人が富田の焼き蛤でめしの昼食を食べたのはいいが、熱い焼き蛤が喜多八のへその下に落ちてやけどするはめになり、『膏薬は まだ入れねども はまぐりの やけどにつけて よむたはれうた』という狂歌がラストシーンである。富田の焼き蛤 フレッシュアイペディアより)

  • 近江鉄道本線

    近江鉄道本線から見た伊勢神宮伊勢神宮

    東海道本線や草津線のルートから外れた近江盆地の穀倉地帯を縦断する鉄道として、北陸から関西鉄道(現在の草津線)へ伊勢参詣への短絡路も兼ねて建設された。五箇荘以北は旧中山道、五箇荘から日野までは旧御代参街道(伊勢道)におおむね沿っている。近江鉄道本線 フレッシュアイペディアより)

  • 忌部子人

    忌部子人から見た伊勢神宮伊勢神宮

    大宝元年(701年)大宝律令の施行を通じて従五位下に叙せられ、翌大宝2年(702年)従五位上に進む。慶雲元年(704年)伊勢太神宮に遣わされ、幣帛・鳳凰鏡・窠子錦を供えた。和銅3年(710年)出雲守に任ぜられると(この時の位階は正五位下)、和銅4年(711年)正五位上、和銅7年(714年)従四位下と元明朝で順調に昇進し、元正朝の養老2年(718年)従四位上に至る。忌部子人 フレッシュアイペディアより)

  • 河原神社 (伊勢市)

    河原神社 (伊勢市)から見た伊勢神宮伊勢神宮

    河原神社(かわらじんじゃ)は、伊勢神宮豊受大神宮(外宮)の摂社。本項目では、河原神社と同座する、毛理神社(もりじんじゃ)についても記述する。河原神社 (伊勢市) フレッシュアイペディアより)

  • 神宮文庫

    神宮文庫から見た伊勢神宮伊勢神宮

    神宮文庫(じんぐうぶんこ)は、伊勢神宮が運営する図書館である。伊勢の神宮の公益事業であり、神宮の宗教法人としての規則である神宮規則第64条によると、「神宮所蔵の図書を整理保存し、日本固有文化に資する図書の蒐集及び補修を行い、これを一般に閲覧せしめ、文化の発展、智識の向上に資するを目的とする」。内宮と外宮が所蔵していた文書・記録などのほか、慶安1年(1648年)に設立された豊宮崎文庫(とよみやざきぶんこ)と、貞享3年(1686年)に設立された林崎文庫(はやしざきぶんこ)所蔵の図書を明治時代に統合・保管するために1906年(明治39年)に設立された。基本的に木曜-土曜日には一般の利用が認められている。一般の利用が可能な日時はの公式サイトを参照のこと。神宮文庫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢大御神 (南相馬市)

    伊勢大御神 (南相馬市)から見た伊勢神宮伊勢神宮

    撞賢木厳之御魂天疎向津比売命は伊勢神宮内宮の境内別宮の荒祭宮や兵庫県西宮市の廣田神社の祭神であり、祓戸大神の一柱である瀬織津姫神と同神として崇敬されている。伊勢大御神 (南相馬市) フレッシュアイペディアより)

  • 神宮徴古館

    神宮徴古館から見た伊勢神宮伊勢神宮

    神宮徴古館(じんぐうちょうこかん)は、伊勢神宮の公益事業であり、神宮の宗教法人としての規則である神宮規則第63条によると、「神宮の由緒並びに日本文化の変遷を徴する資料を陳列保存して一般の観覧に供する外産業の振興発展に資する事業を行い、文化の向上を図るを目的」とし、神宮崇敬の歴史および日本の文化を展示する「歴史と文化の総合博物館」である。神宮徴古館 フレッシュアイペディアより)

  • 祭主

    祭主から見た伊勢神宮伊勢神宮

    祭主(さいしゅ)は、伊勢神宮にのみ置かれている神職の役職である。「まつりのつかさ」とも読む。祭主 フレッシュアイペディアより)

  • 竹馬抄

    竹馬抄から見た伊勢神宮伊勢神宮

    以下要略をのべる。「仏神をあがめたてまつるべきだと云うことは、人としての道であるから、改めて言うまでもない、その中に、いささか心得て置くべきことがある。仏のこの世に現ることや、神が姿をかえて具現しているのは、皆世のため人のためである。であるから人を悪しかれとはしない。心をいさぎよくして仁義礼智信を正しく持って人としての根本を明らかにするようにさせることにある。その外に何のために出現なされるだろうか、いやない。此本意を心得てないから、仏を信ずるとして、人民をわづらはし人の物をとって、寺院をつくり、或は神を敬うと云って人民の領地を没収し神社の祭礼ばかりしている。こんなことでは、仏事も神事も、神仏の心に背くことになると思う。たとえ一度の勤行をもせず、一度の宮参りをしなくとも、心正直に慈悲あらん人を、神も仏も疎かにはご覧なさらないだろう。ことさら伊勢太神宮、八幡大菩薩、北野天神の神々も心すなおに正直な心の人の頭にお宿りになるであろう。」竹馬抄 フレッシュアイペディアより)

1580件中 71 - 80件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード