1580件中 81 - 90件表示
  • 天照皇大神宮

    天照皇大神宮から見た伊勢神宮伊勢神宮

    皇大神宮(伊勢神宮内宮)の別名。天照皇大神宮 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・マルロー

    アンドレ・マルローから見た伊勢神宮伊勢神宮

    1974年には日本も訪問、熊野・那智滝や伊勢神宮に参拝し、日本文化に深く親しんだ。アンドレ・マルロー フレッシュアイペディアより)

  • 東濃ひのき

    東濃ひのきから見た伊勢神宮伊勢神宮

    伊勢神宮の式年遷宮では外宮の用材として使用されている。東濃ひのき フレッシュアイペディアより)

  • 高倉山 (伊勢市)

    高倉山 (伊勢市)から見た伊勢神宮伊勢神宮

    高倉山(たかくらやま)は三重県伊勢市の伊勢神宮外宮の敷地にある山域の総称。高倉山 (伊勢市) フレッシュアイペディアより)

  • 三社参り

    三社参りから見た伊勢神宮伊勢神宮

    元々朝廷が伊勢神宮、石清水八幡宮、賀茂神社の三社に奉幣し、これが庶民にも三社詣でる風習として広まった、という説。三社参り フレッシュアイペディアより)

  • 赤沢自然休養林

    赤沢自然休養林から見た伊勢神宮伊勢神宮

    日本における森林浴発祥の地とされる。もともとは伊勢神宮などの御神木・建築用材を産出する森林地であり、近世は全国の城郭建設資材の供給地から尾張藩の厳しく管理する留山となり、明治以降皇室財産の御料林(のちに神宮備林)、戦後は1947年(昭和22年)林政統一により国有林に編入。永年に渡り木材を出荷していたが、外材の輸入増加にともなう林業の不振により、全国初の自然休養林として公園に変更する。全8つの森林浴コースが開放されており、車椅子やベビーカーでも散策可能な「ふれあいの道」から、公園外周をつなぐ7-10kmのコースなど、バリエーションに富む。赤沢自然休養林 フレッシュアイペディアより)

  • 宇治 (伊勢市)

    宇治 (伊勢市)から見た伊勢神宮伊勢神宮

    宇治(うじ)は三重県伊勢市の地名である。伊勢神宮内宮の鳥居前町として発達してきた地域であり、三重県最大の観光都市伊勢を支えている。宇治 (伊勢市) フレッシュアイペディアより)

  • 世義寺

    世義寺から見た伊勢神宮伊勢神宮

    聖武天皇の勅願により奈良時代の天平年間に行基が東大寺大仏鋳造のころに伊勢神宮外宮宮域の南方の継橋郷前山(つきはしのごう・さきのやま、現在の伊勢市前山町)亀谷郷に建立されたと伝えられるが、記録には残っていない。鎌倉時代の建長年間(1249-1255年)、圓海律師により外宮宮域の西方の山田の坂之世古へ再興され、境内に智證院と称する大神宮法楽舎が設けられたという。世義寺 フレッシュアイペディアより)

  • 田阪美徳

    田阪美徳から見た伊勢神宮伊勢神宮

    田阪 美徳(たさか よしのり、1895年 - 1969年)は、日本の造園家。明治神宮・橿原神宮の林苑造成、伊勢神宮の修復などの大事業に多く関わった、神社林苑の計画造成管理の権威。田阪美徳 フレッシュアイペディアより)

  • 豊饒の海

    豊饒の海から見た伊勢神宮伊勢神宮

    12月15日、蔵原武介は伊勢に遊んで松阪牛を喰べた翌朝、知事と共に伊勢神宮内宮を参拝する。玉串と二脚の床几が用意され別格の扱いを受けるが、玉串を尻に敷く瀆神を犯したことを勲は知る。12月29日、勲は姿をくらまし、短刀を携えて伊豆山に向かう。そして、蔵原の別荘に忍び込み「伊勢神宮で犯した不敬の神罰を受けろ」と言い殺害する。追手を逃れ、勲は夜の海を前にした崖で鮮烈な切腹自決を遂げる。第二巻は「正に刀を腹へ突き立てた瞬間、日輪は瞼の裏に赫奕と昇った。」と締めくくられる。豊饒の海 フレッシュアイペディアより)

1580件中 81 - 90件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード